お腹の脱毛で夏もバッチリ

脱毛サロンの回数はお腹の場合は何回くらいが目安になる?

おへそ周りを含めたお腹のムダ毛は思いのほか目立ってしまうものです。
日焼けしにくい部位は色白のため、余計に黒々と見えてしまいます。
女性にとって脱毛はエチケットであり、見えない部位もツルツルにしておく必要があります。
どれだけ目に見えない部分をケアするかによってオシャレ度に差が出てしまうのです。
ゴワゴワとしたムダ毛があると肌がキレイに見えませんし、汗をかくと衣服がまとわりついて痛みを感じることがあります。
お腹のムダ毛を自己処理する場合はシェービング、脱毛ワックスなどが中心になるでしょうが、いずれも減毛させることはできません。
シェービングは肌から水分を奪ってしまうので、長く続けるには適さない方法なのです。
ワックスは毛根から一気に処理する方法なので一時的にツルツルになりますが、痛くが強いですしムダ毛は薄くなりません。
皮膚表面に毛が頭を出したときにかゆみを感じるなどのデメリットもあります。
ツルツル効果を持続させるなら、サロンで脱毛するのが確実でしょう。
フラッシュという弱い光を使用して処理するので、痛みは思いのほか弱いものです。
家庭用の脱毛マシンと比べても低刺激ですが、減毛効果があるのが最大のメリットでしょう。
腕や脚などの脱毛は6回である程度薄くなることが多いですが、お腹に関してはもう少し回数が多くなるのが普通です。
皮膚が敏感な部位のため、6~12回程度の処理が必要になると考えておきましょう。

お腹脱毛の効果はどの程度?

サロン脱毛の効果は部位によって変わってきますが、これを決めるのは主に脱毛器の出力です。
高出力なほど短期間で減毛ができますが、肌への刺激も強くなってしまいます。
そのため部位別に肌チェックをしながら、適切な照射パワーを設定していくわけです。
腕や脚などと比べると効果は出にくいですが、3回目くらいから薄くなったと実感できる方が多いようです。
チクチクしていた毛がやわらかくなった、全体的に細くなって黒々した感じがなくなった、などなど。
もともとムダ毛が薄いと効果を実感しにくく、剛毛であるほど変化に気づきやすい傾向があります。
脱毛によって一時的に肌が乾燥する方もいますが、これは好転反応なので問題はないでしょう。
光脱毛を受けると新陳代謝はよくなるので、肌トラブルを防ぐためにも利用したいものです。
長年にわたってシェービングで処理していると肌がボロボロになりやすいので、シェービングはなるべく20代前半で卒業しましょう。
若いうちほどお腹脱毛の効果が高いのが事実であり、これは肌が元気で丈夫だからです。
年齢を重ねて肌が敏感になってしまうと、サロン側でも脱毛器の出力をかなり抑えてくる場合があります。
すると1回あたりの効果が弱くなってしまうので、処理回数は増えてしまうわけです。
30代より20代で脱毛しておくのが好ましいと言われる理由は、肌が強くて脱毛ダメージに強いからです。
いずれお腹脱毛をするなら、今から始めるのがベストと言えるでしょう。

平均的な回数はどのくらい?

ムダ毛というのは意外なことに、濃いほどサロン脱毛の効果は高くなります。
光脱毛マシンは黒い色素に作用する性質があるので、ムダ毛が濃いほど1回あたりの脱毛効果は大きいのです。
処理回数は6回以上になることが多く、6~12回が一般的な回数となっています。
ムダ毛の濃さ・ボリューム、肌の状態、脱毛マシンの種類なども関係してきますが、腕や脚よりは回数が多くなるのが普通です。
敏感な部位ほど出力を抑えて処理するため、必然的に回数は増えてしまうのです。
実際の脱毛効果はサロンのマシンによって左右する部分が大きく、利用するサロンによって2倍も回数に差が出ることもあります。
最近のマシンは低出力で高い効果を実感できるものが増えており、最新マシンを導入しているサロンほど処理回数は少なくなる傾向があります。
刺激を抑えて処理できるなら、お腹などの敏感な部位でも腕や脚と同じ感覚で処理していくことは可能です。
サロンでお腹脱毛を受ける方は、それぞれのサロンの平均処理回数を調べておきましょう。
6~12回で完了するところもあれば、20回以上かかるところもあるからです。
写真ありの体験談なども参考にして、どのように減毛されていくのか確認するのもよいです。
ムダ毛を細くするだけでも薄く見えるようになるので、チクチクした毛に悩んでいる方は早めに脱毛を受けておきましょう。
肌がツルツルになれば美肌を維持しやすいですし、保湿液の浸透力もアップするでしょう。

効果が出ないときの対処法とは

サロンでお腹脱毛を受けているのに、効果を感じられないという方もいるでしょう。
効果が出ないと不安になってきて、このまま通い続けてよいのか考えてしまうものです。
効果が出ない理由としては、単純に処理回数が少ないケースが少なくありません。
3~4回目で実感される方は多いので、1~2回で判断しないことが大切なのです。
大手サロンではお試しコースを導入していますが、1回のお試しだけでは減毛を実感できないことが多いです。
お試しコースとはあくまで脱毛の流れ・痛みなどを知るのが目的と考えてよいでしょう。
3~4回以上の処理を受けても変化を感じられない場合は、サロンを乗り換えることも考えてみるとよいです。
サロンの支払い方法を選ぶときは、今後に乗り換えする可能性も考慮して都度払いを選んでおくのがよいです。
ローン契約をすると簡単には乗り換えができないので、効果を実感するまでは都度払いを設定しておくのがよいでしょう。
減毛を実感してからローン契約にしても問題はありませんし、何より支払い方法は利用者の判断で決められるものです。
脱毛効果が出にくいときは、乾燥や刺激によって不安定になった肌を落ち着ける対策をしてみましょう。
保湿が不十分だと刺激に弱くなってしまうので、必然的に効果も弱くなってしまいます。
脱毛効果をフルに発揮させるには、弾力性のある肌に整えておくのが好ましいため、脱毛期間中は特に乾燥対策を徹底してください。

お腹のムダ毛の悩みはサロンで解消

女性にとってお腹のムダ毛が多いことは、大きなコンプレックスとなります。
パートナーに対して身体を見せることに抵抗があったり、温泉旅行に誘われても断ってしまったり。
ムダ毛の悩みを解消するには、サロン脱毛でスベスベにするのが一番です。
脱毛は自分ですればお金がかからないという方もいるでしょうが、安くて手軽な方法にはデメリットもあります。
肌というのはダメージを受けても、すぐにシミ・黒ずみなどのトラブルとして表面化するわけではありません。
ダメージを少しずつ蓄積させて、ある程度の年齢になったときに表面化してきます。
今はまったく問題のないスベスベ肌を維持していても、将来のことはわからないのです。
シェービングやワックスによる処理はずっと続けるには不向きなため、早期のうちにサロン脱毛に乗り換えましょう。
サロン脱毛をおすすめする理由は、今あるお腹のムダ毛を薄くできることにあります。
薄くすれば終わりが見えてくるので、脱毛するのも楽しくなるはずです。
敏感な部位ゆえに脱毛回数は他の部位より多くなりますが、3~4回目くらいから減ったと感じる方が多いようです。
完了するまでの回数は個人差やサロンによって変わってきますが、概ね6~12回で気にならなくなるという意見が目立ちます。
1回目では効果を感じられないことが多いので、少なくとも3~4回は受けてから判断してください。
効果が出ないときは脱毛サロンを変えてみるのも手であり、都度払いで契約しておくと便利です。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン