デリケートゾーンに花

低年齢にvio脱毛が人気な理由とおすすめのサロンやクリニック

脱毛と言えば、20代や30代の美容意識の高い働く女性が施術を受けるイメージが強いとされていますが、実は10代の若い女性の間でも脱毛は非常に人気があるとされています。

その中でも、一般的にワキ脱毛の次に人気が高いとされているvioゾーンのムダ毛を処理する人が非常に増えているとされているのです。

実は年齢に関係なくアンダーヘアの脱毛を考える人は多いとされているのですがその理由や低年齢ではどんな方法で脱毛を行っていくのか、施術を受ける上でのリスク、あるいはおすすめのサロンやクリニックの紹介などを詳しく考えてみましょう。

10代のお子さんをお持ちのお母さんや実際に今10代で脱毛を検討している人はこの機会に低年齢による脱毛にはどんなことが考えられるのかリスクやおすすめのサロンやクリニックなどについて詳しく学んでいくのが良いと言えるでしょう。

何も知らないまま施術を受けるよりも、ある程度この話題について理解してから脱毛を行った方が万が一何か起こった時などもすぐに対処できると言えるでしょう。

そして、脱毛において10代の若いうちに施術を受けることはどんな意味があるのか、どれだけそれが必要なのかなどを理解しておけば、いざ自分の親御さんに説明して納得させる時にも役立つと言えます。

親御さんの中には、vio脱毛なんてとんでもないという考えの人もたくさんいると思われますので、自分がどうしても脱毛をしたいと考えているのであればその知識をしっかり身に付けていくのが良いと言えるのです。

なぜ低年齢でもvio脱毛が人気なのか?

一般的に脱毛サロンや美容クリニックで脱毛の施術を受けるとなると、完全に綺麗にするまでにかなりの時間とお金を費やすことになります。

加えて、vioゾーンという体の中でも非常に敏感な部分の処理となると痛みも相当ですので、大人でないと耐えられないと考えてしまう人もいるはずですが、なぜ低年齢にvio脱毛が人気なのか考えたことはあるでしょうか。

最近では10代向けのティーン誌が増えてきたこともあってファッションや恋愛のことだけでなく身だしなみやお手入れなどについても非常に需要が高まっています。

特に、体育の授業などで体操着や水着などになった時、アンダーヘアのムダ毛が気になってしまう10代の女性は非常に多いとされ脱毛したいと考えている子が非常に多いのです。

生理が始まることで徐々に体の体毛が増えることに不安を感じたり恥ずかしいと感じて処理を考えるのは中高生に限らず小学生の間でも増えているとされています。

自分が毛深いことでプールの時に水着からムダ毛がはみ出す心配をして、プールの授業をボイコットするのでは困りますし、気になるのであればvゾーンを少しくらいなら処理をしてみるのも良いと言えるでしょう。

一昔前と違い、10代だからと言って子供でもあり大人の仲間でもあるわけですから、若くてもムダ毛を気にするのは女性ならではと言えますので、親御さん自身も初めから必要ないと一喝するのではなく、お子さんの悩みに寄り添ってあげることが大切なこともあるのです。

vio脱毛は何歳から、どんな方法でする?

vio脱毛をするにあたって、低年齢の場合どんな方法で施術を行うのか気になるところです。

大人の肌に比べて敏感で炎症などを起こしやすく成長期であることから、脱毛を行うには大人とは違った注意が必要と言えます。

では、低年齢の場合どういった方法で脱毛を行うのでしょうか。

脱毛サロンや美容クリニックによっては、3歳のうちから施術が受けられるようなところもありますが特にアンダーヘアなどのデリケートゾーンの脱毛を行う場合にはほとんどのサロンが18歳未満の施術は受け付けてないとされています。

その理由としては、成長期が終わる前である18歳未満というのはホルモンバランスの関係によって脱毛の施術を受けても思ったほど効果が得られずにまた生えてくる可能性が高いからです。

また、施術を行う際には正気麻酔や痛みを軽減するジェルなどを先に塗ってから施術を始めることもあるとされていますが、それでも全く痛みがなくなるわけではないとされています。

そのことから考えると、低年齢のうちの脱毛は自己処理に任せて18歳を過ぎて成長期が終わってから脱毛の施術を受けることを考えた方が良いかもしれません。

ドラッグストアなどには、ワックスや除毛クリーム、カミソリなど自己処理を行うための道具はふつうに販売されていますので、そういったものを利用しながらvioゾーンの脱毛を行うのが良いと言えるでしょう。

ただし、お子さん一人でデリケートゾーンの脱毛を行うのは危険を伴いますのでできる範囲で親御さんがそばで見守りながら処理をしていくのが望ましいと言えます。

低年齢に良いvio脱毛サロン・クリニック

では、低年齢であっても気軽にvio脱毛ができるおすすめのサロンやクリニックはあるのでしょうか。

18歳未満は脱毛の施術ができないと言っても自己処理では肌への負担が気になりますし色素沈着やシミを作る原因にもなってしまうことが考えられます。

前述した通り、18歳未満の低年齢における場合には脱毛効果が得られない可能性がありますので大人になってからまた脱毛をしなければならない必要があります。

そのことを踏まえてもそれでも脱毛をしたいという場合におすすめのサロンやクリニックはあるのでしょうか。

10代の中高生に人気のサロンとして「脱毛ラボ」です。

割引キャンペーンを利用すると格安の料金で施術が受けられたり、友達紹介をすることで施術代が無料になることもあるとされています。

ワキだけ、あるいはvioだけと部位にこだわるのであればミュゼプラチナムも「おすすめ」と言えます。

ミュゼは通い放題のプランがあるほかにvioの3部位が格安になるプランなどもありますのでアンダーヘアが気になる中高生にはおすすめと言えるでしょう。

美容クリニックにおいては、「湘南美容外科」は保護者同伴かあるいは保護者の許可証があれば施術を受けることも可能です。

「アリシアクリニック」も未成年の場合には保護者と一緒にカウンセリングを受けた上で施術を受けることができるとされています。

脱毛専門クリニックとして需要が高く医療機関であることから万が一のことが起こっても安心と言えるでしょう。

ただ、脱毛サロンよりも美容クリニックなどの医療機関の方が万が一肌トラブルに発展した場合にもすぐに対処してもらえると言えますので安心度が高いと言えます。

脱毛サロンを利用したいのであれば、もしもの場合に医療機関としっかりと提携を組んでいるサロンで施術を受けるようにするのがおすすめと言えます。

低年齢で脱毛をするリスクも理解しよう

このように、なぜ今低年齢の人たちにそこまでvio脱毛が人気があるのか、また低年齢であっても利用できるサロンやクリニックなどについて考えてみました。

最近では小学生であっても自分のムダ毛を気にして処理を考えているなんて、一昔前の人だったらあり得ない発想と言えますが、最近ではチアリーディングをしたり水泳をするなど肌を露出する機会も多く、その分自分の毛を気にする未成年がいても当然と言えます。

20代の若い女性のように、低年齢のうちから肌やムダ毛のお手入れを考えることは決して悪いことではないとされていますが、その分脱毛の施術を受けるとなったらリスクもあることをしっかりと考えておきましょう。

ただ、若いほど肌への負担も軽くまた回復も早いので、自己処理で肌を傷めつけたり色素沈着やシミを作る前に、脱毛サロンや美容クリニックなどで施術を受けて綺麗な肌状態を保つということも一理とあると言えます。

未成年である場合には、しっかりと保護者の理解を得た上で正しく脱毛を行うのであれば本来脱毛をする年でなかったとしても早めにムダ毛の処理を行っていくことは悪いことではないと言えるでしょう。

最近の10代はちょっとしたことでいじめにつながり、また不登校になるケースも多くそれが毛深いことやムダ毛がはみ出していたということが原因でいじめや不登校につながることも十分に考えられます。

「若いんだから自己処理で十分!」と頭ごなしに決めつけずに親御さん自身もお子さんの気持ちに寄り添いながら脱毛を考えていくのが良いのではないでしょうか。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン