水着の女性

VIO脱毛も可能な痛みが少ないおすすめの脱毛器とは

夏の季節に向けてムダ毛の処理をしっかり済ませておきたいと思っている女性はかなり多いと言われています。部分的なムダ毛の処理であればカミソリや電動シェーバーなどを利用してスムーズに処理を行うことが出来るメリットがありますが、全身脱毛など広範囲のお手入れとなるとカミソリや電動シェーバーなど頻繁にお手入れをする除毛ケアは、デリケートゾーンに負担をかけてしまう危険がありますので、確実に脱毛ケアを行うためにもエステサロンや脱毛サロンなどの美容専門施設の利用が必要になってきます。ただ、自宅の近くにエステサロンがない場合や、定期的にサロンに通うのは面倒だと感じる場合や、コストを出来るだけ抑えて全身脱毛を行いたいという方にはエステサロンや脱毛サロンの利用は向いていません。
そこで自分の生活スタイルに合わせて好きなタイミングでお手入れを行う方法として、自宅で使用する家庭用脱毛器が人気になってきています。騒音などが気にならない家庭用脱毛器も増えてきていますので、夜間の使用が可能になってきていますし、更に最近では防水機能が付いている家庭用脱毛器も販売されていますので、バスタイムに合わせて脱毛ケアを行うことが出来るタイプなど性能も脱毛方法も家庭用脱毛器によって大きく異なってきますので、自分の希望のお手入れ方法にあったタイプを選択してムダ毛のお手入れに使用することが出来るようになっており、多くの方が利用しています。

VIO脱毛をするのに適した脱毛器の選び方

今まで自宅でセルフ脱毛を行う際に、多くの方は肌の露出が特に目立ちやすい脇のお手入れや、腕、脚などを中心とした部分的な脱毛ケアを行う方が多かったのですが、水着など肌の露出が多くなる服装をする場合普段はお手入れをしないVIOラインなどのデリケートゾーンの処理も必須になってきますので、自分でお手入れをするのは難しいとエステサロンにかよう方が多かったです。
従来の家庭用脱毛器もムダ毛を掴んで抜いていくシンプルな脱毛方法の製品が多かったので、顔やVIOラインの処理には使用することが出来ない家庭用脱毛器も少なくありませんでした。しかし最近ではエステサロンや脱毛サロンで実際に採用されている脱毛機能が搭載されている家庭用脱毛器も多く登場しており、国内メーカーから海外メーカーまで様々なブランドから家庭用脱毛器が手に入るようになっています。
また通販サイトを利用することで海外メーカーの家庭用脱毛器も安易に手に入るようになっていますので、今までは手に入りにくかったタイプの製品も気軽に自宅で使用することが可能になっています。VIOラインなど皮膚が薄くデリケートな場所にお手入れは、ムダ毛の毛質も太くしっかりしている場合が多いので、繰り返しお手入れを行う必要がありますので、コストの面を考えて一度脱毛器を購入すれば半永久的に使用できるタイプなのか、それともある程度使用したらカートリッジを交換する必要があるタイプなのか事前にしっかりチェックする必要もあります。

痛みが少ないVIO脱毛に適した脱毛器

市販されている家庭用脱毛器の中にはアンダーヘアに対応していないものも少なくありません。Vラインの処理が行えても性器に近いIラインとOラインの処理は行えないタイプから、VIO全てをカバーすることが出来るタイプまで種類は幅広いので、事前に施術可能部位をしっかり確認するようにしましょう。
まず最初に紹介するのが『ケノン』です。エステサロン並の痛みが少ないフラッシュ脱毛機能によってアンダーヘアを含めた全身のお手入れに活用することが出来ます。照射回数は20万発で10段階の出力レベルを調整しながら使用することが出来ますので、慣れない内は痛みが少ない低いレベル照射でお手入れをはじめ、慣れてきたらレベルを上げる事で脱毛効果をアップさせることが出来ます。照射範囲が広いカートリッジに交換することでVラインを短時間で処理出来るので短時間ケアを行いたい方におすすめです。
次に紹介するのが『ツーピーエス』です。フラッシュ脱毛機能が搭載されており、最大の特徴は鼻から下のほぼ全身の脱毛が可能で、Vライン、Iライン、Oラインの粘膜部分を除いた部分もしっかりカバーすることが出来ます。プロープ重量105gという軽量タイプなので女性にもおすすめの家庭用脱毛器です。
最後に紹介するのが『ヒカリエピプロ』です。アンダーヘア対応のフラッシュ脱毛器で、価格が37800円とお手頃価格なのが大きな特徴になっており、初めて家庭用脱毛器を購入するという方におすすめの製品です。脱毛の他にも美顔器として利用することも可能になっています。

脱毛器でVIO脱毛をする時の注意点

お手入れがしにくいアンダーヘアや顔の脱毛でも、フラッシュ脱毛機能の搭載された家庭用脱毛器であれば初心者でもスムーズにお手入れを行うことが出来るため、コストを抑えて全身脱毛を行いたい方や、自分のペースでお手入れがしたい方におすすめの美容機器ですが、デリケートゾーンであるVライン、Iライン、Oラインの処理を行う時の注意点として、事前処理をきちんと行うことが大切になります。
フラッシュ脱毛はムダ毛に含まれているメラニン色素に反応して特殊な光が照射される特徴がありますので、フラッシュ照射を行う際にはある程度ムダ毛が残っている状態で照射をしないと、きちんとした脱毛効果を与えることができなくなってしまいます。脱毛ケアを行う前には事前処理としてムダ毛を軽く除毛しておく必要がありますが、カミソリや電動シェーバーを利用しておくと適度に肌にムダ毛の黒い部分が残り、照射に適した状態に仕上げることが出来ます。
しかし事前処理を毛抜きを利用してムダ毛を抜いてしまうと、フラッシュ照射が正常に行えなくなってしまうので、脱毛効果をきちんと与えることができなくなってしまいます。
また肌に優しく痛みが少ないとされるフラッシュ脱毛も、皮膚が薄いアンダーヘアの処理を行う時が一番痛みが強いと言われています。そのため少しでも痛みを軽減させる方法として照射前に冷却パックなどを利用した患部を冷やしておくと照射時の痛みを抑えることが出来るのでおすすめです。

肌のコンディションをしっかりチェック

エステサロンや脱毛サロンに通う方法や、家庭用脱毛器を利用してムダ毛の処理を行う場合はどちらでも施術を受ける前は、肌のコンディションが良い状態か確認してから施術を受けたり、セルフケアを行うようにしましょう。ワックス脱毛のように直接ムダ毛を根本から抜く脱毛方法に比べて、痛みが少ないとされるフラッシュ脱毛ですが、肌表面が荒れていたり、傷が出来ているなど肌コンディションが悪い時に無理にお手入れをしてしまうと、色素沈着を起こして消えない黒ずみが出来てしまったり、肌荒れが悪化してしまうなど悪循環となってしまうので、体の調子や肌のコンディションが悪い時は、無理に脱毛ケアを行わずに肌を休めることも綺麗な状態を維持するためには必要になってきます。
また女性は月に一度の月経期間がありますが、月経中はアンダーヘア周辺を清潔に保つことができなくなってしまうのでお手入れは避ける必要がありますし、月経前は人によってはホルモンバランスが崩れやすくなる時期でもありますので、通常時よりも強い痛みを感じてしまう可能性が高くなりますので、時期を確認してお手入れが可能か確認しておくことも計画的に脱毛を行っていく上で必要となります。
また家庭用脱毛器を使用した後は、肌が乾燥しやすくなるので肌を整えるためにもしっかり保湿ローションやクリームを利用して、施術部位の潤いを補給してあげることもアフターケアとしてしっかり行う必要があります。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン