背中のニキビ?

増える背中ニキビに悩んでいるのなら脱毛をして解消を

背中ニキビは治りにくいのですが、負担を減らして毛穴を綺麗にすれば改善されます。
増える背中ニキビで悩んでいる時には脱毛が有効であり、光照射やレーザー照射なら安全に受けられます。毛穴が引き締まって詰まりを予防でき、皮脂の分泌量も減ります。

背中ニキビはできやすく治りにくい

背中ニキビは、他のパーツと比べると非常にできやすく治りにくいのが特徴です。普段は目につかない場所ですので、気付いたら増えてしまっていたということも少なくありません。最初はポツポツと小さなものがいくつかできている程度ですが、段々と増えるので一面に広がってしまうこともあります。
ニキビというと最初は白い膨らみができたり黒いポツポツができることがありますが、背中もできる段階は同じです。最初はごく軽い症状で痒みも痛みもありませんので症状には不快感を伴いませんが、段々と炎症を起こしたり膿を持ったりして自覚できる症状が出てきますので、そうなると気になって頻繁に確認したり手で触れたりしてしまいます。見るだけなら影響はありませんが、手で触れると皮膚のバリア機能が弱まっている上に更に負担をかけてしまいますので、症状がより悪化してしまう可能性が高くなります。ニキビは触れないのが一番であり、通気性を良くして湿気ないようにしながら皮膚に与える負担を減らすことが大切です。
衛生的に保つように気をつけて生活すれば、皮膚のコンディションは段々と改善されます。しかし、それでも増えるというケースもありますので、その場合はムダ毛が生えていることが原因であるという可能性を踏まえて、脱毛をすることも検討しなければなりません。普段の肌ケアや生活の仕方に問題が無いのに増える場合には、ムダ毛が悪さをしている可能性があります。

なぜ背中にニキビができるのか

背中ニキビができる原因として、シャンプーやボディーソープが付着したままになっているケースがあります。きちんと流しているつもりでも背中は確認を怠りやすい場所ですので、気付かないままそのままにしてしまうことがあります。
また、下着や衣服との摩擦によってニキビができてしまうこともあります。肌が乾燥している時などはバリア機能が低下してトラブルが起こりやすくなっていますので、ほんの少しの刺激が肌トラブルへと発展してしまうこともあります。
脂症の人は、皮脂の分泌量が多すぎて毛穴が詰まることも原因になります。毛穴に皮脂や汚れが詰まると雑菌の温床となり、そこにアクネ菌などが増殖して発症します。皮脂があるところは汗をかいた後に乾きにくいことも関係しています。いつまでも湿気ていると雑菌が容易に繁殖してしまいますので、リスクはより高まります。
それ以外では、それほど多くはありませんが紫外線による影響も考えられます。紫外線は肌に大きな負担をかけるものであり、ニキビができている部分に浴びてしまうと跡に残ってしまうこともありますので注意したいところです。
色々な原因を見ていくと、皮膚のバリア機能が弱ったり毛穴に皮脂や汚れが詰まることが大きな要因になっていることが分かります。背中はケアが遅れがちですので一度できてしまうと増えることが多いですし、行き届いたケアが行えなくて症状が長引いてしまうこともあります。

背中ニキビに脱毛は有効か

背中にニキビができている時には、ムダ毛をそのままにすると増える可能性があります。ムダ毛が生えていると汗をかいても乾きにくくなりますし、皮脂腺の働きもが活発になりますので皮脂の分泌量も増えます。その結果、ニキビが増えてしまいますので、ムダ毛は無い方が良いということになります。
中には脱毛をするとニキビが増えると思い込んでいる人もいるようですが、毛穴をクリーンにするのが一番ですので、生やしたままの方がリスクが高くなります。問題は処理を行う方法であり、現在既に症状が現れている場合には肌に負担のかかる方法で行うと悪化してしまう恐れがありますので、肌に優しい方法で行わなければなりません。
脱毛の自己処理は大体が一時しのぎの方法であり、繰り返し処理を行うことで大きな負担をかけてしまいますので避けた方が無難です。毛抜きでの脱毛、ワックス脱毛、テープ脱毛、ローラー回転式の脱毛などは皮膚への刺激が強いにも関わらず、回復しきらないうちに次の処理を行わなければなりません。
安全に脱毛するには、やはりサロンやクリニックでの脱毛を受ける方法が安心です。プロの手による施術には安心感がありますし、肌トラブルがある時にはその症状を悪化させないようにと注意しながら処理が行われますので、自己処理とは比較にならないほど安全に脱毛できます。カウンセリングで脱毛を行うのが難しいと判断された場所は避けて行われます。

安全に脱毛できる方法とアフターケア

増える背中のニキビに困っている時には、サロンで行われる光脱毛やクリニックで行われる医療レーザー脱毛が安心です。光脱毛は比較的出力の低い施術であり、ムダ毛の黒いメラニン色素に反応する光を照射して毛母細胞の働きに影響を与えます。周辺の皮膚に影響を与えることがありませんし、逆に肌中のコラーゲンを増やす働きがありますので、ニキビで弱った肌を回復させるのに役立ちます。また、照射が行われると肌が引き締められますので、皮脂の分泌量も正常な範囲にコントロールされるようになります。ニキビが増える原因には皮脂が深く関わっていますので、皮脂を正常な状態にすることは重要です。
医療レーザー脱毛の場合、出力は強いのですが、医療知識を持つスタッフが個々のコンディションに合わせて照射を行いますのでとても安全な脱毛法です。脱毛の効果は光脱毛よりも優れていますので、短期間でムダ毛が再生してこない状態を作ることが可能です。医療レーザー脱毛を受けた後もやはりムダ毛が無くなれば毛穴は役目を終えますので、次第に引き締まっていきます。
脱毛の施術を受けたら、ある程度の期間が経てば毛穴は閉じますが、なかなか閉じない時には収れん化粧水でのケアが必要です。脱毛直後に必要なのは肌を冷却するアフターケアであり、熱を持っている間は肌中の水分が失われやすいので注意が必要です。落ち着いてきたら保湿ケアを徹底して行い、脱毛後の肌の回復を早めるようにします。

背中のニキビ対策には脱毛を

背中ニキビはいつの間にかできてしまうものであり、気付かないうちに増えることも多いのですが、脱毛をしっかりと行えば毛穴が綺麗になりますので衛生的に保てるようになって症状を改善できます。ケアを行っていても増えるのは皮膚に刺激を与えたり毛穴をクリーンに保てていないからであり、負担を減らして毛穴ケアを徹底すれば少しずつ良くなります。
毛穴をクリーンに保つのはなかなか難しいことですが、脱毛を行えば良い状態に保ちやすくなります。脱毛するとはいっても自己処理で一時しのぎの脱毛法を実践するのは大きな負担となりますので、サロンやクリニックで施術を受けるのが良い方法です。光脱毛や医療レーザー脱毛はどちらも肌に優しい方法であり、引き締め効果も得られます。肌が引き締まると皮脂の分泌量が減りますので、毛穴の詰まりを予防することにつながります。
脱毛の施術を受けた後は、アフターケアを忘れてはいけません。照射直後は肌が熱を帯びていることも多いのでまずは鎮めるために冷却を行います。これで水分が蒸発するのを防ぐことができますので、バリア機能の低下も予防できます。落ち着いたら保湿をしっかりと行い、脱毛後の肌の回復を早めるケアも重要です。毛穴の開きがなかなか改善されない時には、一時的に収れん化粧水を必要とするケースもあります。
このように正しい方法で脱毛を行えば、背中ニキビを改善したり予防をすることもできます。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン