浮き輪に寝転ぶ女性2人

東京にある、利用料金が特に安い医療脱毛クリニックは

現在、医療脱毛の主流となっているレーザー脱毛は、日本に導入されてから20年ほどであり、技術は日進月歩で進んでいます。装置の改良も日々進んでいて、それに伴い、施術時間が短縮化されているため、レーザー脱毛登場の頃に比べて、料金は大幅に値下がりしています。特に都市部では、料金低下が著しいようです。医療脱毛をおこなうクリニックがたいへん増え、激戦となっている東京では、特に安い料金が設定されやすい状況となっています。面積が狭いワキに関しては、医療脱毛は高いというイメージがもはや完全に払しょくされるほどの価格低下が起きています。両脇で無期限、回数無制限コースで、数千円というところも出てきています。他の部位は面積が広いため、やはり万単位の金額とはなりますが、それでも初期の頃に比べ、相当安い料金となっています。都心に近いほど激安料金のところが見られます。レーザー脱毛が登場する前は、電気針脱毛しか永久脱毛の方法はなく、非常に費用のかかる方法であったため、普及はしませんでしたが、レーザー脱毛は、電気針脱毛に比べて手間暇もかからず、費用も格段に安くなってきているため、ワキに限れば、気軽に利用できるレベルにまでなっています。地方では依然として高めですが、東京地区、それも都心部は破格の料金設定をするところがいくつもあり、利用者にとっては歓迎すべき状況となっています。技術が確かでお得なところを利用したいものです。

全身脱毛が安い東京のクリニック

全身脱毛は、施術面積が広いため、時間が相当かかります。部位ごとに異なる状況にも対応し、やけどを避けながら効果的に施術していく技術も必要で、高額になりがちで、ひと頃は50万円以上するのが普通でした。しかし、最近は相当安い料金設定をしているところも増えています。例えば、新宿駅から徒歩2分という便利な場所にあるビューティースキンクリニックでは、全身脱毛の5回コースで148,000円という料金設定をしています。これは相当に安い金額です。体毛が濃い人の場合は、5回では永久脱毛状態になれないことも多いようですが、望む仕上がりの状態は人それぞれです。レーザー照射をある程度受けると、毛が再生したとしても、細く弱弱しくなっていることが多いようです。そうした毛であれば、生えてきても自己処理せずに放っておけるという場合は、5回でも十分なこともあるでしょう。それほど体毛が濃くない人は、3回コースを選ぶこともできます。全身脱毛の3回コースだと、88,800円であり、もはや10万円を切るレベルとなっています。渋谷と新宿と池袋にある、渋谷美容外科では、全身脱毛の5回コースだと250,000円、8回コースだと400,000円となっています。新宿と渋谷にあるリゼクリニックでは、全身脱毛の8回コースが299,000円となっています。自分が少ない回数で間に合いそうか、多めに見ておいたほうがいいかも考えながら、選ぶことになります。

価格低下の著しいワキ脱毛

ワキの料金は、東京においては破格となっています。医療レーザー脱毛は高い、というイメージを持っている人は多いでしょうが、東京でのワキの脱毛料金に関しては、もはやそれは過去のものになったとも言えそうな状況です。ワキ脱毛で最も安いのが、湘南美容外科です。両ワキのレーザー脱毛が5回で1,000円という目を疑うような料金となっています。ただ、これは1人につき1回利用できる料金ですので、5回で足りなかったからもう5回を1,000円で利用する、ということはできません。回数が多めに必要な場合は、無期限無制限コースというのがあり、それがなんと3,400円で利用できます。無期限無制限コースというのは、いつまででも何回でも利用できるというもので、ひと頃はかなり多くのクリニックで設定していましたが、現在はあまり見られなくなっています。クリニック側からすると、採算が合わないからであると考えられます。両ワキが無期限無制限コースで3,400円というのは、そうはお目にかかれないようなたいへんなチャンスと言えそうです。渋谷美容外科クリニックでは、3回コースが4,800円で、5回コースは8,000円、8回コースは12,800円となっています。池袋と新宿西口東口、銀座など、都内で多数開業しているアリシアクリニックでは、5回で13,750円となっています。8回だと19,800円で、無期限無制限コースでは26,400円となります。

VIO脱毛料金が安いクリニック

VIO脱毛料金が安いのは、銀座と東銀座にあるブランクリニックです。4回コースで48,000円で、その後1回追加するごとに12,000円プラスとなります。医療脱毛では、最初に数回の回数契約をして施術を開始し、その回数で足りなかったら、再度数回まとめての回数契約をする必要があるところが多いです。初回契約では割引キャンペーンが適用されることが多いため、回数追加の際は、相当割高になるケースも少なくありません。ブランクリニックの、この1回づつ追加できるというシステムは、利用者にとってたいへん使い勝手のいいものです。施術を開始する前に、回数の目途がつくケースは稀です。望む仕上がり状態から、回数を決めるしかない面があります。効果の表れ方は人それぞれで、始める前に的確に必要回数を判断することは困難です。ブランクリニックのようなシステムのあるところを選んだほうが、お得になるケースは多そうです。他にVIO脱毛料金が安いのは、湘南美容外科です。6回コースで金額は60,750円となります。渋谷美容外科では、VIOとしてまとめたコースではなく、細かく部位を区切って申し込むことができます。Vラインだけなら3回コースで4,800円となり、5回コースでは8,000円、8回コースになると12,800円となります。V全処理なら3回コースで30,000円で5回コースでは50,000円、そして8回コースでは80,000円です。

東京の医療脱毛料金は低め

東京は、競争が激化しているため、特に都心部では医療脱毛料金がかなり安くなっています。永久脱毛をかなえるには医療脱毛を選択することになりますが、医療脱毛は高いというイメージを持たれることが多い状況が続いてきました。レーザー医療脱毛が日本に導入されたばかりの頃は、確かに高かったでしょう。しかし、新しい装置の登場直後というのは概して高いものです。レーザー医療脱毛が日本に登場してから20年ほど経過した現在では、その当時とは比較にならないほど価格低下が進んでいると言えます。医療脱毛をおこなうところが少ない地方では、あまり価格が安くなっていない面もありますが、都心部での、特にワキの料金は破格のものとなっています。都内は交通網が発達していますので、都心に住んでいなくても、通勤通学時に立ち寄ることも可能ですし、休日に出向いたとしても、交通費はそうはかかりません。低料金のところを利用しようとすれば可能な場合、もはやワキに関しては、医療脱毛は気軽に利用できる存在になったと言えます。ワキ以外の部位は、面積が広いために、数万、数十万単位となりますが、レーザー医療脱毛導入初期の頃よりも、ずいぶん安くなっています。レーザー医療脱毛の技術は日進月歩で進んでいますし、装置の改良も日々おこなわれています。施術時間はさらに短縮されていくでしょうから、今後はさらに料金低下が進んでいくと予想されます。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン