お風呂に入る女性

脱毛後の入浴は肌の影響を考えて注意を払う必要がある

ムダ毛を無くして綺麗な肌にするために脱毛行為を行っている人はとても多いものですが、意外と脱毛後のケアには無頓着な人が多いもの事実です。クリニックでレーザーやニードルで脱毛したりサロンで光脱毛を受けたりと、今では脱毛の方法も数多く種類がありますが、施術をした後のセルフケアを全くせずに施術したその日に入浴をしてしまう人がいます。この脱毛後の入浴は肌にとって悪影響な状態を作り出しているようなもので、とても危険だと言える行為です。ぬるめのシャワーぐらいでは問題はあまりないのですが、熱いお湯にしっかりと浸かって温まる事は避ける必要があります。熱いお湯で入浴する事で悪影響を及ぼし、肌トラブルの原因になってしまうのはとても残念な事です。美しいムダ毛の無い肌を目指しているのならば、肌トラブルの元になるような行為は慎むべきです。プロによる脱毛の施術を受けたなら、その後は自分自身で意識をしっかりと持ちセルフケアを行う事が大事です。脱毛の仕組みをしっかりと理解する事で、何故熱いお風呂に入ってはいけないのか、どうして肌にとっては悪影響なのかがわかってきます。脱毛行為とはそれだけ肌に対して負担がかかるので、それに対処しながら続けていく事が重要になります。今からでも脱毛と入浴の関係性をきっちりと頭に叩き込み、肌トラブルの影響をもたらさないように、正しく施術と脱毛後のケアをしていきましょう。

脱毛後の入浴は危険な行為なのか?

クリニックやサロンで脱毛を行ったその日に入浴する行為は厳禁なのでしょうか。入浴というお湯に浸かる意味であれば、脱毛後の当日は避けた方が良いです。これは脱毛の施術の特徴に理由があります。レーザーや光脱毛は、肌に光を照射して毛根にダメージを与える事で脱毛効果を狙う方法です。それぞれの個人に合った出力で照射を行うので肌に対する負担は人それぞれと言えます。乾燥肌や敏感肌のタイプにもよりますし、元々の肌の色によっても変わります。ただ共通している事は、肌に直接高温の光を照射する事によって肌が熱を持った状態になるという事です。この事から熱を持った肌に熱いお湯は厳禁なのです。脱毛後は肌を冷やして熱を下げる必要がありますが、その正反対の状態を自ら作り出してしまう熱いお湯での入浴は自滅行為とも言えます。どうしても身体を清潔にしたいならば、ぬるめのシャワーなら大きな影響を受ける事はありません。サッと汗を流す程度にして、ボディーソープなどでゴシゴシと洗って刺激を与えないように注意します。お湯の温度そして石鹸などの刺激が光を照射した肌に負担をかけるので、脱毛後当日は入浴はやめるか、ぬるめのシャワーで簡単に済ませる事が良いです。それではいつなら入浴しても大丈夫かというと、肌の状態を観察して日焼けのような状態や赤みがなければ翌日からでも大丈夫です。ただしきちんと注意して安全策を取るのなら、2日か3日は開けたほうが肌の為になります。熱を持った肌が落ち着くまではシャワーにとどめておくのが安全です。

脱毛後の入浴で肌や身体への影響とは

脱毛後当日の熱いお湯での入浴は避けてしばらくたってから入浴をする上で、肌や身体には何か影響があるのでしょうか。多くの場合、肌の状態は個人差があり誰もが同じような影響があるとは言えません。光を照射した肌は毛根にダメージを与える為に毛穴に光が入り込みます。肌表面は赤みを帯びてヒリヒリとした感覚もあります。この状態は日焼けと同じようなものと言えます。脱毛後日にちが経ったとしても、肌自体の光を受けた影響はすぐには無くならないので、火照った感じはしばらく続く事も多いです。この状態で入浴すると脱毛直後ほどではないですが、ヒリヒリとした刺激を感じます。そして入浴による疲労度がいつもよりも増すので疲れてしまう事もあります。脇の脱毛などの部分的な施術であればそんなに大きな影響はありませんが、全身を一気に脱毛している場合は入浴の影響は大きいです。脱毛後は入浴に関係なく、光の照射の影響で火照った状態を冷やして冷ます事が重要です。日焼けのケアと同じように身体をいたわる必要があります。熱いお湯に浸かる事が習慣の人や長風呂の人などは、特にいつものクセで入浴してしまいがちですが、脱毛後だという事を注意して入浴の仕方を変える必要があります。脱毛後はしばらく意識して入浴し、完全に肌が落ち着いたと感じたら通常の入り方に戻していくのが理想です。脱毛後は自分自身の意識にも十分に注意を払う事が大事です。

脱毛後の入浴における注意点やケアの方法

実際に脱毛後に入浴をする上で注意すべき事をしっかりと頭に叩き込んでおくと、肌に悪影響をもたらす事は少なくなります。まず、脱毛後当日の入浴は避けること。これはもう基本的な事なので、とにかく光を照射したら割り切ってその日は何もしないと決めてしまうのが良いです。そして2日目以降は肌の状態をみて入浴出来そうであれば注意して入ります。ここでは特にお湯の温度に注意します。肌の状態が良ければある程度の温度にしても大丈夫ですが、少しでも肌に違和感があるのならば、お湯の温度を下げるなど注意して調節してください。そして身体を洗う時は肌に刺激となる行為は行わないという事を肝に銘じて下さい。ナイロン製などの化学繊維で作られたタオルやスポンジで力強くゴシゴシと洗う事は必ず避けて下さい。これは脱毛後でなくても止めるべき行為です。強く洗ったり擦ったりする事でシミの原因にもなるので注意しなければなりません。更に入浴剤やボディーソープは刺激物なのでこれも注意します。脱毛後は光を当てた事でとても乾燥しやすくなっています。その為に洗浄能力の高いボディーソープなどを使用する事で身体の油分をとってしまい、乾燥状態を悪化させる危険があるので特に注意が必要になってきます。どうしても使いたい場合は刺激の弱いタイプを使うか、少し水やお湯で薄めて濃度を薄めても良いです。そして忘れてはならないのが、入浴後はしっかりと肌に水分や油分を与えて保湿を行う事です。

脱毛後は意識して日常生活を送る事が大事

脱毛後の肌は日焼けした肌と同じ状態です。赤みを帯びてヒリヒリとした痛みも多少あり、肌自体が熱を持って火照っているからです。日焼けをした時に熱いお湯での入浴で辛い思いをした経験がある人は多いでしょう。脱毛後もそのような状態であると理解して下さい。熱を持った肌には十分な冷却が必要なので、光を照射したらクリニックやサロンで冷やしてもらう事で終わりにせずに、自宅に戻ってからも冷やして火照りを冷ますようにして下さい。間違っても当日は熱いお風呂に入らないように注意します。脱毛した場所が冷やされて肌が落ち着いてきたら、次は十分な水分を与えて保湿をしてあげます。光を照射した影響で肌は水分を失い乾燥状態になっています。このまま水分不足の肌にしておくとトラブルの元にもなりますし、肌の状態が安定してなければ次回の脱毛にも影響が出てしまいます。光を照射して冷却し、熱をさまして水分を与え肌を安定させる、このサイクルが脱毛の成功を呼びます。間違った入浴で肌に炎症を起こさせ毛根に細菌やばい菌が入り込む事のないように、自身でも細心の注意を払い脱毛が完了するまでの期間を送る事はとても大事だと言えます。クリニックやサロンでのプロによる施術に加えて、自分自身での脱毛後のケアを怠る事なく常に肌の状態を観察し、肌トラブルを起こさせないように注意をしていく事で、美しく脱毛された肌を手に入れる事が出来るのです。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン