花冠をかぶった女性

最新技術や装置の導入が早い東京でおすすめの脱毛クリニック

 東京は流行の最先端をいく場所であり、最新の医療脱毛技術や装置もいち早く取り入れられる場所です。都内や近郊に住んでいて、永久脱毛を考えている人は、たいへん有利な場所にいるということになります。最新技術を用いた医療脱毛が、比較的低価格で受けられます。東京は永久脱毛を希望する人が多く、医療脱毛クリニックも多いため、選択肢は多く、競争によって料金も下がりやすい状況にあります。地方よりもずっと、医療脱毛しやすい環境にあります。
 現在、永久脱毛の主流となっているのは、医療レーザー脱毛です。この方法が日本に導入されたのは、1997年ごろのことで、まだわずか20年程度しか経っておらず、過渡期にあるとも言えます。技術は日進月歩で進んでおり、最近も大きな進歩が見られました。発毛のメカニズムがより明らかとなり、レーザー照射するターゲットの細胞が変わりました。導入されて間もない時期というのは、このように革新的な変化がどんどん進むものです。変化に合わせていち早く、技術も装置も刷新されやすいのが、東京であると言えます。東京は交通網が発達していて、交通費が安いため、最新技術を導入したところに人の波は向かいます。そのため、刷新費用を厭わず、最新技術や装置を取り入れるところが東京には多いです。競争が激しい地域であるため、利用者にとってリーズナブルな方向に向かいやすく、より良い施術が低料金で受けやすい場所です。

全身脱毛でおすすめのクリニック

 全身脱毛は、面積が広いため、施術時間がかなりかかり、高額になりやすいコースです。全身脱毛では、できれば最新技術と装置を導入しているところを選びたいものです。料金は、施術時間に大きな影響を受けます。短時間で施術できれば、回転率が高まり、利益を上げやすくなるため、料金を下げることができます。装置が新しいほど、施術時間は短くなる傾向があります。ここ2年ほどの間に登場した最新装置は、革新的なもので、施術時間を大幅に短縮できます。これまでは、毛根にある毛母細胞をレーザー光によって250度ほどの高温にし、焼き切るという方法が用いられてきました。しかし、最新研究によって、永久脱毛をかなえるのに必要なのは、毛母細胞を破壊することではなく、発毛因子となる細胞を破壊することであることがわかってきています。毛母細胞をターゲットにすると、かなり深いところにある毛根を焼くことになりますが、発毛因子は皮膚の表面に近い場所にあるため、65度ほどの温度にするだけで済みます。施術時間が大幅に短縮されるため、最新装置であっても、料金はかえって安くなっていることさえあります。この装置を導入しているKM新宿クリニックや、湘南美容外科、リゼクリニックなどで施術をうけるのがおすすめです。全身脱毛は高額ですから、施術を受ける以上は確実な効果を期待したいものです。発毛因子をターゲットにした施術で、永久脱毛を達成するのが望まれます。

ワキ脱毛でおすすめの東京のクリニック

 ワキ脱毛は、東京では相当料金低下が進んでいます。今や、5回通って1万円以下というところもいくつもあります。医療脱毛は高いというイメージを持っている人は多いですが、東京のワキ脱毛に限って言えば、もはやそれは過去のものとなっているとも言えます。
 ワキ脱毛でおすすめなのが、湘南美容外科です。ここでは、5回コースが1,000円という驚きの低価格となっています。無期限無制限コースという、脱毛し放題コースでも、3,400円という破格の安さです。湘南美容外科では、発毛因子をターゲットにする最新装置を使っているため、より高い効果も期待できます。最新装置は、痛みが少ないことも大きな特長です。毛根を250度で焼くという方法ではなく、65度の熱で発毛因子を破壊するという方法であるため、レーザー照射につきまとうやけどの可能性も、格段に低くできます。ワキ脱毛は、とりわけ痛みが強いことで知られ、痛みのために医療脱毛を諦める人もいるくらいです。最新装置では、誰にとっても無痛というわけにはいかないようですが、従来型の方法でもたらされる、耐えがたいほどの痛みというレベルではないので、痛みを心配する必要はなさそうです。
 KM新宿クリニックも、最新装置を備えていますし、料金も格安で、5回で10,000円という低料金なのでおすすめです。年中無休で営業しています。リゼクリニックでも最新装置を備えており、料金は5回で18,800円です。

VIOでおすすめのクリニック

 VIO脱毛は、ワキ脱毛と同様、痛みの強いことで知られています。また、色素が沈着しやすい場所でもあるので、従来型のレーザー装置では施術できないケースもありました。色黒の肌だと、肌にも発熱し、やけどをする可能性があるからです。やけどを避けようとして、レーザー装置の出力を下げると、毛根が処理し切れないこともあります。従来型のレーザー脱毛で高い効果が得やすいのは、色白で体毛が濃い場合であり、その条件に合わないと、さまざまな支障がありました。
 最新型の装置では、それほど高温にする必要がないので、色素沈着した肌にも対応できます。痛みもほとんどないので、VIO脱毛時こそ、最新装置を使いたいものです。最新装置を備えている湘南美容外科クリニックでは、VIOは1回14,580円です。KMクリニックでは、VIO脱毛にさまざまなコースを設けています。Vラインだけだと、1回20,000円で、5回コースは30,000円となります。Iラインだけだと、1回30,000円で、5回コースは45,000円です。Oラインだけだと、1回20,000円で、5回コースは45,000円です。VIOをまとめてだと、1回60,000円で、5回コースは75,000円です。V全体の場合は、1回40,000円で、5回コースは60,000円です。同様に最新装置を備えてあるレヴィ―がクリニックでは、VIO脱毛が5回コースで100,800円です。

東京にいるメリットを生かして最新脱毛

ここ2年ほどの間に導入が進んできた最新装置では、発毛因子となる細胞をターゲットにしたレーザー照射をおこないます。従来型の装置では、毛根の底の部分にある毛母細胞をターゲットにしてきました。最新研究によって、毛母細胞を破壊しただけでは、毛が再生することもあり、確実に永久脱毛状態にするには、発毛因子となる細胞を破壊する必要があることが明らかになりつつあります。レーザー脱毛が日本に導入されてから、20年ほど経過しましたが、現在は、医療レーザー脱毛において、革新的とも言うべき変化が起きている時期と言えそうです。ターゲットとする細胞が変わったことにより、レーザーで発生させる必要温度というのも大きく変わりました。これまでは250度必要でしたから、施術中は激しい痛みを伴い、やけどの可能性もつきまとっていました。けれど最新型の装置では。65度程度しか必要としないため、痛みも少なく、やけどの可能性も格段に低くできます。今後はこの装置が全国に普及していくものと予想されますが、現時点で利用しやすい地域は、東京となります。東京にいるメリットを十分に生かして、最新装置を使用しているクリニックで永久脱毛を効率的に達成したいものです。最新装置は、施術時間が6分の1ほどに短縮できる場合もあり、回転率が高まるため、最新装置導入費用はかかっているでしょうが、利用料金は従来型と比べて特に高くはありません。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン