寝そべる女性

ニードル脱毛を受ければ剛毛化や多毛化のリスクはない

フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛を受けると効率よくムダ毛を無くすことができると言われています。しかし、施術前よりもムダ毛が濃くなってしまうこともあります。このような症状を剛毛化と呼んでおり、同じように毛が多くなったように見えることを多毛化と呼んでいます。しかし、多毛化については実際にムダ毛が増えたというわけではありませんし、剛毛化することでムダ毛が多くなったように見えているだけなのです。脱毛の施術方法にはいろいろありますが、剛毛化や多毛化を引き起こす可能性があるのはフラッシュ脱毛と医療レーザー脱毛のみとなっています。ニードル脱毛にはそのようなリスクがありません。フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛は毛根のメラニン色素にダメージを与えるという方法であり、新しい毛の再生を抑制することでムダ毛を薄くしていくことができます。フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛で剛毛化のリスクがあることは認められていますが、その原因やメカニズムについてはまだよく分かっていません。メラニン色素がはっきりしている毛根には光がよく反応しますし、濃い毛や太い毛の方が効果を実感しやすいと言われています。しかし、産毛や細い毛などはメラニン色素が薄いので光が反応しにくいですし、中途半端な刺激を与えることで逆に毛根を活性化させるリスクがあるのではないかと考えられています。また、施術を繰り返すことで産毛の毛根が強くなってしまうことが剛毛化の原因と考えるドクターもいます。

ニードル脱毛について

ニードル脱毛の場合は剛毛化や多毛化のリスクがないと言われています。この方法は針を毛穴に刺してムダ毛を処理していくというものであり、以前は感染症などのリスクもありました。現在では衛生環境が良くなっていますし、そのような心配はほとんどないでしょう。最近のニードル脱毛の場合、施術前に血液検査を行っていますし、一人一人違う針を使っています。ニードル脱毛では針に電気を流して毛根にダメージを与えていくことになりますが、その熱によって火傷のリスクがあります。もちろん火傷が起こってしまってもすぐにその場で対処してもらえますし、スタッフに相談すると良いでしょう。また、火傷までいかなくても施術後には肌の赤みが出てしまうことがあります。赤みは時間が経てば目立たなくなっていきますが、なかなか治らない場合は炎症を起こしている可能性もあるので施術を受けたクリニックに相談しましょう。赤みがある場合も患部を冷やすようにすれば早めに落ち着きます。ニードル脱毛のリスクとしてはかなり痛みが強いということが挙げられます。医療レーザー脱毛よりも痛みが強いですし、どうしても我慢できない場合は麻酔を使ってもらった方が良いでしょう。クリニックなどの医療機関では麻酔を使ってもらうことができますし、万が一肌トラブルが起こった場合でもすぐに対処してもらうことができます。ニードル脱毛を受ける場合、スタッフの技術力も大きなポイントです。熟練したスタッフのいるクリニックを選ぶことはもちろん、ニードル脱毛によって起こりうるトラブルやリスクについてきちんと説明してくれるかどうかも大切です。

脱毛のリスクについて

剛毛化とは脱毛を行った部位のムダ毛が脱毛前よりも太くなってしまう現象です。これは主に産毛の施術を行った時に起こってしまうことなのですが、ほとんどムダ毛が生えていなかった部分から急に太い毛が生えてきて気になってしまうこともあります。多毛化とは脱毛を行った部分のムダ毛が脱毛前よりも増えたと感じる現象です。しかし、毛穴の数というのは生まれた時から変わりませんし、剛毛化した産毛が目立つようになったことで多毛化したと感じることがほとんどです。どうして剛毛化や多毛化が起こるのかについて科学的には解明されていません。しかし、原因は使用するマシンの熱であると考えられています。フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛ではムダ毛のメラニンの反応させることにより、熱の血からで毛の細胞を破壊していくことになります。毛が太いほど色が濃いので少ない出力でも光を集めることができますし、効率よくムダ毛を無くしていくことができるでしょう。そのため綺麗にムダ毛を無くすことができるのです。しかし、産毛だと上手く光がムダ毛に集中しませんし、弱い熱量しか毛の細胞に伝わりません。弱い熱量だと細胞までしっかり破壊できませんし、逆に毛根を活性化させてしまうことがあるとされています。これが剛毛化や多毛化の原因と考えられており、剛毛化や多毛化は産毛の部位にしか出ないことがほとんどです。剛毛化や多毛化は産毛や細い毛が変化する減少であり、発生しやすい部位についても知っておくと良いでしょう。うなじや横腹、二の腕、肩、背中などが起こりやすい部分なので注意が必要です。

脱毛のトラブルを解消

脱毛後に剛毛化や多毛化が起こってしまった場合、その対策方法について知っておくと良いでしょう。さまざまな対策方法がありますが、どの方法が合っているのかは人によって異なっています。まずは施術を行ったドクターやスタッフに相談してみると良いでしょう。剛毛化は毛根に与えるエネルギーが弱いことで逆に毛根の活性化を促進してしまうことが原因です。そのためマシンの出力を上げれば毛根により大きなダメージを与えることができますし、剛毛化してしまったムダ毛を無くすことができるとされています。しかし、エステサロンで使われているマシンはあまり出力を高くすることができないため、そこまで強いダメージを与えられないことも多いです。結果としてさらに太い毛が生えてしまうリスクもあるので注意しましょう。エステサロンやクリニックではさまざまな種類のマシンを使っています。同じマシンを使っても剛毛化や多毛化してしまう人もいれば、全く影響が出ないという人などもいます。最初の脱毛の時点で剛毛化してしまった場合、マシンを変えたら悩みを解消できることなどもあるのです。また、一時的に脱毛をやめることで毛根への刺激を無くすことができますし、細胞が元の状態に戻ることで太い毛が生えてこなくなります。そのため一時的に脱毛を休止するという方法も効果的と言えるでしょう。休止できるかどうかはエステサロンやクリニックに聞いてみるのがおすすめです。

ニードル脱毛なら問題ない

確実に剛毛化を改善したい場合、ニードル脱毛に切り替えると良いかもしれません。ニードル脱毛は針を毛穴に刺して熱を加え、毛根にダメージを与えていくという脱毛方法です。そのためメラニン色素に関係なく脱毛ができますし、どのような毛根でも確実に毛が生えてこないようにすることができます。フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛の場合、どんなマシンを使っても100%毛が太くならないとは言い切れないのです。しかし、ニードル脱毛は毛穴の1つ1つに針を刺して熱を加えていくことになるため、他の脱毛方法よりも時間がかなりかかってしまいますし、値段も高くなってしまうでしょう。そのため毛が濃くなってしまった部分が少しだけの場合、その部分だけをニードル脱毛で処理しても良いでしょう。脱毛後のトラブルの起こり方には個人差がありますし、発生の確率事態もそこまで高くないため、肌トラブルが起こった場合は肌の状態を見ながら対応していくことになります。エステサロンやクリニックの中にはきちんとしたマニュアルを作っていることもありますし、脱毛後に毛が濃くなってしまった場合の対応もしっかりしています。信頼できるエステサロンやクリニックを見つけるのが難しい場合、実際に通ったことのある人の口コミを参考にすると良いでしょう。ちなみに、女性でも男性ホルモンが分泌されていますし、睡眠不足や過度なストレスを感じると一時的に男性ホルモンの分泌が増えてしまうこともあります。それによって毛が濃くなってしまうこともあります。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン