わきの脱毛後にケアを行う風景

わきの低料金化が進行

わきのレーザー永久脱毛をおこなう医療機関は数多くあります。永久脱毛をかなえるような高い出力の出せるレーザー装置は、医療機関でしか扱えないことになっていますので、わきの永久脱毛を希望する場合は、医療機関を利用することになります。レーザーを使った医療脱毛が日本に導入されてからまだ20年しか経っていないこともあって、レーザー脱毛の技術も装置も日進月歩で改良が進んでいます。改良が進むにつれ、ごく短時間で施術できるようになったため、料金の低下も進んできました。特に都市部では、レーザーによる医療脱毛をおこなう医療機関が増え、激戦状態となっている地区では、わきの施術の著しい料金低下が見られます。5回通って数千円というクリニックがいくつも出てきています。わきは面積が狭く、希望する人も相当多いため、どこの医療脱毛クリニックでも、料金が最も安い部位となっています。各医療脱毛クリニックでは、最初にカウンセリングをおこない、医療脱毛をすると決めた利用者に、長期契約コースを提示します。都度払いを扱っている医療脱毛クリニックはほとんどありません。最初に長期契約を結び、一括払いかローン払いとしてから、施術を受けることになるのが一般的です。医療脱毛の契約ではクーリングオフ制度が適用されませんので、よく検討してから契約することが大事です。中途解約の可否についても調べてから、クリニックを選択することが望まれます。

医療脱毛のクリニックを選ぶポイント関

医療脱毛クリニックでは、わきの料金を最も安く設定しています。わきは面積が狭いため、料金が安いのは当然ですが、あまり体毛が濃くない人でも、わきだけ医療脱毛を希望することがあり、利用者は多く、看板のような部位になっていることも影響していると見られます。料金を見て、安いところを選ぶというのはごく自然な選択方法で、その一点で決める人も多いです。ただ、医療脱毛の場合は、施術前に長期契約を結びます。回数で決めるのが一般的で、わきの場合は3回から12回以上を最初に一括契約し、一括払いかローン払いとします。その後で施術を受けるのが普通です。医療脱毛では、やけどの可能性が伴い、効果の出方は人それぞれです。痛みの感じ方も個人によって異なり、実際にレーザー照射を受けてみないとわからないことは多いです。施術を受ける前の段階での支払い契約となりますから、慎重に検討することが大事です。数千円という低料金のところなら、大きな影響はないかもしれませんが、もっと高額な契約の場合は特に、体験コースがあるところを選んだほうが無難です。体験コースのあるところなら、1回試してから決められるので、安心です。医療脱毛の契約には、クーリングオフ制度は適用されません。中途解約ができるかどうかも、クリニックによってまちまちです。医療脱毛契約の前には必ずカウンセリングがおこなわれますので、そうした点についても確認してから選択しましょう。

クリニックでのわき脱毛の料金相場

クリニックでのわき脱毛の料金は、実にさまざまです。自由診療であるため、各クリニックが独自に料金を決めています。立地によっても異なりますし、コースによっても違います。医療脱毛の激戦区のような地域では、5回で1万円を切るところは珍しくありません。地方になると、それよりも高いところも少なくないようです。医療脱毛は料金が高いというイメージを持つ人は多いですが、現在では料金低下が進み、特にワキに関しては、気軽に利用できる料金となってきています。ワキは面積が狭いこともあって、どこの医療機関でも最も安い部位となっています。ほとんどの医療機関では、同じ部位について、さまざまな回数コースを設けています。どういった回数を設定するかは医療機関によって異なりますが、3回から12回程度の回数から、いくつかを設定することが多いです。その回数は、永久脱毛がかなうと想定される回数となります。永久脱毛状態になるまでの回数には個人差があります。利用者の毛量や毛質、毛周期によっても異なりますし、どのような仕上がりを望むかによっても変わってきます。一般的に、レーザー脱毛を数回受けると、毛が再生したとしても細く弱弱しい毛となることが多いようです。その状態なら満足ということになれば、回数は少なくて済みますし、ツルツルの無毛状態になることを希望する場合は、何度も通うことになります。設定回数によっても、料金は異なります。

わきの料金が安い医療機関

料金の安いところとしてまず挙げられるのが、湘南美容外科でしょう。ワキの医療レーザー脱毛が、5回でなんと1,000円となっています。これを申し込めるのは、1回となりますので、もし5回で足りなくて、さらに5回を1,000円で申し込むわけにはいかないため、5回ではたぶん無理そうだとなったら、無期限無制限コースを選択することもできます。料金はわずか3,400円です。無期限無制限コースなら、毛の再生状態を見ながら、いつでも再び通うことができます。無期限無制限コースは、利用者であればほとんどの人が魅力に感じるコースですが、以前よりも設定するところが減ってきていますので、これは大きなチャンスと考えられます。永久脱毛がかなったかどうかを判断するのには相当長い年月を要します。永久脱毛できたと感じていても、数か月後、あるいは1年以上してから、自己処理が必要になるほどの量が生えてくる可能性もあります。そのため、無期限無制限コースというのは、利用者にとって、たいへんメリットのあるコースとなります。しかも湘南美容外科では、効果が出なかった場合は、残りの回数分の料金を返金するとしています。しかも、解約手数料はかかりません。これは、医療脱毛としては破格の条件です。渋谷医療外科も非常に低料金です。ワキが5回で8,000円となっています。横浜中央クリニックでは、6回で9,800円となっています。

低料金化が進む医療脱毛

医療脱毛は、レーザー脱毛が普及してから低料金化が進み、特にワキの脱毛に関しては、ほとんどの人が気軽に利用できるほどにまで価格低下が進んでいます。レーザー脱毛が登場する前は、電気針脱毛しか、永久脱毛をかなえる方法はありませんでした。電気針脱毛は費用が高額であるため、あまり普及することはなく、ほとんどの人は自己処理するしかない状況でした。レーザー脱毛が日本に導入されて、永久脱毛は身近な存在となりました。今や、両ワキの脱毛が数千円でかなう状況となっています。今後はレーザー装置の改良もますます進むでしょうから、低価格化が更に進む可能性もあります。ワキは面積が狭く、利用希望者も多いことから、他の部位に比べて低料金です。ただ、医療脱毛の場合は、施術前に長期契約を結び、一括払いかローン支払いとしてから、施術が始まることが一般的であり、クーリングオフ制度が適用されないなどの点に注意を払う必要があります。中途解約ができるところとできないところがあり、解約手数料の設定についても、カウンセリングの際に確認しておくことが大事です。ワキの医療レーザー脱毛料金は、医療機関によってまちまちであり、無期限無制限コースで数千円というとこともあれば、数回で1万円以上というところもあります。立地によっても異なりますので、誰もが低料金で利用できるわけでもありません。高額な契約の前に、体験コースが利用できるところを選ぶのもひとつの方法です。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン