裸の男性

今のうちに知っておきたい!白髪を脱毛する上でのメリットデメリット

白髪といえば髪の毛に生えるイメージがありますが、髭や陰部にも白髪が生えることはあります。ただ、元々毛は白いのが基本であり、毛母細胞から作られる毛はすべて白くなっています。そこにメラニンが加わることで黒い毛になります。要するに、白髪の原因はメラニンがなくなってしまったことによるものです。問題はなぜメラニンがなくなったかですが、考えられる原因としては、加齢によるもの、血行不良、ストレスなどがあります。

白髪になる順序としては、鼻毛から始まり、頭頂部やあご髭の部分、前頭部や口髭となり、陰部やまゆ毛となっていきます。陰部に生え始めた時点でもう全身が本来白髪であったとしてもおかしくないような状態であると言えます。にもかかわらず、1か所だけやたら白く、他が黒いままという時には何かしらの問題を抱えているがゆえに白くなっているということが考えられます。栄養そのものが不足している場合や髪の毛に栄養が持っていかれているということもあります。

中には、この状態に耐えられないと脱毛を検討する人もいます。脱毛をしてしまえば、白髪に悩まされることもなくなります。ただ、実際にどのような形で脱毛するのかを知らない人がほとんどです。実は通常の脱毛とは違うやり方をとるため、実際に脱毛する段階になって知る人もいるほどです。メリットやデメリットなどを知り、脱毛するかどうかを考える際に知っておきたいことはたくさんあります。

白髪はどのように脱毛できるか

通常、脱毛はレーザーなどを使って行います。メラニンの黒い部分に照射し、毛を焼いて脱毛していくのが一般的ですが、この場合、白髪であるためこの手法をとることはできません。レーザーや光脱毛などのやり口ではできないため、別のやり方が必要です。

ここで注目されるのがニードル脱毛などのいわゆる電気脱毛です。方法としては毛穴に細い針を入れます。そこに電気を流し、その力で脱毛をするのが電気脱毛です。電気脱毛は元々さかさまつげの治療のために開発されたものです。この場合、毛の黒さ、白さは関係なく、肌の色なども不問となります。このため、電気脱毛であれば可能ということになります。

実際に脱毛できるまでの時間はだいたい1年、1年半となっており、多少の時間を要します。これは1つずつ毛穴に針を刺していくことが要因であるものの、その分、安全性も高く効果も抜群です。また永久に脱毛することができ、肌への負担もありません。こうした電気脱毛は多くのサロンで実践されており、その効果の高さから脱毛に関心の男性のほとんどが行っています。

レーザー脱毛などの場合にはメラニン色素のあるものしかできないなど、制限が色々とありますが、電気脱毛の場合は産毛であっても対応をしてくれます。気になるところに毛が生えているという場合にはすべてを電気脱毛によって取り除くということが可能であり、時間をかけてでもそうするという人もいます。

白髪を脱毛するメリットとは

メリットとしては、自然と量を減らすことができるというものです。髭の場合、白いものや黒いものが混在していると、年を取っている感じだけでなく、手入れがあまり行き届いていないのではないかという印象を与えることになります。陰部の場合も同様であり、人に見られて恥ずかしい思いをすることがあります。脱毛する場合、電気脱毛ということになりますが、電気脱毛のメリットは自然に脱毛をすることができるという点です。そのままの状態から脱毛を始めるため、自然と量を減らすことができるようになります。

髭の場合でも段々と減らしていき、手入れをしていくことができるようになり、陰部の場合でも黒さを維持し、白髪を取り除くことが可能になります。年を重ねると段々と増える白い毛に老いを感じてしまい、ごまかそうとしますが、自然に脱毛をしていけば、誰からも気づかれることなく白髪を取り除くことができます。特に髭は白と黒が混在しだすと、色々なデメリットが出始めるため、髭の量を減らすこと、かっこよく整えること、黒い髭をできるだけ残しておくことなど様々な要素から電気脱毛をすることでメリットになっていきます。

頭の毛のように染めることができればいいですが、髭や陰部のように染めることが決して得策ではないこともあります。その際には電気脱毛を利用して、対策を立てていくということがこの2つに関しては得策ということになっていきます。

脱毛するデメリットはあるのか

一方、デメリットですが、脱毛する上でかなりの痛みが伴うというのが特徴です。レーザー治療でもチクッとした痛みがあり、光脱毛でもある程度の痛みが見られますが、電気脱毛の場合は電気を流すことから、電気特有のしびれがいくらか続きます。レーザーや光が一瞬で済むのとは対照的に、数秒ほどその痛みが続きます。これを何度も繰り返すことから、初めてやる場合にはその痛みに苦悶する人、必要以上に緊張する人などもいるほどです。

また、電気脱毛では針を刺すため、その痛みも耐えなくてはなりません。クリニックやサロンによっては麻酔をしてくれるところもあり、もし不安であればこうしたものを利用していくことが必要となります。デメリットとしては痛みに耐えることがメインとなりますが、他のデメリットはそこまでないのが実情です。逆にいえば、日焼けしてからだと治療が受けられない、色素沈着しているから難しいといった他の脱毛方法のようなデメリットがなく、むしろどのような状態であってもすることができる、オールマイティーなやり方であることが言えます。

あとは美容サロンとクリニックで値段が違うことが多々あります。血液検査や針の費用だけで結構掛かることもあれば、時間を多くかければかけるほどお金がかかる場合、本数で費用を計算する場合など様々であるため、そのあたりの比較を事前にしておき、どこを脱毛してもらうか決めておくことも大事です。

ない方がスッキリすることが多い

白い毛があろうとなかろうと特に何らかの不利益が生ずるということはないものの、見た目の問題としてない方がスッキリすることが多いと言えます。黒々した毛は若さの象徴であり、できれば黒々とした毛を維持したいものです。そのために染めるなどして黒さを維持しようとします。髪の毛であればそれでもいいですが、髭や陰部はそういうわけにもいきません。そうした時に電気脱毛をするだけで見栄えが良くなり、気分も若くなるメリットがあります。

すべてを脱毛するとなるとかなりの費用がかかるため、最初はお試しでやってみるということが大切です。髭の中でも目立たないところをやってもらい、痛みがどれだけあるのか、施術時間はどうなのかなどを知り、本格的にやるかどうかを決めることができます。白い毛が気になりだすのは40代50代であることから、その年からサロンやクリニックに行くことに抵抗を感じる人も多いかもしれませんが、実際に40代50代、はたまた60代以上の人でもこうしたところに通っており、脱毛をしてもらっているケースもあります。

電気脱毛は毛の処理を必要とせず、むしろ毛の処理をしてしまうとしにくくなってしまうため、そのあたりの準備も気楽です。パートナーに見られて、脱毛してもらっているのかとバレることもありません。誰にも気づかれず、自然に処理をすることができ、今までずっと黒さを維持してきたかのような形にすることも大いに可能となります。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン