デリケートゾーンの前に手でハートを作っている女性

脱毛サロンを利用してvioラインを綺麗にするのに必要な回数

脱毛は女性であればもはや当たり前となりつつある昨今ですが、脇や手足などの見える部位だけでなく、服に隠れているようなvioラインの脱毛にも注目が集まっています。
デリケートな部位ですが、生えている毛はとても黒々としていて太いことが多く、もじゃもじゃしていて何とか綺麗に出来ないだろうかと自分でカットするなど処理を頑張っている女性もたくさんいます。

けれども、かみそりや電気シェーバーではまた生えてきますし、剃る度に肌も傷つけているのでとても気になってしまうと言う超えも少なくありません。
そんな時には脱毛サロンを利用して綺麗な状態にしてしまうのもおすすめです。

自己処理だとすぐ生えてくるので、人によってはお手入れ回数が週に2~3回ぐらいと涙ぐましい努力を重ねている方もいるほどです。
生えてくる時には毛が硬いせいかちくちくとしてきてかゆくなったり、何とも表現しがたい不快感を感じてしまいがちです。

サロンで施術をしてもらうことで、自分でのお手入れの回数も減ってきますし、肌への負担も和らげることが出来ますから、これも身だしなみの一環として悩んでいるのであれば他の部位と一緒でもいいので施術の利用をしておくといいでしょう。

各サロンでもハイジニーナなどのプランで安く脱毛出来るようになってきています。
上手に活用していけばすっきりとしたデリケートゾーンにしていくことが出来ますので、自分のためにも綺麗に脱毛を行っていきましょう。

他の部位と比べてみた時の違い

勇気を出してvioラインを自己処理ではなく脱毛サロンを利用してみようと思った時には、どんな風に施術をしたりするのか、その後はどうなるのかが気になるのではないでしょうか。

基本的な施術内容としては、他の手足や脇などの定番部位と変わりません。各サロンの手順に従い、必要があれば冷却用などのジェルを塗ってから、機器を使って光を当てていきます。
ただし、デリケートゾーンはさすがに足を開いたりするのは女性スタッフであっても恥ずかしいと思うのは当然です。

この時は紙ショーツなどが用意されているので、それを着用してずらしながら必要な部位に当てていくので、必要以上に怖がることはないので安心して下さい。
そして効果に関してですが、サロンでの脱毛は特に脱毛用の機器の出力が弱いので、元々時間や回数もかかってしまいがちです。

vioは毛が濃く太いので、1~2回程度の照射では脱毛しきれないことが殆どです。
脇と同じぐらいか、もしかすると毛量が多い人だとそれ以上の回数が必要になってくることもあるので、サロンを利用しての脱毛となれば長期戦を覚悟してじっくりと取り組んでいくと良いでしょう。

施術をして光を照射した時も、それほど痛みは感じにくいことが多いのですが、毛の濃さに反応しやすいので痛いと思うこともあるかもしれませんので、それだけ注意しておきましょう。
この部位だけ回数が足りなかった時は、単発での施術を利用しましょう。

vioの効果が感じられる回数は

元々毛が濃いvioは、すぐに脱毛効果がでるかと言われると中々そうは行かないのが現状です。

光を当てて毛に熱を伝えて毛根にアタックして脱毛をさせるのですが、デリケートゾーンはかなりしぶといです。
毛量が少ない人だと2~3回程度でも何となく薄くなってきたと思えるようになってくることがありますが、一般的な方だと5~6回前後は頑張って通い続けて脱毛の効果が出てきたかもと感じられるようになってきます。

サロンで無料カウンセリングをして契約をする時も、回数のセットを見ながらどれぐらい必要なのか考えることになりますが、脱毛をする際には回数が多いほど安くなりますので、予算があればなるべく多目の回数にしておいても良いでしょう。

満足できたと思えるようになるまで、15~18回ぐらいは必要だという人もいれば、もっと頑張らないとあまり効果が出なかったという方もいます。
期間で言えばじっくり取り組んで2~3年ぐらいは見ておかないといけないほどなので、2ヶ月に1回ぐらいで通うなら回数も18回前後は必要になってくるでしょう。

vioの場合はデリケートゾーンであり、生理が施術日に重なってしまうとその日はどこのサロンでも施術をしてくれません。
そうなると毛周期や自分の脱毛のスケジュールが前後してしまうことになるので、なるべく契約をする前に自分でも大体の生理周期も考えておいた上で必要なプランを選ぶと良いでしょう。

vio脱毛の効果が感じられない時

誰もがvio脱毛は時間がかかると覚悟して頑張って通い始めるのですが、やはり毛量があまり変わっていないと思って気になってしまうこともあるでしょう。

通い始めてすぐの頃にいきなり全部抜けてしまうということはよほどのことがない限りありませんので、最初から焦るのは禁物です。
もしも施術の際に痛みを感じて出力を弱くしてもらっているのであれば、サロンの出来る範囲で強い光を当ててもらうことで脱毛の効果が出やすくなる時もあります。

それ以外にも、時間とお金に余裕があって少しでも早くvio脱毛を終えてしまいたいと思うなら、他のサロンを掛け持ちして通うという方法もあります。
基本的にどのサロンでも脱毛は毛周期に沿って行いますから、2ヶ月に1回の予約で施術を行っていきます。

それ以外でも、生えている成長期の毛に対して施術を行う機器を使うサロンもあれば、休止期の眠っている毛にも対応できる機器を使っているサロンもあるので、両方を上手く補うように施術をすることで上手に脱毛が進めていけるようになります。
せっかく高いお金と貴重な時間を使って脱毛をするのですから、効果を感じられないと本当に勿体無いです。

掛け持ちが出来ない時にはサロンを変更して脱毛をすることも検討してみましょう。
乗り換えをしてよりよいサロンで脱毛をする方も大勢いるので、一つの場所での脱毛にこだわることもありませんから、無駄にしないように脱毛をしてみましょう。

人気のあるvio脱毛をするなら

人目に触れることのないデリケートゾーンの脱毛はとても勇気が入りますが、見えない部分だからこそお手入れをしっかりしておくことでいざという時にもすっきりとした印象を与えて綺麗な人だなと周囲からも思ってもらえるようになります。
もちろん人から見てどうかということ以外にも、自分でも可愛いインナーの着用を楽しめますし、温泉などに出かけても堂々として過ごせますので、背筋も伸びる気持ちでいられるのではないでしょうか。

サロンでも脱毛プランが多数出てきていますし、場合によっては月額制や通い放題、そしてvio専門というお店も出てきていますので、必要に応じて自分に合った場所を選んでみて下さい。
選ぶ時にはキャンセルの規定や、もしも途中で通えなくなった時に返金や他のお店の紹介をしてくれるかどうかなどもチェックしておくとよいでしょう。

全国にお店があるような場合には、引っ越し先で施術を続けるということも可能な場合があります。
施術の時間自体は光を当てる範囲が狭いのでそれほど長くはありませんが、毛の濃さの関係上自分自身が思い描くような毛の薄さ、量、範囲などを考えると期間は必要になってくると思っておいて下さい。

vラインに関しては全てない状態にするのか、四角や三角などの形を整えるかデザインを聞かれるので、どんな風にするかも考えておくとよいでしょう。
トータルのサービスにも目を向けて、サロン選びをして脱毛をしてきて下さい。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン