足を脱毛している女性

脱毛をサロンと医療機関で行う時の違いはどこにあるのか

春を過ぎる頃になれば、夏の準備を早めにしなくてはと急かすように脱毛のCMを見かけるようになります。女性であれば可愛い服を着て海へ山へと出かけたいですが、その時に見える手足やうなじなど、いろんな部分の無駄毛が気になってくるものです。普段から自分自身でかみそりやシェーバーを使って処理をしている方も多いのですが、手足や脇などの見える部分ならまだしも、背中や首周り、VIOラインなどの細かいパーツになると自分で処理をし続けるのは困難です。自己処理から卒業したいと思った時には脱毛サロンなどを利用してしっかりとプロの手によって脱毛をしてもらうのがいいのですが、サロンだけでなく最近は多くの医療機関でも施術をしてくれますので、どちらがいいのか違いがよく分からないと言う声も良く聞きます。最終的に時間をかけてどちらも無駄毛の処理をしていくことには変わりがないのですが、使っている機械や施術の方法、そしてどの範囲を処理できるのかなどが違ってきます。回数や価格、通う期間などたくさんの違いがありますので、自分が脱毛に対してどこまで時間やお金をかけられるのか、効果をどこまで求めるのかによっても選ぶお店は変わってきます。今は多くの脱毛サロンや医療機関が乱立していますが、その分選択肢の幅は広いともいえます。自分の通いやすいお店を見つけて、きちんと最後まで通うことで綺麗な脱毛を終えて無駄毛のないお肌が手に入るのです。

脱毛するお店や機械に種類がある

脱毛をしようと思ってお店に予約を入れようとしたとき、エステサロンや医療機関どちらがいいのかと考えたことはないでしょうか。良く見かけるのはエステサロンですが、エステの施術の一環として取り扱われているため、脱毛する時には医療機関ほどの威力はありません。光を使った脱毛方式で、フラッシュ、IPL、SSCなど機械によっていろんな名前で呼ばれますが、光を使っているという基本部分に違いはありません。比較的痛みも少なく、冷却ジェルを塗りながらカメラのストロボのような光を当てて処理したい部位に施術を行っていきます。手頃な価格で利用できるサロンも多いですから、学生やなるべく安い費用で脱毛をしたい時にも向いていると言えるでしょう。広い範囲の施術も得意なので、前進をきれいにし隊時にも手早く施術をしてもらえます。もう一つサロンで行われている脱毛には電気を使った方法もあります。この手法は一本ずつニードルを使って電気を流して無駄毛にアプローチしながら脱毛を行います。光を当てる脱毛はメラニンに反応していくのですが、産毛や白髪になると反応が殆どなくなってしまうため、中々効果を得にくいのです。そうした場合でも綺麗にしてしまいたいと思う箇所がまだあった時には電気脱毛も併用して直接無駄毛にアタックして綺麗にしてしまいましょう。ただし、どの施術よりもかなり痛いのでその点は他のサロンとの違いの一つともいえます。

医療機関で行える脱毛の内容

医療機関で行える脱毛は、さらに強い出力での施術が可能なレーザー脱毛です。基本の仕組みとしては、照射したレーザーの熱が毛を伝って毛根まで届いて破壊し、毛が抜け落ちてもう生えてこない状態になります。毛のサイクルがありますので、休止期の生えていない毛に対しては熱も届けられませんので、必要な回数は通い続けてことになるのは違いがありません。医療機関で使われているレーザーには幾つか種類がありますので、違いを知っておくと自分がどこを選べばいいのかも分かりやすくなるでしょう。良く利用されているのはアレキサンドライトレーザーで、冷却ジェルなどを使わずに施術が行えて日本人の肌とも相性がよいと言われています。ダイオードレーザーは比較的傷みが少なく低刺激とされていますが、ジェルの使用があります。ロングパルスレーザーはその名のとおり深い部分までレーザーが達するので、肌の色が黒めの人や男性の髭など、毛が濃い場合に適しています。レーザーはメラニンに反応するので日焼けをしている時には施術をしてもらえないこともあるのですが、YAGレーザーだと日焼けしていた場合でも対応してくれる時がありますので、相談をして脱毛できるかと良いでしょう。利用したいと思った医療機関でどんな機械が使われているのか、違いなども分かりにくいかもしれませんが、無料カウンセリングはどこでも行っているので、その時に脱毛内容の質問したり肌の悩みも相談しておくと安心です。

サロンと医療機関での違い

利用するお店が違えば、施術の内容、結果も違ってきます。ただ、体毛の状態は個人差があるので、同じお店を利用しても必ず同じ結果になるとも言えません。サロンの場合はキャンペーンなども多く、かなり費用も安いです。満足できる結果を得られる回数の目安としては15~18回、毛量によってはそれ以上かかることもあり、2~3年ほどは頑張らなくてはいけません。予約が取りにくいお店が多いので、施術を終えたら次の予約も必ず取っておくことをおすすめします。医療機関だと若干費用はかかるのですが、以前に比べればかなり安くなってきています。また、回数の目安は6~8回から10回程度です。その為、脱毛を終える期間は1年から1年半ぐらいをイメージしておくと良いでしょう。痛みは強いですが、麻酔もありますし肌トラブルが合った時にもお医者さんに相談できる安心感があります。どちらで脱毛をするのが良いのか迷うと思いますが、自分で違いを比較してどこに重点を置くのか考えてみて下さい。早く終わらせたいのか、それとも安いほうがいいのか、などです。サロンも医療機関もいきなり施術をすることはなく、まずはカウンセリングを行って、どの部位を綺麗にしたいのか、肌トラブルなどはないかなどをじっくりと話し合うことが出来ます。時間に余裕があるのなら、幾つかのお店にでかけてみて、キャンペーンや体験を利用して違いを実感するのも良いでしょう。

脱毛の違いを理解して綺麗になろう

たくさんのサロンや医療機関がありますが、どちらも脱毛が出来ることには変わりありません。共通しているのは、「一回で無駄毛が全部なくなるわけではない」ので、夏までに綺麗にしたいなどの目標を決めて、そこから逆算して通うことをおすすめします。毛周期の関係上、どうしても一度では施術を終えられません。費用や回数意外にも、施術時の痛みも違ってきますし、お店全体でキャンセルについての対応や途中で通えなくなった時の返金方法なども違ってくるので、契約前にしっかりとお店側と話し合うことが大切です。また、多くのお店でどんな機械を使っているのかまでは分からないこともありますので、最初のカウンセリングの時に聞いておくようにすることで慌てずに済みます。脱毛をして綺麗になるためには時間をかけて丁寧な施術をしてもらうことになりますので、最後まで通えそうなお店かどうかも見ておきたいポイントです。どのパーツの施術をする場合でも、細かな範囲も違ってきますし、費用にも関係してきますので、間違いのないように比較をしておきましょう。主に検討する点は予算と脱毛にかけられる時間、回数です。最低限綺麗にしたいのか、それとも完璧に無駄毛がなくなるように脱毛するのかでは全く違うからです。脱毛も最後まで終えて毛がない状態になれば本当にすっきりします。無駄なく脱毛が出来るように自分でも利用したいお店はしっかりと考えましょう。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン