座る女性

脱毛前にやっておきたい肌トラブルを予防するための方法とは

女性にとって、美容のためにも肌をきれいに保つことは欠かせません。そのための方法の一つとして行われるのが脱毛で、今では多くの女性がサロンやクリニックに通って施術を受けています。ムダ毛の処理は自宅で自分自身で行うこともできますが、そうすると頻繁な処理が必要になって手間に感じてしまったり、肌に負担もかけやすかったりと、大変な面も多くあります。しかしプロに頼んでケアしてもらえれば、自分で処理するよりも確実にきれいな毛穴のない肌になれると共に、脱毛完了後は面倒な自己処理から解放されるといったメリットがあります。このようなことから、今では女性にとって脱毛は欠かせないものとなっているのです。しかし、脱毛の施術を受けるにあたっては、注意しなくてはならないことがあります。いくらプロにケアしてもらえるとは言え、あらかじめ知ってきちんと対策しておかないと、肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があるのです。自分は敏感肌でもないし大丈夫だと思う人もいるかもしれませんが、普通肌の人でもトラブルは起こってしまう場合があります。また、一見すると脱毛が原因だと分かりにくい症状もあるため、注意が必要です。そうならないためにも、どのようなトラブルの可能性があり、脱毛前にどうすれば予防できるのかをしっかりと把握しておきましょう。そこでここでは、脱毛前に行っておきたい肌トラブルの予防方法について、紹介します。

脱毛前の注意点について

まず、肌トラブルを起こしてしまわないために、また、確実に脱毛効果が得られるためにも、脱毛前に注意しておきたいことがあります。次のことを注意するようにしましょう。1、シェービングは必ず行っておくこと。サロンの光脱毛でもクリニックでの医療レーザー脱毛でも、あらかじめ施術部位のシェービングを行っておくことが必要となります。そうすることで、毛根に対して確実にレーザーの効果を与えることができます。脱毛前にはシェーバーまたはカミソリで、施術部位のムダ毛を処理するようにしましょう。ただし、毛根を残しておく必要があるため、毛抜きや毛を抜き取ってしまうタイプの脱毛器の使用は避ける必要があります。なるべく剃るようにして除毛しましょう。2、飲酒をしないこと。施術を受けるその日に、二日酔いなどでお酒が残っていたり、飲酒後の状態であったりすると施術を受けることができません。そのため、脱毛前の飲酒は避けるようにしましょう。3、肌には何も付けないでおくこと。日焼け止めや制汗剤などの使用は避け、肌には何も付けない状態で施術を受ける必要があります。乾燥している時期などはボディクリームなどを塗ってしまいがちですが、脱毛前にはそのような保湿クリームの使用もNGです。これらを使用してしまうと肌トラブルの原因にもつながることから、施術を受けられない場合があります。そのため、脱毛前には肌に何も使用しないようにしましょう。

脱毛によって起こりうる肌トラブルとは

脱毛によって起こりうる肌トラブルには、一体どのようなものがあるのでしょうか。その症状について紹介します。1、赤みや腫れが起こる。施術中に使用するレーザーが毛根に作用する際、毛根に直接ダメージを与えてしまうことが原因で起こる症状です。毛穴部分が赤くぽつぽつと腫れてしまうことがありますが、一般的には時間と共に収まるため、心配する必要はありません。赤みがなかなかとれなかったり、痛みが強い場合などは、施術を受けたサロンやクリニックに相談してみると良いでしょう。2、やけど。脱毛は、レーザーの光によって毛根に作用を与えていきますが、その時の肌の状態によってはやけどしてしまう場合があります。レーザーの威力が強すぎたり、肌が強い乾燥状態、もしくは日焼けした状態であると起こりやすくなってしまいます。仮にやけどの症状が現れた際は、施術を受けたサロンやクリニックで、適切な処置を受けるようにしましょう。3、皮膚の感覚が過敏もしくは鈍くなる。熱のエネルギーによる施術のため、肌への負担から、一時的に感覚が鈍くなったり過敏になる場合があります。しかし、時間と共に症状も収まっていくため、心配する必要はありません。ただし症状がひどい場合には、すぐに相談するようにしましょう。4、内出血。脱毛の際に麻酔で注射をした場合や、ニードル脱毛で起こりがちなトラブルです。普通の内出血と同じで、時間の経過とともに収まっていくため心配は必要ありません。

脱毛前に行う肌トラブルの予防方法

前述したような肌トラブルを起こさないためにも、脱毛前にはしっかりと予防しておくことが大切です。ここでは、脱毛前の予防方法について紹介していきます。1、肌の乾燥を防ぐ。肌が乾燥している状態だと、施術中にやけどしやすくなるなどの危険があります。そのため、日頃から保湿クリームを使用するなどして、肌の乾燥を防ぐようにしましょう。ただし、脱毛前は何も肌に付けない状態で施術を受けなくてはならないため、保湿クリームの使用は控えましょう。2、日焼け対策を行うこと。脱毛前の日焼けが原因で、施術中にやけどをしてしまう場合があります。レーザーは毛根の黒い色素に反応するような仕組みになっているため、肌が日焼けしていると、レーザーが強く反応してしまう可能性があるのです。そのため、脱毛前は特に日焼けしないように注意しましょう。3、毛周期に合わせて脱毛を行うこと。ムダ毛は、生え始めから抜け落ちまでに、成長期、退行期、休止期といった3段階を経ます。脱毛の施術が有効なのは成長期にあたるムダ毛だけであり、それ以外の時期の毛根には施術をしても効果がありません。そのため、この毛周期を意識して、成長期のムダ毛が多い時期に施術を行う必要があります。休止期の毛根が多いときに施術をしても、効果が薄いだけでなく肌に余計な負担を与えることになります。そのため、適切な期間を空けて施術を受けるようにしましょう。以上のようなことを脱毛前に気を付けることで、肌トラブルを予防することができます。

脱毛前にしっかりと準備をしてから施術を

以上のように、脱毛を行うにあたっては、様々な肌トラブルの可能性があります。肌質が原因のものもありますが、中には脱毛前に十分な予防方法をとることで事前に防ぐことができるものもあります。乾燥対策や日焼け対策など、日頃から比較的簡単に行える内容が多いため、サロンやクリニックに通っている間は日頃の肌のケアを十分に行うようにしましょう。また、脱毛前だけでなく、施術後にも肌を労わってあげることが大切です。施術後の肌は敏感な状態になっており、乾燥にも弱くなっています。そのため、保湿クリームを使用するなどして、しっかりと保湿を行いましょう。ただし、保湿クリームであれば問題ありませんが、施術後の日焼け止め、制汗剤などの使用は避ける必要があります。これらには肌にとって負担となる刺激物が多く使用されているため、施術後の敏感肌では、更に肌に負担をかけてしまい、トラブルが起きる原因となってしまいます。また他にも、施術後当日の入浴は控えるようにします。シャワーであれば問題ありませんが、湯船につかってしまうと、体が温まって皮膚に赤みやかゆみなどの症状が現れやすくなってしまいます。入浴は翌日以降にするようにしましょう。以上、いかがでしたでしょうか。脱毛前や施術後にきちんと対策や予防方法を行うことで、肌トラブルは防ぐことができます。起こり得るトラブルの内容と対策方法を把握して、安全に脱毛を受けるようにしましょう。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン