妊娠中の女性

妊娠中はできない脱毛方法とその理由やおすすめの処理法について

妊娠すると女性の体はどうなるかご存知でしょうか。

これから妊娠を経験する人、あるいは現在妊娠中の人にとってそれがどんな状態になるのかというのは非常に不安になるものですので、ここでしっかりと理解しておく必要があると言えます。

妊娠すると、妊娠を維持するためにホルモン分泌が過剰になり、妊娠以前の体の状態と異なることが考えられます。

免疫力が低下したり、肌トラブルを起こしやすくなったりすることもありますので、注意する必要があると言えるのです。

妊娠が発覚した場合、赤ちゃんが生まれたらしばらく自分の時間も無くなってしまうので妊娠中に脱毛をしようと考える人もいることかと思われますが、実は妊娠しているとできない脱毛法があるとされているのをどれだけの人が知っているのでしょうか。

もちろん、妊娠中だからと言っていつでも安静にしている必要はないと言えますが脱毛方法に関してだけは注意が必要と言えますので、この機会に妊婦ができない脱毛法とはどんな方法なのかについてしっかりと学んでいくことをおすすめします。

そして、妊娠中でもできるムダ毛処理法などについてもどんな方法があるのか詳しく考えてみましょう。

しっかりと把握しておくことで、いざ自分が妊娠して脱毛したいと考えた時にもできない脱毛法を避けて別の方法で処理することができると言えます。

結局はお腹の赤ちゃんのことと母体のことを考えての注意事項ですので、自分と赤ちゃんのためにもしっかりと学んでみてはいかがでしょうか。

妊娠中は体毛が濃くなる

実は、妊娠中は妊娠していないときに比べて体毛が濃くなることを知っているでしょうか。

妊娠中期にもなると、徐々にお腹も膨らんできて赤ちゃんがお腹の中で大きくなる喜びにあふれる時期に入っていきます。

しかしその反面、お母さんの体には様々な変化が起こるとされており、妊娠する以前よりも体毛が濃くなったように感じることもあると言えます。

急に毛深くなったことが気になってしまう妊婦さんも多いとされており、特にお腹から臍周辺が濃くなったように感じる人も多いようですが、なぜ妊娠していると体毛が濃くなっていくのでしょうか。

その理由として考えられるのは、妊娠したことによるホルモンバランスの変化です。

前述したように、妊娠すると体の妊娠に有利な状態にさせようとしてホルモン分泌が過剰になるとされています。

ホルモンの中でも、プロゲステロンというホルモンが非常に多く分泌されるようになるのですがこのホルモンはメラニンの生成を促進する働きがあるとされており、このホルモンによってメラニンが増えてしまうことで色素沈着やそばかす、シミなどが多くなるとされています。

それと同時に、体毛の色が濃くなるとされており実際には体毛の本数が増えるのではなくその毛の色が濃くなることで急に体毛が増えたように感じるようなのです。

ただ、今まで白かったお腹がいつの間にか黒ずんで着たり体毛が濃くなってきたりすると、やはり脱毛を考える妊婦さんが多くなるのも当たり前と言えるでしょう。

妊娠中にできない脱毛方法と、その理由

前述したように、妊娠すると体毛の毛が濃くなることで脱毛したくなる女性は多いとされていますが、妊娠中はどんな方法でも脱毛できるものではなく中にはできない方法もあるということを理解しておきましょう。

では、妊娠している時にはできない脱毛法とはどんな方法なのか気になるところです。

脱毛サロンや美容クリニックなど、脱毛を専門に行っているサロンや医療機関で妊娠していることをスタッフなどに伝えると施術を受けることを断られる可能性が高いと言えます。

そのことから、実は妊娠しているときにできない脱毛法とは脱毛サロンや美容クリニックなどで行われるレーザー機器を使用した脱毛法です。

なぜレーザー脱毛ができないのかという理由としては大きく分けて2通りあるとされています。

まず、妊娠中はホルモンバランスが非常に変動することが多いために免疫力だけでなく肌状態も通常の状態と変わってくるとされています。

そのため、妊娠していないときは何でもなかった施術でも妊娠して肌状態が変わっていると炎症を起こしたり痒みが出るなどの肌トラブルに発展しやすくなるとされているのです。

また、レーザー機器の光自体はお腹の赤ちゃんに影響を及ぼすわけではないのですが、レーザーの施術を受けることで多少なりとも痛みを伴うことがあります。

それは人によって個人差がありそれ程痛くないと感じる人もいれば施術中痛みがずっとストレスだと感じる人まで様々です。

その痛みの刺激によって、流産や早産のきっかけとなる可能性があることから妊娠している際にはレーザー脱毛はできないとされているのです。

妊娠中でも出来る、ムダ毛処理の方法とは

ただ、レーザー脱毛が受けられないからと言って気になるムダ毛を何とか処理したいと考えている妊婦さんは多いと思われます。

今度は、妊娠中でもできるムダ毛処理法があるのかについて考えてみましょう。

脱毛法と一口に言ってもその方法は様々あるとされており、クリーム脱毛やワックス脱毛などもあるとされています。

しかし、クリームやワックスそのものには母体や赤ちゃんに影響はないにしても、いつもと違う肌状態の肌に塗ることでかぶれたりかゆみが出るなどの肌トラブルが起こる可能性があるとされています。

ワックス脱毛の場合には、ワックスを塗った後に一気にはがしていく方法ですのでいつも以上に肌にダメージが残り色素沈着や肌荒れを起こす可能性も高いと言えます。

では、妊娠しているときにおすすめの脱毛法としてどんなものが良いのかというとカミソリでの自己処理が良いとされています。

基本的に、脱毛サロンや美容クリニックではカミソリによる自己処理は肌荒れや色素沈着の原因となるためあまり好ましくないとされているのですが、この方法が最も肌負担が少なく痛みやストレスが少ないので妊娠しているときにはこの脱毛法がおすすめと言えるのです。

ただし、本来の状態よりも肌荒れしやすいとされていることから剃る前にシェービング用のジェルを使用してから処理して、処理後には肌負担を軽減するためにもしっかりと保湿していくようにしましょう。

肌の角質を傷つけてしまうと刺激となってメラニンを生成してしまう大きな原因ともなりますので、優しく肌に負担をかけないように処理していくのが望ましいと言えるでしょう。

妊娠時は本格的な脱毛はお休みしよう

このように、妊娠中にできない脱毛法とおすすめの脱毛法について理解できたでしょうか。

妊娠していると普段よりもムダ毛が濃くなってしまうことから気になってしっかりと処理をしたくなる気持ちもわかるのですが、妊娠中はお腹の赤ちゃんと自分の体のことを第一に考えて、本格的な脱毛はお休みするつもりでいるのが良いと言えます。

もちろん、妊娠しているからと言って女性としてムダ毛の処理を怠るなんてけしからんと感じる女性がいるのも確かですが、万が一無理をしてお腹の赤ちゃんや自分にもしものことがあっては意味がありません。

妊娠しているときに最も大事なのはおなかの赤ちゃんとお母さん自身が健康で過ごせることです。

ムダ毛の処理などのお手入れは優先順位ではありませんし、少し暗い毛が生えていても問題ないと言えます。

妊娠しているときは、通常の状態と体が違うことをしっかりと把握して、ムダ毛の処理についてもお休みするつもりでゆったりと過ごすのが良いと言えます。

加えて、妊娠すると普段よりもニキビや吹き出物ができやすくなったり肌荒れを起こしやすいので、ムダ毛の処理は二の次でも良いのですがスキンケアはしっかりと行っていくことをおすすめします。

外出した際などは普段よりも紫外線などの影響も受けやすいので外出先から帰った後はしっかりと肌をケアしてあげることも忘れないようにしましょう。

そして、体の変化や肌状態を意識しながら出産に向けて無理をしない程度にお手入れするように心がけていくのが良いと言えます。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン