スポーツジム

脱毛後に運動することによる影響やその注意点について

脱毛というのは、施術を受ける前にはサロンを比較するなどして、よく調べるのに、施術を受けるとすべてスタッフにお任せしてしまう人が少なくありません。確かに、施術はしてもらうものですが、脱毛の知識を身に着けておくと、その後のケアの方法や肌トラブルを回避することができます。
まず、脱毛というのは、レーザーやフラッシュという特殊な光をお肌に照射して行います。この光は、黒い色素に反応するようになっています。皮膚よりも黒い毛に集中的に向って行き、毛の根元にある毛乳頭を破壊して毛が再生されないようにします。一度破壊された毛乳頭は新しくなることはなく、二度と毛穴からは毛が生えてこなくなります。
この際、光はお肌にも当たっているのは少ないとは言え、普段の生活では当たらない特殊な状況になっています。そのため、刺激を受けやすくなっていて、脱毛後のお肌はとてもデリケートです。脱毛後すぐにお肌に赤みなどのトラブルを感じることもあるほどです。すぐに反応しなくても、脱毛後しばらくするとかゆくなってしまうことがあります。トラブルを回避するために、脱毛後の影響を最小限度に抑えるための注意点がいくつかあります。施術後には、どこのサロンでもその注意点を教えてもらうことができます。施術の影響を感じることがなくても、注意点は守らなければいけません。注意点の大きなものは、血行が良くなることを避けるというものです。

脱毛後の運動は可能か

脱毛後のお肌というのは、施術の影響でとてもデリケートな状態です。特に痛みなどがない場合、自分ではいつも通りだと感じることもありますが、影響は必ず受けているので決して無理をしてはいけません。脱毛後の主な肌トラブルは、お肌の赤み、かゆみ、乾燥といったものです。乾燥がひどく、かゆみがひどくなってしまうと、爪で引掻いてしまい、水泡やただれといった他のトラブルにもつながってしまいます。
脱毛後には、血行がよくなることは避けなければいけません。血流がよくなると、お肌が赤みが悪化してしまうからです。そのため、血行がよくなる入浴や飲酒などは避けなければいけません。脱毛後の運動も同様に、血流がよくなってしまうので行わないようにしましょう。運動は施術した当日は避けなければいけません。一晩寝て、お肌が落ち着いているようであれば、翌日からは運動も可能です。ただ、敏感肌などでお肌に赤みが残っている場合は、翌日も運動は避けましょう。毎日運動しているから、脱毛後でも行っても大丈夫と過信している人が多いですが、肌トラブルになってしまうこともあります。脱毛というのは、数カ月に1度程度、全身脱毛でも1カ月に1度ほどなので、毎日気を付けなければいけないというものではありません。脱毛後だけ気を付けるようにすれば、ストレスなく施術を受けることができます。団体競技などで事前に予定を組む場合は、脱毛後にならないようにしましょう。

脱毛後の運動によるお肌への影響

脱毛後に運動をすると、お肌にはどのような影響がでるのでしょうか。まず、血行が良くなることで、お肌は赤みが出やすくなります。施術後のお肌というのは、ただでさえほてっている状態です。この状態で運動によって血流が良くなると、赤みがひどくなり、かゆみが出てしまいます。脱毛後のお肌は施術の影響で乾燥しやすいので、お肌をかくことでただれや水泡というように症状が悪化してしまいます。
このような状態になってしまうと、皮膚科を受診しなければいけなくなってしまいます。軽く体を動かしただけと考えていても、血行が良くなれば運動と同じです。血行が良くなる影響というのは、施術をした部位だけでなく、全身に及びます。血液は心臓から全身を周り、再び心臓に戻ってくるからです。
全身脱毛をした場合は、全身がかゆくなってしまうということもあります。部分脱毛は施術した範囲を中心に赤みが出ます。軽い症状であれば、自然に放置していても治りますが、重い症状では自然に治ることはないので注意が必要です。脱毛の影響で極度の乾燥肌になってしまうと、次回の施術にも悪い影響が出てしまいます。なぜなら、お肌が乾燥していると脱毛効果が得られなくなってしまうからです。予約しても、乾燥肌によって施術ができないと、1回分の施術を消化したとされるサロンもあるので注意が必要です。気になる場合には、あらかじめサロンに相談して予約を変更するなどの処置をしましょう。

脱毛後に運動をする場合の注意点

脱毛後に運動しなければいけないという状態は、あまり多くはありません。それでも、急に誘われてしまったということもあるでしょう。そのような場合は、脱毛の予約をキャンセルし、運動後しばらくしてから取り直すというのが1番いい方法です。そうすれば、脱毛後に血行がよくなることもなく、運動の影響でトラブルを起こすことなく脱毛できます。
しかし、予定などもあり、キャンセルできないこともあるでしょう。そのような場合は、影響を最小限度に抑えるために、できるだけ体を動かし続けないようにしましょう。休憩を多くはさんだりすることで、体の負担を大幅に減少することができます。汗をかいたら、拭くことが大切ですが、乾いたタオルでゴシゴシこすってしまうと、お肌に余計な刺激を与えてしまいます。濡らしたタオルでやさしく拭くようにしましょう。こうすることで、お肌にやさしく汗を拭きとることができます。
運動後の影響というのは、できるだけ避けた方がいいというのが実情です。一緒に体を動かすグループなどがある場合は、日程を調整しておくといいでしょう。脱毛していることを公言できれば注意が必要であることを伝えられますが、隠しておきたい場合は、他に予定があるなどと伝えておきましょう。脱毛というのは、定期的に行うので、ある程度予定が立っているものです。運動の影響を考えながら、スケジュールを立てるような注意が必要になります。

脱毛後の影響と注意点を知って安全な脱毛

脱毛後にはいくつかの注意点があります。これらの注意点は、脱毛を安全にするためには欠かすことができません。決してサロンは無理難題をお客さんに押し付けているわけではありません。脱毛後には血行がよくなることを避けるという大きな注意を知っていれば、湯船に長時間入ったり、飲酒をするといった行為は避けるべきであることが分かります。運動には、たくさんの種類がありますが、どのような運動でも体を動かすので血行を良くする作用があります。ゆったりとした動きのヨガや太極拳なども同様で、汗をかかなければいいいというものではないことを覚えておきましょう。
注意点を守ることは、自分の体をトラブルから守ることでもあります。脱毛後のデリケートなお肌は、運動という刺激ではなく、保湿ケアといったやさしいケアを行わなければいけません。ボディクリームなどを用意して、脱毛期間中のお肌をいたわってあげましょう。脱毛というのは、1~3年という月日が必要になります。この間ずっと気を付けるのは大変なことですが、毎月1回程度なので、そこまで気を使う必要はありません。スケジュールの調整などを行うことで、あらかじめ防げることが多く、安心して脱毛できる環境は自分で作ることができます。脱毛をすると、ムダ毛のない状態に早くなればいいということばかりに気が向いてしまいますが、その経過を対s手うにすることで、脱毛効果を上げてきれいな仕上がりになります。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン