強い日差し

脱毛後にしみができないようにしっかりと紫外線対策を

脱毛はとてもデリケートなものですので、処理後に様々なトラブルが起こる可能性があります。よく見られるもので比較的軽い症状に赤みや痒みがありますが、この程度なら放っておいてもよくなる可能性があります。多くは一時的な症状であり、自然に少しずつ改善されていきますので、それほど心配する必要はありません。ただし、このような状態の時には刺激を受けると他のトラブルに発展する可能性がありますので、日常生活や肌ケアには十分に注意しなければなりません。
少し重いものになると毛のう炎があります。脱毛後に毛のう炎が引き起こされるのは、ムダ毛処理の前にきちんと肌を綺麗にしておかなかったか、脱毛後に毛穴が開いた状態の時にバイ菌が入ってしまったかのどちらかがです。毛のう炎は痛みを伴うことが多く、上から刺激を受けると跡に残ってしまう可能性が高いので気を付けたいところです。
脱毛後のトラブルとして一度症状が現れてしまうとなかなか改善されないのがしみです。脱毛後は普段よりも肌が敏感になっていますので、しみのできる確率が高くなってしまいます。いつも通りの過ごし方をしていると、いつの間にかしみができてしまうこともありますので、脱毛後は普段より優しいケアを心がけなければなりません。
このように、脱毛後には色々なトラブルが起こることが予想されます。特にケアが必要のないものから、きちんとケアを行わないと症状が長引くものまで様々です。

しみができるメカニズム

肌にしみが現れるのは、紫外線をはじめとした外的刺激に接することで肌中のメラニン色素が増えるからです。メラニン色素は常に少しずつ生成されており、これは肌を守るための防御反応ですので正常な働きです。メラニン色素を作ることで刺激に負けないようにと対抗しているのですが、紫外線などの外的刺激を受けると生成量が急激に増えて排出が追いつかなくなります。生成量の方が多くなると、肌には少しずつ排出されなかったメラニン色素が溜まっていってしまい、それが一定量を超えるとしみとなって現れます。
このように、生成量が関係していることであり、普段気にせずに過ごせているのは排出量の方が多いからです。どんなにたくさん生成されても排出量の方が上なら表立ったトラブルが現れませんので、肌中でメラニン色素が排出されていることにも気付きません。
ただし、長い間蓄積されていくようなものですので、数年後や数十年後に急にしみができることもあります。紫外線を浴びても影響が現れないからと無防備な状態で日差しを浴びてしまっている人は既に大量のメラニン色素が蓄積されてしまっている可能性がありますので、今後の対策を徹底的に行わなければなりません。それまでは全く影響がなくても、ある日突然しみや色素沈着が起こることもあります。そうなる前に対策を行うことが重要であり、できれば生成量よりも排出量の方が多くなるように気をつけなければなりません。

脱毛後にしみができる原因

脱毛後にしみができるのには、大きく分けて二つの要因があります。
一つ目は、脱毛自体の刺激によって肌中のメラニン色素が増えてしまうことです。脱毛は肌に刺激を与える行為ですのでよほど気をつけないと肌を良い状態に保つことはできません。特にムダ毛がすぐに再生してくるような方法で脱毛を行うと、短期間のうちに何度も処理を繰り返すことになり、回復し切らないうちにダメージを重ねることになってトラブルのリスクは高くなります。
ダメージが蓄積されると肌がヒリヒリしたり赤みがなかなか引かなくなったり、毛穴が開いたままになったりといった変化が現れますが、多くの人はその変化に気付かずにそのまま処理を繰り返してしまいます。それが長い間繰り返されていると、肌はスムーズに回復するすることができなくなってより大きなトラブルにつながってしまいます。
また、脱毛後の肌に紫外線を浴びることでもリスクは高まります。脱毛後は普段よりもデリケートな状態になっていますのでちょっとした刺激にも過敏に反応してしまいます。そこに肌に負担を与えるような紫外線を浴びてしまえば抵抗する力が弱っている時ですので容易にトラブルが現れます。紫外線対策は顔に対してはきちんと行っているという人がとても多いのですが、体までは特に行わないという人も大勢いますので、脱毛後に無防備な状態で日差しを浴びてしまうケースが多いようです。
これらの要因によってメラニン色素が増えることでしみができやすくなります。

脱毛後にしみを作らないようにするには

脱毛後にしみを作らないようにするために対策として、まず最初に検討したいのが脱毛方法の変更です。一時しのぎの方法で処理を行うとリスクが高くなりますので、ムダ毛が再生してこないような方法を試してみる必要があります。最近では色々な施術が用意されていますが、その中でも光脱毛や医療レーザー脱毛は肌への優しさで定評があります。特に光脱毛は刺激が小さく痛みもほとんど感じない方法ですので、初めて施術を利用する人でも安心して受けることができます。これらの施術を受ければムダ毛が再生してこなくなりますので、脱毛後の肌トラブルに悩まされる心配がなくなります。特にムダ毛が濃い人は一時しのぎの方法では頻繁に処理を行わなければなりませんので、再生してこないような方法を選ぶことが有効な対策となります。
また、脱毛後に処理を行った箇所にも紫外線対策を行うことが非常に重要です。紫外線を浴びる箇所はどこでもしみが発生する可能性があり、無防備な状態でさらすのを避けなければなりません。日焼け止めをしっかりと塗って、できれば帽子や日傘などのグッズも上手く活用しながらできるだけ紫外線を浴びないようにすることが大切です。紫外線対策は夏だけに必要というわけではなく、実は一年中必要です。ただし、季節によって紫外線の強さが異なりますので、その時々に応じた強さの日焼け止めを塗るようにします。徹底した紫外線対策はしみのない肌を作り上げます。

脱毛後のトラブルを避けるために

脱毛後に肌トラブルはつきものです。特に肌の弱い人は肌トラブルを繰り返している人もいますが、繰り返しているうちに抵抗力はどんどん弱まって、ダメージも蓄積されて深刻な状態になります。そうなる前に対策を講じることが必要であり、脱毛後に肌トラブルが起こるのは処理方法に問題があることを理解して、負担のかからない脱毛法を選ばなければなりません。再生してこないような方法で処理を行えば、その後は処理が必要なくなりますのでダメージを与えることがありません。肌を良い状態に保ちやすくなりますし、肌中で生成されるメラニン色素の量も減りますので、しみや色素沈着を予防することができます。
脱毛後の紫外線対策もとても重要であり、普段でも肌トラブルにつながるような紫外線を脱毛後に浴びるとリスクはかなり高くなります。特に脱毛によって皮膚が荒れていたり炎症が起こっている箇所があるとトラブルは容易に起こります。ですから、できるだけ紫外線を浴びないようにしながら少しでも早く元の状態に戻るようにケアを行わなければなりません。
普段から肌のコンディションをしっかりと把握して必要なケアを行っていけば、肌は抵抗力を取り戻して外的刺激にも負けないようになります。外的刺激に対抗する力が養われると紫外線による影響も受けにくくなりますし、脱毛の処理自体でもそれほど負担がかからなくなります。脱毛後は普段よりもデリケートであることを理解して、必要な策を講じることが何より重要です。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン