座り込む男性の足

男性のニーズに合わせてご紹介!すね毛を薄くするおすすめ脱毛方法

脱毛というと、女性がツルツル体を求めて行うものだというイメージの方が多い思います。ところが、最近では男性も脱毛を行うようになってきています。特に、露出する頻度が高いすねを脱毛して、理想のすね毛にする男性が多くなっています。
男性の場合、女性に比べてすね毛が長くて濃いですが、どうしてこのような差が起こるのでしょうか?
男性の方が女性よりもすね毛が濃くなるのには理由があります。それは、男性ホルモンが分泌されることが要因となっています。
男性には、テストステロンとアンドロゲンと呼ばれる男性ホルモンが存在しており、これらのホルモンには子供から大人へと身体を変化させる働きがあり、その影響を受けやすい部位の一つが「すね」なのです。女性は、男性ホルモンを分泌しないためすね毛が濃くなることはありません。
男性の中でもホルモン分泌量の差によってすねの毛量も異なり、ホルモンが多く分泌される男性は毛が濃くなり、ホルモン量が少ない男性は薄くなる傾向にあります。
夏などの暑い時期になると、ハーフパンツなどを穿く機会も増えますが、男性の中には無駄に濃いすね毛が気になるという方も意外と多くいます。
しかし、脱毛サロンにまで通って脱毛するのは抵抗がある男性もいることでしょう。
そこでここでは、男性のすね毛を薄くするための効果的な脱毛方法について、「肌への影響」・「経済面」・「速効性」の3つの観点からおすすめの方法をご紹介します。

肌に負担をかけずに薄くする脱毛方法

すねの濃い毛を薄くしたいけれど、脱毛によって肌が荒れてしまうのは困るという男性もいることでしょう。また、毛は濃いけれど肌が弱いので脱毛が怖くてできないという男性もいるのではないでしょうか?
ムダ毛の処理には様々な方法があり、やり方によって肌への影響も変わってきます。
例えば、カミソリなどを使った剃毛は、費用も掛からず手軽にできるところがメリットですが、皮膚の表面に細かな傷を付けてしまうため、肌の弱い方はヒリヒリと痛みを感じることがあります。
また、クリームを塗って毛を溶かす除毛は、痛みはありませんがクリームが直接肌に付くため、人によっては肌に悪影響を与える可能性もあります。同様に毛の色を薄くして目立たなくする脱色も、肌に直接脱色剤が付くため、人によっては肌トラブルを起こす可能性があります。
肌トラブルの起こる可能性から考えると、これら3つの処理方法は肌にやさしいとは言えません。一番肌にやさしい処理法は、毛の根元から除去する脱毛法です。
脱毛にも、自己処理が可能な毛抜き、ワックス・テープなどや、サロンなどで受ける電気脱毛、フラッシュ脱毛、レーザー脱毛などがあります。
毛抜きは、ピンセットで毛を1本1本抜くことになり痛みが伴います。特にすね毛は毛が太くてしっかりしているため非常に痛いです。
ワックス・テープも痛みが伴い、広範囲を一気に抜くため毛を全て抜いてしまいがちになります。そのため、すねの毛を薄くする方法としては向いていません。
電気脱毛は、針を刺して毛を抜いていくためかなりの痛みが伴うため、最近ではほとんど行われていません。
肌に負担をかけずにすね毛を薄くするためには、自己処理や電気脱毛ではなく、サロンやクリニックで施術を受けるのが効果的です。
サロンでは、主にフラッシュ脱毛が行われており、痛みも少なく短時間で広範囲の処理が行えます。すねの毛量が多い方にはおすすめです。
クリニックでは、主に医療機器としても利用されるレーザー脱毛が行われ、よりピンポイントの処理が行えます。
どちらもアフターケアがしっかりしており、肌への影響面でも安心です。

リーズナブルにすね毛を薄くする脱毛方法

脱毛サロンやクリニックで脱毛の施術を受ければ、肌への影響も少なくアフターケアもしっかりしているので安心です。しかし、施術は毛の成長サイクルに合わせて行っていくため、1回で全てを脱毛することはできません。すねの毛量によっては何度か施術を受けることになるため、かなりの費用が掛かってしまう可能性があります。
では、リーズナブルにすね毛を薄くするには、そのような方法を選ぶと良いのでしょう?
お金を掛けずに脱毛するには、サロンやクリニックでの施術ではなく自己処理法で行うのが有効です。
自己処理法としては、毛抜き、ワックス・テープ、カミソリ、クリームなどがあります。
ワックス・テープやクリームなどの処理法は、すね毛を全て除去してしまうことになるので、毛を薄くする方法としては向いていません。毛抜き法は、1本1本抜くので好みの毛量に調整するとは可能ですが、痛みが強いためおすすめできません。
全くお金を掛けずに処理する方法としては、カミソリでの剃毛が良いでしょう。カミソリの中でも顔用の2,000円程度のものをすねに使用することで、より肌にダメージを与えずに毛を除去することができます。顔用でも剛毛の方でなければ使用できます。
長く期間で考えた場合で経済的なのは、家庭用脱毛器を購入して自分で脱毛する方法です。脱毛器により価格は異なりますが数万円で購入できるものもあります。サロンやクリニックで施術を受けるよりもリーズナブルで、プロの仕上がりになるのでおすすめです。

すぐに効果が出るすね毛を薄くする脱毛方法

すぐに脱毛効果を得られるすね毛を薄くする方法としては、ワックス・テープやカミソリ、クリームなどが良いでしょう。
サロンやクリニックでは、数回に分けて脱毛をしていくためその都度予約を取らなければなりません。従って、時間に余裕がなければ行えません。
ワックス(ブラジリアンワックス)は、ワックス広範囲に塗って一度に剥がすため1回で広い範囲の効果を得ることができます。また、テープやカミソリなども同様です。
しかし、効果が続く期間を考えた場合、これらの方法は即効性はありますが持続性は短いです。
因みに、比較的早く効果が得られ持続期間も長い脱毛方としては、家庭用脱毛器による処理が効果的です。
家庭用脱毛器なら、自宅で好きな時に処理が行えるので、サロンのように都合の良い日に予約が取れないといったこともないのでスムーズに脱毛を進めていくことができます。そのため、サロンやクリニックよりも早く効果を得ることができます。
また、ワックスやカミソリなどは、毛根を完全に抜ききることはできないため、すぐにすねの毛量が増えてしまいます。しかし、家庭用脱毛器ならサロンと同様の効果が得られるので持続期間も長いです。
理想のすね毛は男性それぞれで違うため、自分がどの程度の毛量にしたいか、いつまでにどれだけの持続期間が欲しいかによって、ワックスやカミソリでの処理にするか、家庭用脱毛器による処理にするかを選ぶと良いでしょう。

男性のすね毛を薄くする脱毛方法のまとめ

男性のすね毛を薄くする脱毛方法には、様々な種類があります。
剃毛や除毛、脱色などのやり方もありますが、これらは皮膚の内部に毛根が残っているため、しばらくするとまた毛が生えてきてしまいます。しっかりとした効果を得たい場合には、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛などがおすすめです。
肌に影響がない方法としては、自己処理ではなくサロンやクリニックで正しい施術を受けることが効果的です。プロや医師が施術を行うため肌へのダメージも最小限に留めるほか、万が一にはすぐに治療ができ、アフターケアも万全です。
経済的にすね毛を薄くしたい場合にはワックスやカミソリが良いでしょう。これなら、数百円~数千円という価格で行うことが可能です。
経済的にサロンのような仕上がりを求める場合には、家庭用脱毛器を使うのがおすすめです。1台数万円~ですが、サロンやクリニックに何度も通うことを考えると脱毛器を購入した方がお得です。
すぐに効果を得られるすね毛を薄くする脱毛法としては、ワックス・テープやカミソリがおすすめです。この方法なら、一度の処理で広範囲を一気に脱毛するのでスピーディーです。しかし、毛根を完全に抜ききることは不可能なため持続期間は短いです。サロンやクリニックほどの施術期間は掛からず、仕上がりと持続期間は同じくらいを求める場合には、家庭用脱毛器での処理が効果的です。
家庭用機器はどんどん進化しており、サロンと同等の効果が得られるものも登場しているのでおすすめです。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン