妊娠している女性

妊娠中の脱毛の母体や胎児への影響と注意点についてです

ムダ毛が気になっている場合は脱毛を受けるのがおすすめです。妊娠中は肌が敏感な状態となりますし、胎児への影響が気になるかもしれません。注意点についてもしっかり知っておきましょう。

妊娠している時の注意点

妊娠中は病院で肌を見せることが多いですし、ムダ毛が気になってしまうかもしれません。ムダ毛を効率よく無くした五ならエステサロンやクリニックで脱毛を受けると良いのですが、赤ちゃんへの影響がないのか気になっている人もいるでしょう。基本的に妊娠すると脱毛を受けることはできません。妊娠中の脱毛にはどのような注意点があるのか知っておくと良いでしょう。妊娠中にお腹周りやVIOの脱毛をしても光やレーザーは真皮までしか届きませんし、赤ちゃんに直接的な影響はありません。しかし、妊娠すると注意点があるので施術を受けることができません。妊娠中は女性ホルモンのバランスが乱れますし、生理と同じように肌が敏感になりやすいという注意点があります。普段は問題がなくても痒みやかぶれなどの肌トラブルが起こってしまうこともあるので注意しましょう。ムダ毛には毛周期というものがあります。脱毛の効果が得られるのは毛周期の中の成長期の毛のみとなっています。エステサロンやクリニックでは全てのムダ毛を処理するため、背術を複数回に分けています。しかし、妊娠すると毛周期が乱れてしまいますし、一時的にムダ毛の量が増えてしまうこともあります。それによってあまり効果が出ないこともありますし、黒ずみによって施術ができなくなってしまうこともあるでしょう。また、脱毛中の痛みやストレスも注意点の一つであり、子宮を収縮させる原因になってしまいます。

エステサロンの脱毛に通うなら

エステサロンの脱毛に通っている最中に妊娠してしまった場合、そのまま通い続けたいと考えるかもしれません。しかし、妊娠中の施術にはいろいろな注意点もあると知っておきましょう。妊娠すると体調が悪くなってしまうこともありますし、肌の調子が悪いなどの理由でキャンセルの必要が出てしまうこともあります。また、妊娠したことが分かった場合、すぐにエステサロン側に伝える必要があることも注意点です。エステサロンの中には妊娠が分かってから2ヶ月くらいまでは脱毛を行わないようにしているところもあります。また、部位によっては授乳期間中も施術できないことがあるので注意しましょう。妊娠しているとエステサロンの施術は断られることが多いです。脱毛が直接胎児に影響を与えることはないのですが、刺激やストレスを母体に与えることになってしまいます。場合によっては体調を崩してしまうことなどもありますし、妊娠している間は脱毛を受けないことが注意点です。また妊娠すると妊娠前とはホルモンバランスが変わってしまいますし、妊娠前よりもムダ毛が濃くなってしまうこともあります。その場合はエステサロンの施術の効果が出にくくなってしまうこともありますし、出産してからエステサロンに通った方が良いでしょう。妊娠の可能性がある場合、回数保証や返金保証のあるエステサロンを選ぶのがおすすめです。そのようなエステサロンならお金が無駄になってしまうこともありません。

脱毛による影響について

妊娠中の脱毛にはいろいろな注意点がありますが、赤ちゃんへの影響を考えて生活することが大切です。もちろん妊婦だからといって肌のケアを怠っても良いというわけではありません。妊娠中に脱毛を受けても大丈夫なんか気になっている人もいるでしょう。脇や手足などの脱毛は多くの人が受けていますし、さまざまな脱毛方法が人気を集めています。エステサロンの脱毛では特殊な光を肌に当てていくことになりますが、母体や胎児への影響が気になるものでしょう。エステサロンではプロによる脱毛を受けることができますし、自宅で処理するよりも綺麗な肌を効率よく手に入れることができます。妊娠前からエステサロンで脱毛を受けていたという人も多いでしょう。しかし、エステサロンに通っている間に妊娠が分かった場合、どのような対応をすべきなのかしっかり知っておくことが大切です。エステサロンの中には自己責任ということで妊娠中の脱毛を行っているところもありますが、基本的には妊婦の施術は行っていません。妊娠していると体調が悪くなりやすいですし、ホルモンバランスの変化によって肌がデリケートな状態になっているため、肌トラブルが起こりやすくなってしまうのです。そこでん妊娠が分かった時点でエステサロンに施術の休止を申し出ましょう。エステサロンによっては期間の延長を行ってくれることもあります。そのようなところなら安心して通うことができるでしょう。

影響のない方法で処理する

妊娠しているけれどムダ毛が気になっている人も多いでしょう。ムダ毛はエステサロンやクリニックで脱毛を受けると良いのですが、胎児への影響についても知っておくことが大切です。妊娠中はホルモンバランスが急激に変化するため、妊娠前よりも体毛が濃くなってしまうことがあります。妊娠することで女性ホルモンの分泌量が増えますし、メラニン色素に作用することで色素沈着や体毛を濃くさせる効果が出てしまうのです。体毛が濃くなるといっても毛の本数が増えるわけではありませんし、毛根の数自体が変わってしまうことはありません。しかし、一本一本が太くなってしまうと体毛が目立つようになりますし、毛深くなったように感じてしまうのです。体毛の変化は腹部を中心に気になることが多いのですが、妊娠中に体毛が濃くなっても産後は少しずつ元に戻っていくことがほとんどですし、あまり心配し過ぎないようにしましょう。妊娠中の脱毛は肌トラブルが起こることはもちろん、自力で脱毛するお腹に負担をかけてしまうことがあります。体にもリスクがありますし、妊娠中はムダ毛が気になってもそのままにしておいた方が無難です。妊娠している間は肌の保湿や妊娠線予防などのケアを中心に行っていきましょう。妊娠中は肌がかなり敏感ですし、肌に優しい方法でムダ毛のお手入れを行いましょう。おすすめの方法は電気シェーバーであり、直接肌に触れずにムダ毛処理ができるので肌へのダメージが少ないです。

脱毛の影響と注意点とは

無事に出産が終わってもすぐに脱毛を再開できるわけではありません。産後もしばらくはホルモンバランスが安定しませんし、肌トラブルが起こりやすい状態なので注意しましょう。エステサロンによっては生理が2回以上あったら脱毛を再開できるなどとしていることもありますし、その目安に従うようにすることが大切です。赤ちゃんに母乳を与えている場合、脱毛で使用する薬剤や麻酔の影響も気になってしまうものです。授乳中の脱毛を全て断っているエステサロンやクリニックなどもありますが、乳房から遠い場所なら施術できるというところもあります。最近では託児所のあるエステサロンなども増えており、出産後に脱毛を受けることで気分転換にもなります。しかし、育児で生活が不規則になることもありますし、肌のコンディションには注意しましょう。ちなみに、妊娠によって脱毛ができなくてもムダ毛が生え続けます。特に妊娠中は一時的にムダ毛が濃くなることもありますし、そのままにしておくと気になってしまうものでしょう。ムダ毛をそのままにしておくと衛生的にも良くありませんし、ストレスの原因になってしまうこともあります。そこで妊娠中にどうしてもムダ毛が気になる場合、電気シェーバーを使って処理していくと良いでしょう。電気シェーバーは肌へのダメージが少ない処理の方法です。しかし、妊娠中は肌がデリケートな状態になっていますし、処理を行う場合は注意しましょう。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン