織物シート

生理中の脱毛はできるのか効果や施術での体毛や体への影響について

女性には毎月の生理があるため、生理中にも脱毛の施術を受けられるのか、気になるところです。レベルを下げると効果も下がりますが、肌への影響があるので無理はしないことです。

生理中の脱毛への効果

脱毛をするにあたり女性の場合は、毎月の月経とも向かい合う必要があります。生理中にもしも脱毛をするとしたら、刺激を感じやすくなります。施術の照射出力を下げることで、脱毛の効果は下がります。しかし肌への影響を受けやすい時期が生理の時でもあるため、自分の体を第一に考えてお手入れを計画する必要があります。

女性たちの体と心は自分のものでありながら、体内で変化をする女性ホルモンの影響を受けています。女性は心の浮き沈みが激しく、生理が近づくとイライラしやすくなりますし、気持ちもブルーが入りやすくなります。

精神的な影響も大きいですが、肉体的にも腰痛やお腹の痛みを感じますし、貧血や体力の低下を感じたり、アクティブな活動は制限されます。生理の時には皮膚がとても弱くなるので、普段は平気な脱毛の施術は、いつもとは異なり痛みを感じやすいです。

生理は病気ではなく健康女子には必ず必要なこと、しかし生理期間は確実に女子の体内は、ホルモンバランスの乱れで弱くなっています。この期間は肌への刺激がある行為は、控えることが大切です。

皮膚への刺激となる行為はできるだけ避けるとなると、クリニックやエステサロンでの脱毛も、できるだけ控えたほうが良い子となります。ただし元気な状態であれば、デリケートゾーン以外の脱毛は、特には禁止していない施設の方が多いです。

エステサロンの中には全面的に、生理の時にはお手入れしないサロンもあるので、確認は必要です。

生理中は脱毛できるのか

生理中は脱毛できるのか、女性の肌毛を希望する人が多い中で、生理中は施術可能化を確認しなければなりません。基本的に生理中の脱毛は、利用をするエステサロンや、美容クリニックの方針と判断により異なります。

ただ生理の時には、デリケートゾーンの脱毛は、基本的にはお休みになります。出血をしている時期に、デリケートゾーンはとても敏感な状態であり、肌だけの問題ではなくなるので、VIOラインは生理の時には施術はしていません。

多くのエステサロンや美容クリニックでは、生理の時には脱毛の施術を推奨はしていません。生理の時にはホルモンの影響が大きく働いて、脱毛の施術をいつもどおりに施しても、思いのほか脱毛効果に繋がらない可能性があるためです。

女性は自分の体の変化に気が付いていますが、生理の時になると、五郎よりも心は揺らぎますし、体もベストなコンディションではなくなります。体は非常に敏感で弱い状態、この時期に脱毛をしても効果は高くは期待できないばかりか、肌へのマイナスの影響が懸念されます。

健康な状態の人が安心をして受けることが出来るのが、エステサロンや医療クリニックでの脱毛という施術方法です。生理の時には女性は、いつもよりもだいぶ弱い状態です。肌も弱く敏感で痛みも感じやすい時に脱毛をすると、痛みはさらにひどくなります。

そのため生理の時には脱毛を控えたほうが賢いですし、エステサロンによっては、生理期間は完全に脱毛をしないサロンもあります。

ホルモンバランスの変化の仕組みと影響

ホルモンバランスの変化の仕組みと、生理時期の脱毛による体や肌への影響について、脱毛を始めるなら知っておきましょう。女性は常に体内の、ホルモンの影響を受けています。男性と比べても女性は、気分のアップダウンが激しく、体調の浮き沈みも大きいもの、その多くはホルモンからの影響が関わります。

女性ホルモンが変化するのは、毎月の月経にも関わりがあります。女性ホルモンは、プロゲステロンとエストロゲンから成立をしていて、女性の心身にとって大きな影響と作用をもたらしています。

女性らしさを導くのはエストロゲン、妊娠や基礎体温を上げるのに必要なのはプロゲステロンです。基礎体温を測ることでも、女性ホルモンが順調に分泌をされているか、知ることはできます。

女性は生理中の時期は、大きくホルモンのバランスが乱れるため、通常よりも脱毛の効果が出にくくなります。月経の周期には4つの時期があり、月経期と卵胞期、排卵期に黄体期があります。体内ホルモンの状態は、まさに生理中に大きく乱れます。

生理の時には痛みを生じやすく、そのためにレベルを下げて照射すると、今度は脱毛の効果が下がることになります。刺激を感じやすいために、無理に照射レベルを上げることは、皮膚への大きな負担です。

女性の体内では、およそ28日から30日ほどで、一定の周期をめぐりホルモンは、増加をしたり減少をしたりして変化をしていて、生理が大きく関わります。

生理中でも施術ができるサロンやクリニック

生理中でも施術ができるサロンやクリニックを利用することで、生理でも脱毛を受けることができます。エステサロンは生理期間はとても慎重になっているため、生理だからお手入れはお休みの施設はあります。デリケートパーツはお休みでも、ほかのパーツは施術可能なサロンは、意外と多いので確認をしましょう。

生理のときには光脱毛の、弱い照射でさえも肌に問題を生じることは、ゼロではありません。スケジュールをずらせるようであれば、ほかの日程にすることも検討をしてみることです。ただ光脱毛はマイルドな脱毛方法、体調も良いようであればあまり神経質になることは愛でしょう。

大手のサロンでもお客さんの脱毛周期を乱さないためにも、効果をより引き出すためにも、周期を守ってのお手入れで対応をするサロンは多いです。

美容クリニックの場合も、ほとんどがVIOパーツ以外は、生理の時でも対応をしています。美容クリニックの場合は医療機関ですから、肌への問題が生じた時でも、すぐに医療での対処をすることが可能です。

医療クリニックはレーザー脱毛になるため、痛みをサロンよりも感じやすくなります。生理の時は施術可能ではありますが、無理に痛みを我慢して受けないことです。

効果は下がりますが生理の時にレーザー脱毛をするならば、照射の出力を下げてもらうなど、自分の肌に感じる刺激とも相談をすることは大事です。なるべく生理の時には、レーザー脱毛はお休みのほうが安心です。

生理中の脱毛における様々な影響 

生理中に脱毛をすると効果が落ちると言われますが、他にもいろいろな影響を感じやすくなります。脱毛効果を最も感じやすいのは、ムダ毛のヘアサイクルに合わせて、順調にお手入れに通うことです。

生理の時には肌へのダメージが強くなるので、いつも通りの施術をしても、皮膚は痛みを感じやすいです。肌には赤みが生じたり、かゆみを感じることもあるので、生理の時には積極的には、脱毛をしないほうがいいでしょう。むしろ生理の時には、肌と自分に対して優しくする時期、穏やかに過ごすほうが得策です。

素肌は清潔にして、ホームケアでの保湿を十分にしてあげることです。生理の時はただでさえも、精神的に情緒不安定になりやすく、キレやすくもなります。穏やかに自分をいたわることで、メンタル的な安らぎを感じやすくなります。

自分の部屋で穏やかに、アロマの香りを漂わせて、軽いストレッチをしてもいいでしょう。生理の時には体調の不調を感じる時、ハードな筋トレはふさわしくはありません。

ストレッチは筋肉をほどよくほぐしますし、疲れをリセットさせることになります。生理の時でもストレッチは、やったほうが良いことです。冷えやすい生理の時期には、冷たい飲み物と食べ物は控えます。

白湯を飲んだり、ホットのハブティーを飲むのも良いでしょう。根菜類をたっぷり入れた、お味噌汁を飲むことでも、体は温まりやすくなります。生理の時は女性は、自分の心と体に優しくする時期です。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン