女性の後ろ姿

ニードル脱毛における脱毛後の肌トラブルと注意点について

女性にとって、美肌のためにもムダ毛の処理は欠かせません。そんなことから、今ではサロンやクリニックに通って脱毛の施術を受ける女性が多くなってきています。施術の種類としてメジャーであるのは光脱毛やレーザー脱毛ですが、長い歴史を持つニードル脱毛も、根強い人気があります。ニードル脱毛とは、毛穴に針を入れ、電気を通すことで毛根を死滅させ、ムダ毛を生えなくさせる脱毛方法です。光脱毛や医療レーザー脱毛とは異なり、ムダ毛を1本ずつ処理していくところに大きな違いがあります。このことからも分かるように、ニードル脱毛は光脱毛や医療レーザー脱毛と比べて手間がかかることも多く、今ではあまり行われていません。しかしまったく無いわけではなく、確かな需要がある方法でもあります。ニードル脱毛は、毛根に直接ダメージを与えて破壊するため、永久脱毛であると言えます。その効果は高く、永久性が期待できるのが特徴です。ただし、100パーセント必ずムダ毛が生えてこないというわけではなく、中にはいくつか毛根が再生してしまう場合もあります。以上のような特徴があるのが、ニードル脱毛です。サロンでもクリニックでも受けることができます。しかしその特徴から、光脱毛やレーザー脱毛とは異なった肌トラブルが起きてしまう可能性があります。どの脱毛方法でもトラブルの可能性は避けられませんが、あらかじめ注意点を知っておくことで、対策が可能です。

ニードル脱毛後に起こりうる肌トラブルとは

では、ニードル脱毛を受けることで起こる肌トラブルには、どのようなものがあるのでしょうか。脱毛後の肌トラブルについて、紹介していきます。1、脱毛後に赤みやヒリヒリとした痛みが起こる。これはどの脱毛方法にも起こり得る症状ですが、脱毛後に赤いポツポツができてしまったり、肌にひりひりとした感覚が起こる場合があります。これは施術によって毛根が刺激されたことで起こる症状のため、ほとんどの場合は時間と共に落ち着いていきます。そのため、あまり心配の必要はありませんが、症状が長引いたり痛みが強い場合には、施術を受けたサロンやクリニックに申し出て適切な処置を受けるようにしましょう。2、内出血が見られる。毛穴に針を通すことから誤って血管を傷つけてしまう可能性もあり、そうすると内出血が起こる場合があります。しかしこれも一時的な症状で、時間の経過とともに治っていくため、心配は必要ありません。3、やけどのような症状が出る。これも、どの脱毛方法にも起こり得るトラブルではありますが、ニードル脱毛の場合は毛根に流す電気の熱によって、やけどしてしまう場合があります。適切な施術を行っている限りやけどを心配する必要はありませんが、万が一症状が現れた場合は、やけどした部位を冷やし、化膿してしまわないように十分なケアが必要です。大抵の場合は症状がすぐに現れるため、その場で速やかに処置をしてもらうことができます。

ニードル脱毛後に起きた肌トラブルの対処法

仮にニードル脱毛後に肌トラブルが起きてしまったとき、どのように対処すれば良いのでしょうか。脱毛後の肌トラブルの対処法について、紹介します。1、赤みやひりひりとした痛みの場合。脱毛後に赤みやひりひりとした痛みを感じてしまうのは、比較的多くある症状です。時間と共に症状は和らいでいきますが、気になる場合は、赤みやひりひりを感じる部分を冷やすと効果的です。その際、氷など冷たすぎるものを直接肌に触れさせてしまうと肌を冷やし過ぎてしまうため、濡らしたタオルなどで冷やすようにするのが効果的です。逆に肌を温めてしまうと、症状を悪化させてしまうため注意しましょう。2、やけどの場合。やけどの場合も、気が付いたらすぐに患部を冷やすことが大切です。クリニックと提携しているサロンであれば症状の様子を申し出るようにし、そうでない場合は、症状が悪化する前に自分で皮膚科へ行くのが良いでしょう。3、施術中や直後の痛みについて。ニードル脱毛は他の脱毛方法と比べると、痛みが強いという特徴があります。毛穴に針を入れて電気を流すという施術方法から、痛みがありそうなことは想像できるとは思いますが、大抵は我慢できる程度の痛みです。どうしても痛みが気になる人、不安な人は、施術前に麻酔を受けることもできます。クリームタイプの麻酔やガスタイプの麻酔があるため、施術前に申し出ることで痛みを気にせず施術を受けることができます。

脱毛後の肌トラブルを防ぐための注意点

一般的な光脱毛や医療レーザー脱毛は、肌が乾燥して荒れていたり、日焼けした状態であると施術を受けることができません。施術によって肌トラブルが起きてしまう可能性があるためです。そのため、日頃からのスキンケアを注意深く行う必要があります。しかしニードル脱毛は、毛根に対してのみ直に刺激を与える施術方法であるため、肌の状態が良くなくても、施術を受けることができます。乾燥肌や日焼けした状態の肌でも問題ないのです。とは言え、脱毛後は肌が敏感な状態であり、乾燥しやすくなっています。そのため、脱毛後に肌トラブルを起こさないためにも、次のようなことを注意すると良いでしょう。1、肌の保湿を十分に行う。肌の乾燥を防ぐためにも、脱毛後はクリームを塗るなどして、肌の乾燥を防ぐようにしましょう。敏感な状態の肌をそのままにしておくと、肌トラブルを招いてしまう恐れがあるため、注意が必要です。2、刺激物を肌に塗らない。日焼け止めや制汗スプレーなどは、少なからず肌に負担を与えてしまいます。このように肌を刺激してしまう恐れのあるものは、施術当日は使用しないようにしましょう。3、体を温めすぎない。体を温めてしまうと、肌の赤みやひりひりとした状態が悪化してしまう恐れがあるため、注意が必要です。施術を受けた日は、湯船につかるような入浴は避け、シャワーのみで済ませるようにしましょう。また、激しく体を動かす運動も、控えるよう注意が必要です。

肌トラブルなく安全に脱毛を

どのような脱毛方法であっても、肌トラブルが起きてしまう可能性はあります。頻繁に起こるものではありませんが、それでも注意点を知って対策をしておくことで、トラブルが起きてしまう可能性を大きく減らすことができます。事前にどのようなトラブルの可能性があるのかを把握するようにし、脱毛後も肌を十分に休ませてあげるようにしましょう。また、スキンケアだけでなく、施術当日の自身の体調にも注意するようにしましょう。風邪をひいていたりその他にも体調不良がある場合は、施術をキャンセルするのが賢明です。十分に体調を整えた上で、施術を受けましょう。また、サロンやクリニックを選ぶ上で、クリニックと提携していたり、アフターケアやトラブル時の保証がしっかりとしているところを選ぶのも重要です。万が一の事態に備えておければ、その分安心して施術を受けることができます。更には、契約前に行う無料のカウンセリング時に、起こり得る脱毛のトラブルやデメリット、注意点についても、確認しておくのが良いでしょう。担当のスタッフや医師の方に求めれば、きちんと対応してもらえるはずです。そして、これらのことに気を付けていても、万が一肌トラブルが起こってしまった場合は、症状に応じて適切な処置を行い、悪化させないように注意することが大切です。酷くなりそうな場合は、クリニックを受診しましょう。以上のことに気を付けて、安全に脱毛できるようにしましょう。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン