キスする男女

髭の白髪の脱毛方法とその効果とは?

男性の中には「男らしさ」という効果を狙ってか髭を生やしている方もいらっしゃると思いますが、若い頃は濃い髭であったにも関わらず、年齢を重ねるごとに白髪がまざってきてショックを受けてしまう方も少なくはないのではないでしょうか。早い人では、30代くらいから白髪まじりの髭が生えてくるケースもあるようです。室内にいる時はともかく、屋外で太陽の光に当たった時などに非常に目立ってしまうので、それに頭を悩ませる人も少なくはありません。また、髭の中に白髪がポツポツとまざっているのは「ゴマ塩」と揶揄される事もあり、それを気にする方もいらっしゃいます。人によっては、毛抜きを使って1本1本白髪を抜くという涙ぐましい努力を重ねる方もいらっしゃるほどです。そのような悩みの種である白髪ですが、自己処理で抜いていくのはとても大変ですし、自己流だとどうしても肌を傷めてしまったり怪我をしたりするリスクも伴います。サロンなどで脱毛をする事が出来たらとても便利ですよね。では、果たして髭の白髪脱毛は可能なのでしょうか?
結論から言うと、それは可能です。通常の脱毛の施術の方法の全てが当てはまるというわけではありませんが、「電気脱毛」という方法を用いる事によって髭の白髪を処理する事が出来ます。
エステティックサロンは女性が美容の面を磨く為に存在すると考えられがちですが、近頃ではこのような髭の白髪などの悩みを解決する為のメンズエステも多く存在します。プロの施術を受ける事により、より高い効果が期待出来ます。

髭の白髪の脱毛方法とその効果とは?

髭の白髪を施術する場合は、どの方法でも何でもかんでも利用出来るというわけではありません。脱毛の種類としては非常に歴史のある「電気脱毛」という方法を用いる形になります。これは、針脱毛、あるいはニードル脱毛と呼ばれる場合もあります。その方法は、1本1本の毛穴に対して直径約0.1mm程度の針を刺し、電気を通して毛根を破壊して処理をしていくという内容です。この毛穴に針を通すという細かい作業は、サロンのスタッフの手作業によって行われ、1本1本を丁寧に処理していきます。その為、非常に満足のいく効果が期待出来るという事で人気を集めています。このように目に見える効果が得られる電気脱毛ですが、他の脱毛方法と比較した時に痛みは強めになります。もちろん、痛みの感じ方には個人差がありますし、それぞれのサロンによってもかなり違って来ます。口コミなどを調べながら、極力痛みが少ないサロンを選択するのも一つの手です。サロン選びの際に注目すべきポイントは、スタッフの施術件数です。電気脱毛では、毛穴に針がスムーズに入るか、あるいは逆に余計な所に刺さりながら入るかでは痛みの度合いが格段に違って来ます。色々な所に刺されば刺さるほど余計な痛みを感じてしまうというわけです。針をスムーズに挿入する事が出来る高いスキルは、スタッフ一人一人の知識や経験が大きく影響します。こなしてきた施術の回数がそのまま技術力に反映されると言っても過言ではありません。また、保湿ケアなど、施術プラスアルファの要素まで考慮した上で、自分の希望に合ったサロンを探していく事が大切であると言えます。口コミなどを調べる際に、効果の有無を気にするのももちろんですが、細かなアフターフォローがなされているかも確認すると良いでしょう。

髭の白髪脱毛ができない方法とは?

脱毛の種類は大きく3種類に分ける事が出来ます。それは、「レーザー脱毛」「光脱毛」「電気脱毛」です。白髪脱毛には電気を利用した施術が用いられ、高い効果が期待出来るという事は上記で述べましたが、他の2つの方法に関しては一体どうなのでしょうか。
レーザー脱毛と光脱毛は、両者ともに同じ原理で毛の処理が行われます。光の特性として、黒い色に熱を吸収されやすく、白い色には吸収されにくい、というものがあります。その為、日本人の肌に光を当てた際、ほとんどの場合は毛の色の方が黒く、肌の色の方が白いので、熱は黒い色である毛の方に集中します。その光の熱を使用して、毛を処理していくのが、レーザー脱毛や光脱毛、というわけです。その為、色の白い白髪は光の熱を集める事が出来ず、毛を処理する事が難しいので、レーザー脱毛や光脱毛は使用出来ないという事になります。
とあるサロンが、髭の白髪を黒く染めた場合であれば光脱毛の効果が見られるのではないかという仮説を立てて、実際に実験をしてみたそうですが、その結果はやはり施術をする事が出来なかったのだそうです。例え白髪を黒く染めたとしても、毛穴の中の毛までは染める事は出来なかったので、光の熱を集める事が出来ずに脱毛までは至らなかったのだと言います。やはり、毛穴の中まで完全に毛が黒い状態にしないとレーザー脱毛や光脱毛をする事は不可能だという結論になります。脱毛の種類そのものとしては色々ありますが、髭の白髪に関しては電気を利用した方法のみが可能でありきちんと効果を発揮するという事を覚えておきましょう。

髭の白髪脱毛をする時の注意点とは?

髭の白髪脱毛をする場合により高い効果を実感する為には、いくつかの注意点があるのでそれらに気をつける必要があります。
まず、施術前にはコーヒーなどのカフェインの摂取を控えなければなりません。カフェインを摂取する事によって神経は敏感になります。その為、痛みを感じやすくなってしまう恐れがあります。電気脱毛を行う際には、施術の前にはコーヒーや緑茶、チョコレート、あるいは滋養強壮剤などを摂らないように気をつけましょう。
また、事前に体調を整えておく事も大切です。例えば、寝不足や二日酔い、風邪などの体調不良の際は、通常と比べて脱毛時の痛みをより強く感じてしまいがちです。なので、脱毛前にはしっかりと体調を整え、十分な睡眠時間を確保するようにしましょう。どうしても体調がすぐれない場合は、無理して脱毛をせず、日程を延ばしてもらうのも一つの手です。サロンを選ぶ際に、あらかじめ日程の変更がききやすいところを選ぶようにするのも良いかもしれません。
さらに、施術を受けた日には入浴や飲酒は控えるようにするのが望ましいでしょう。赤みが出たり、痒みが出たりする方もいらっしゃいます。せっかく脱毛の良い効果が出ても、肌に異常が出てしまってはその喜びも半減してしまいます。軽くシャワーを浴びるくらいに留めて、また、脱毛を行った部位は極力触らないようにしましょう。
最後に、電気脱毛を行った場合には、個人差はあるものの数時間に渡って赤みが出来たり、小さな瘡蓋が出来る場合もあります。髭の脱毛は敏感な場所でもあるので、初回は施術範囲を小さめにして、自身の肌の反応を確認する事も大切です。また、気になる事は遠慮をせずにサロンに相談すると良いかもしれません。
脱毛に関して効果を感じやすくする為にも、自己管理はきちんと行うようにしましょう。

髭の白髪脱毛でコンプレックス解消!

このように、「電気脱毛」という方法を利用する事によって、髭の白髪の悩みに関して高い効果が得られるという事が分かりました。今や、美容は女性だけの問題ではありません。清潔感が命のビジネスマンや、子どもや孫にとって自慢の父や祖父でありたいと願う男性など、多くの人々が自身の外見を磨く為に努力をしています。
髭の白髪の施術はどちらかと言うと難しめで、技術が必要な施術なので、自分に合うサロン選びが非常に重要です。痛みに弱い、皮膚が敏感など、自分の特性を考慮しながら選んでいく必要があります。効果はあるものの痛みが付きものの電気脱毛ですが、実は、最近では技術が飛躍的に進歩していっているのと品質の良い薬剤が開発されて来た事により、一昔前と比較して痛みが軽減されて来ているとのデータもあります。同時に、感染のリスクも激減しているのだそうです。男性の髭の白髪の解消の需要が増加しているのに比例して、医療の方面でも日々あらゆる発展が見られているという事になります。より気軽に施術を受けるが出来る環境が整えられて来ている事が分かりますね。さらに、現段階では白髪の脱毛が不可能なレーザーや光を用いた方法ですが、日々研究が進められていて、施術が可能になるのもそう遠い話ではないと言われています。施術の方法の幅が広がる事によって選択肢が増えて、より自分の希望に合った、効果の期待出来る方法を選べるようになる事でしょう。
コンプレックスを解消するのに男性も女性もありません。プロの技術を利用して、日々の生活をより楽しいものにしていく事が出来ると良いですね。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン