カメラに向かってポーズをとる女性

驚くほど痛くない!クリニックの医療脱毛でvioをきれいに

脱毛は美におけるステップアップを手助けてくれるものです。近年、若い女性の間で脇の脱毛は当たり前のことになってきました。しかし、初めて脱毛を体験する前は何かと不安なことが多々あると思います。料金はどれくらいかかるのか。すごく痛いと噂で聞くけど、どれほどの痛みなのか。本当にレーザー脱毛をして効果があらわれるのか。そして、クリニックでの医療脱毛とエステサロンでの脱毛があるけど、何が違って、どちらを選んだら良いのか分からないかと思います。それではまず、クリニックで行う医療脱毛とは一体どのようなものなのか見てみましょう。
医療脱毛とは医療用レーザー脱毛機を使った脱毛のことです。この医療用レーザーの仕組みは、まずレーザーを照射すると毛穴からのぞいた黒い色に反応します。すると、レーザーは黒い毛に吸収されて熱を持ち、熱がまわりに広がります。やがて、その熱が周囲に広がり、毛球部の毛母細胞を破壊します。すると、永久に毛が生えてこなくなるのです。
では、この医療用レーザー脱毛機は誰にでも気軽に使用して施術することができるのでしょうか。答えは、できません。医療脱毛は医療行為にあたるので、医師免許を取得した者にしか取り扱うことができないのです。なお、医療とはいえ、治療目的ではないので保険外の自費診療になります。このことから、エステサロンではこの施術はできず、クリニックでしか医療脱毛はできないのです。

エステサロンで行う脱毛とは?

では、エステサロンで行う脱毛はどのようなものか見ていきましょう。前述したように、医療脱毛は医師免許を取得している者しかできないので、エステサロンでは取り扱うことができません。そこで使われているのが光脱毛です。毛が生えてこなくなる原理は、基本的には医療脱毛、つまりレーザー脱毛と同じなのですが、光の波長が違います。レーザー脱毛は単一の波長なので、まっすぐ一方向にエネルギーを持ったまま光が進みます。一方、光脱毛は複数の波長を含んだ光を広範囲に照射します。複数の波長ということは、光がバラバラの方向に進んでいきます。その為、エネルギーもレーザー脱毛と比較すると弱まってしまうのです。
では、どのような人が施術してくれるのでしょうか。それは、エステサロンの医療資格のないスタッフです。エステサロンというとマッサージや顔剃りなどをなんとなく想像しますが、そのような行為をしているスタッフが、脱毛もやっていると考えて下さい。もちろん研修を受けていて、エステサロンにもよりますが、カウンセリングにおいてはクリニックより丁寧な場合もあります。また、クリニックではないからと言って肌トラブルがあったら対処されないということはありません。こちらもエステサロンにもよりますが、基本的には提携医療機関での治療保証が受けられます。エステサロンはクリニックではないので、アフターフォローサービスがどのようになっているのか、事前にしっかり聞くことをおすすめします。

医療脱毛とエステサロン脱毛の比較

それでは、医療脱毛を行うクリニックと光脱毛を行うエステサロンの違いを様々な視点で比べてみましょう。
まずは効果を見てみましょう。前述したように、レーザー脱毛の方が光の波長の関係で、毛を照射していくエネルギーが強いです。つまり、効果はレーザー脱毛の方がよくあらわれます。痛さで見てみると、これらのことからレーザー脱毛の方が痛く、光脱毛の痛みはそれほどでもありません。レーザー脱毛の痛さを例えるのなら、バチバチと強い力で弾かれたようなイメージです。一方、光脱毛はほとんど痛くないのです。しいて例えるのなら、輪ゴムでパチンとされたようなイメージです。もちろん痛い方が効果的なのは明らかです。
次に、料金を見てみましょう。レーザー脱毛も光脱毛もどちらも一回で全部毛がなくなるわけではありません。何度か施術を受けて徐々になくなっていくものです。ですので、料金はとても気になりますよね。クリニックで行うレーザー脱毛の方が圧倒的に料金は高いです。しかし、前述したように、毛をなくなるスピードはレーザー脱毛の方が早いです。つまり、光脱毛に比べて通院回数が少なくて済みます。例えば、同じ部位をレーザー脱毛と光やった場合、レーザー脱毛では5回かかったところを光脱毛では10回もかかってしまったということもあります。極端な例ですが、このように回数が違うと、一回分はエステサロンの方が安くても、トータルで考えると同じくらいの価格になることもあり得るのです。ただし、基本的にはエステサロンの方が安いと考えて良いでしょう。

脱毛における人気の部位は?

脱毛における人気の部位はなんと言っても両脇です。夏にノースリーブを着たい、水着を着たい、脇毛が濃いので数日に一回剃るのが面倒くさい、電車でつり革につかまった時恥ずかしいなど、脇毛を脱毛したい理由が一番多いかもしれません。また、照射範囲も狭いので、他の部位に比べて施術時間も短いですし、料金も安いです。それも人気の一つでしょう。
また、夏は肌の露出が多いので、夏前になると腕や膝下の脱毛の予約が殺到します。クリニックやエステサロンによっては腕を予約すると手の甲までやってくれたり、膝下を予約すると足の指までやってくれたりすることもあります。とはいえ、基本的には手の甲や足の指などは違う部位として売られているので、予約する前に注意して下さい。
ここで特筆すべき部位、vioを紹介したいと思います。脱毛経験がない人はvioと聞いてもピンとこない人がほとんどかと思います。vioは別名ハイジニーナともいいます。vioのvライン(ビキニライン)のv。iはiライン(陰部の両側)のi、oはoライン(ヒップ奥)oです。つまり、パンツで覆われている部分を脱毛するということです。海外では陰毛は全て処理するのが主流で、残しておく日本が珍しいと言われています。そんな中、日本の女性の中で、全て処理するわけではありませんが、陰毛の形を整えたり、毛があると恥ずかしいとされるiラインやoラインの脱毛が流行っているのです。これは、衛生的にもよく近年施術希望者が増えてきているのです。

vioは痛い!痛くない脱毛方法は?

前述したようにvio脱毛は流行りつつあります。しかし、この部位は激痛を伴うことでも有名です。陰毛は濃く、vioは痛さに弱い部位であることが原因と考えられます。痛さに耐えかねて一回施術したら二回目はやめようと思う人が多数いるほどなのです。では、痛くない脱毛方法はあるのでしょうか。実は近年痛くない医療脱毛機が開発されました。それが「メディオスター」という医療脱毛機です。この医療脱毛機は全てのクリニックで取り扱っているわけではないので、ホームページなどで事前に調べたり電話で聞いてみることをおすすめします。vio並みに激痛を伴い、近年人気が上昇している男性のヒゲ脱毛にも使われているこの医療脱毛機。従来の脱毛機と何が違うのでしょうか。従来の脱毛機は毛を作り出す「毛乳頭」を破壊しており、肌に大きく負担がかかる為、痛さがありました。しかし、メディオスターは毛に栄養を与える「バルジ」を破壊します。「バジル」というのは「毛乳頭」に比べて肌の正面に近いところにあります。つまり、弱いレーザーを照射するだけで良くなったのです。痛くないのはもちろんのこと施術回数も少なく毛がなくなるのです。生理中はvio脱毛ができないので、施術回数が少なくなるのは予定がたてやすくありがたいですよね。痛くない脱毛ということで、痛さを危惧して躊躇していた男性のヒゲ脱毛やvio脱毛の人気も上昇してきました。なので、もしデリケートな部位を脱毛する際は医療脱毛機メディオスターを扱っているところをおすすめします。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン