出産後の親子

出産後の脱毛再開のタイミングと授乳中の施術の可否について

出産後の脱毛再開のタイミングは生理です。生理がきてその周期が安定したら開始していいでしょう。授乳中の場合は昼夜を問わずの授乳で体調不良のために避けた方がいいでしょう。

エステ脱毛を勧める理由

カミソリや毛抜きを使ったムダ毛の自己処理は簡単でいいですが、実はあまりお勧めできません。そもそも目に見えている部分しか処理できないのでまたすぐに生えてくるため、繰り返さないといけません。それにカミソリで必要な角質をそり落としてしまったり、手が滑って肌を傷つけることもあります。さらに毛抜きではうまく抜けませんし、抜けたとしても一点に非常に大きな力がかかるので、黒ずみなど肌トラブルの原因となることもあるのです。
それに比べてエステやクリニックでの光を使った脱毛は肌に優しいです。もちろん光にはムダ毛を処理するだけの能力があるので照射によって肌も多少はダメージを受けます。ただ、それを最小限に抑えるような前後のケアがなされますし、なによりいったんツルツルになればその状態を長期維持できるため、その後のカミソリなどの自己処理が必要ありません。つまり肌にダメージを与え続けなくていいので、肌も健やかになるのです。
エステやクリニックでの脱毛にはそれなりのお金がかかります。一昔前に比べると安くはなりましたが、全身ともなるとやはりまとまった金額が必要になるのは事実です。時間がある学生時代に本当はすっかり脱毛しておきたいところですが、お金の問題でできない女性も多いようです。いい人が見つかって結婚となってから始めるという方も多いようです。ただ、光脱毛は妊娠中は基本的にできません。結婚して妊娠したらいったん中断しないといけないのです。

出産後の脱毛がなぜ人気なのか

出産後の脱毛は人気です。なぜかというと、独身時代に脱毛が終わらず、結婚してから始めたけれど妊娠して中断してしまったという方が多いからです。光は胎児に直接影響はないですが、妊娠中はホルモンバランスがいつもと違うので毛が濃くなる傾向にあり、効果を実感しにくいという問題と、同じくホルモンの関係で肌がデリケートになっているので、やけどなどの肌トラブルになる可能性があるので基本的にNGとなっているのです。やむなく脱毛を中断した方でも、出産すればそういったホルモンバランスの関係なども考えなくてよくなるのでこの時期の脱毛が人気なのです。
さらに子供が生まれてからきれいなお母さんになりたいと考えるのも、出産後の脱毛が人気の理由でしょう。一昔前とは違って今はお母さんもきれいであってよい、というかきれいであるのが当然という風潮です。ムダ毛が生え放題のお母さんよりもツルスベ肌のお母さんの方がご主人だけでなくお子さんも鼻が高いからです。
それとこの時期が比較的時間に余裕があることも一因です。お仕事をされていて産休の方は、この時期にやりたいことはやっておきたいと考えるからです。脱毛は人気なので土日などカレンダーで赤の日の予約はかなり厳しいのが現状です。産休が終わってカレンダー通りの出勤の場合、脱毛を再開してもなかなか予約が取れないという事態になる可能性が高いです。それを防ぐために、産休の今脱毛しようというわけです。

出産後の脱毛再開のタイミング

出産後はホルモンのバランスがすぐ元に戻るかというと実は違います。出産前、というよりも妊娠前の正常な状態に戻るまでには個人差がありますがかなりの期間を要します。つまり出産後すぐはまだホルモンバランスが乱れているので、脱毛の再開はNGです。それでは具体的にいつから再開していいのかというと、目安が生理です。生理が始まってその周期が安定したら再開してもいいと言われています。生理周期の安定というのがホルモンバランスが整った証なのです。
また産後間もないけれど、今どうしても脱毛したいと嘘をついて新規で始めるのもアリと言えばアリかもしれません。ただ、その場合効果の保証はないですし、何より肌がデリケートになっているのでやけどまではいかなくても炎症を起こしたりする可能性が高まります。ツルスベ美肌になるために通っているサロンで肌トラブルでは逆効果ですから、早くきれいになりたい気持ちはわかりますが、生理周期が整うまでは控えるべきです。
また生理周期が安定したとしても、体調不良の場合は施術は避けた方がいいでしょう。体調不良ということは肌もデリケートになっているからです。熱があったらそこばかり気にして気づかないことが多いですが、そんな時は肌も敏感になっています。せっかくとった予約を無駄にしたくない気持ちはわかりますが、肌トラブルを避けるために今は予約をキャンセルして健康な時に施術を受けましょう。

授乳中に脱毛していいのか

出産後に脱毛を再開するのは生理周期が安定してからということは分かったとして、授乳中はどうなのでしょうか。脱毛をしてもいいのでしょうか。
これも生理周期が関係します。授乳中でも生理周期が安定すれば脱毛してもいいですし、まだ安定していないなら再開はまだ早いです。ただ、授乳中に普段とはしない特殊な行為、つまり脱毛をすることで体がびっくりして母乳の出が悪くなるなどの副作用の可能性はあります。光が母乳の成分に直接悪影響を与えることは考えられませんが、間接的に出を悪くする可能性もあるので授乳中はできれば避けた方がいいかもしれません。
それに授乳中は精神的にも肉体的にも疲労がかなりたまっています。昼夜の区別のない赤ちゃんはお腹の空いた時、時間なんて関係なく母乳を欲しがります。お母さんはそれに合わせて寝起きしないといけないので、睡眠不足になるケースが多いです。さらに授乳という行為自体がかなり疲れるので疲労がたまったこの時期に脱毛を再開するのはあまり望ましくありません。
授乳していることを内緒にして出産後に脱毛を再開してもいいですが、それによって肌トラブルとなってもそれは自己責任です。早く脱毛したい気持ちはわかりますが、肌トラブルになっては大変です。授乳が終わって育児にひと段落し、体調も健康に戻って睡眠がしっかりとれるようになってからの再開がいいでしょう。授乳中は赤ちゃんを最優先にしてください。

ホルモンバランスと体調を考えて

出産後の脱毛再開タイミングや授乳中の脱毛の可否について説明してきました。
出産後はホルモンバランスが通常と違うので、それが正常に戻ってからの再開が望ましい。その目安が生理周期の安定です。授乳中の脱毛に関しては母乳の出が悪くなる可能性があること、そしてまだ母体の体調が戻っていないことからできれば避けたいことになります。
旦那さんにとってもお子さんにとっても、そしてもちろん自分にとってもいつまでもきれいでありたいのはわかりますが、それによって自分の体やお子さんが犠牲になってはいけません。子育ては大変ですが日々子供が成長する姿を見るのは楽しいです。出産後、授乳中というのはそんな子育ての中でも1、2年とほんの短い期間です。その期間ももちろん美容を怠らないのは当然ですが、心身共に疲れている状態なので自宅で手軽にできることだけにとどめるべきです。早くツルツルになりたいと思って手を出しても、肌トラブルになって中断するのが落ちです。この2年はしっかりと子育てに専念して、お子さんが幼稚園や保育園に入ることに脱毛を再開するのがおすすめです。平日の午前中であれば比較的予約も取りやすいですし、自分の時間ができて余裕ができてからの方が心身ともに健やかで肌トラブルになりにくく、脱毛の結果も出やすいからです。
子育てにひと段落して脱毛を開始できても、体調が悪い時、生理中の施術は控えましょう。きれいに脱毛するには健やかな状態で施術を受けることは忘れてはなりません。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン