砂浜に座る女性

ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

脱毛と一口に言ってもその方法は数多くあるとされていますが、その中でもニードル脱毛はどんな脱毛法なのかご存知でしょうか。

脱毛サロンや美容クリニックなどの脱毛方法の主流はフラッシュ脱毛やレーザー脱毛が主流であり、その他の方法としては最近ブラジリアンワックスなども人気が出てきていますが、ニードル脱毛がどんな方法なのかよくご存知のない人もいることでしょう。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛が脱毛したい部分に毛のメラニンに反応する光を当てて毛根組織を破壊する方法であるのに対し、一つ一つの毛穴に一本ずつ針を刺してそこに電流を流し込んで毛を処理していく方法です。

現在の主流ではないですが昔から存在する脱毛法であり、毛を作る元となる毛母細胞を根源から破壊してダメージを与えていくので、一般的に永久脱毛と呼ばれるレーザー脱毛よりもはるかに施術を受けた後は毛が生えてこないことが期待できるとされています。

施術を受けてすぐに毛が抜け落ちるのではなく、施術後1~2週間ほどすると施術を受けた部分の毛が自然に落ちていくとされています。

それ以外にもメリットやデメリットがあるのか気になるところと言えますので、これから脱毛をしようか検討している人のためにニードル脱毛におけるメリットやデメリットについて詳しく考えていきましょう。

それに加えて、ニードル脱毛をおすすめする人、あるいはおすすめできない人についても考えていきますので、これから脱毛をする参考にしてみてはいかがでしょうか。

ニードル脱毛のメリット

ではまず、メリットとしてはどんなことが考えられるか気になるところと言えます。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛の場合、施術を受ける前に自分である程度の毛を自己処理していく必要があります。

せっかく脱毛をするのにその前に自己処理しなければいけないなんてすごく手間に感じる人もいると思われますが、それに対しニードル脱毛の場合は脱毛を受ける事前自己処理を行うことなくすぐに施術が受けられるとされています。

その他には、一般的には日焼けしているままでレーザー脱毛やフラッシュ脱毛の施術を受けると、肌のメラニンを毛の色と勘違いして火傷をしてしまう恐れがありますが、どれだけ日焼けをしていても施術をすることが可能とされています。

そして、前述した通り、毛を作る毛母細胞をそのまま破壊してダメージを与えていきますので永久脱毛を期待することができると言えます。

レーザー脱毛も一般的には永久脱毛と言われていますが完全になくなるわけではなく毛の量が少なくなるので生えてこないように感じるだけですので、実際に全く生えてこないというわけではないとされていることを考えると、一度施術を受ければ死ぬまで自己処理の手間を省けるということになります。

このように、たくさんのメリットがあるとされていますがデメリットについてはどんなことが考えられるのか気になるところでしょう。

そこで今度はデメリットについて考えてみることにしましょう。

ニードル脱毛のデメリット

今度はデメリットについて詳しく考えてみましょう。

メリットが存在すれば当然デメリットも存在するものですがどんなことが考えられるのでしょうか。

大きなデメリットとしては、施術時間が非常に長いということです。

肌に存在する毛穴は途方もなくあるのに、その一つ一つの毛穴に針を刺していくわけですから時間がかかるのも当然のことと言えます。

それだけ数多くの針を使うことになりますので施術時間もさることながら準備にも非常に手間がかかると言えます。

そのことから、施術料金が非常に高いとされているのもデメリットの一つと言えるでしょう。

最近では、脱毛サロンでの施術料金はキャンペーン中などだと数千や数百円で済むこともあり最安値を誇っているところもありますが、ニードル脱毛の場合施術時間が長いうえにわずか5分程度の施術料金だけで2000~3000円かかるとされています。

比較的毛が少ないとされているワキの脱毛でさえ何十万とかかるとされていますので、それが全身脱毛などを行った日には非常に高い金額になることが考えられるでしょう。

そして、最大のデメリットは痛みが強いことです。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛も、ゴムをはじいたような痛みなどを感じる人もいて全くいた意味がないわけではないとされていますが、それでも比較的少ないのに対し、針を刺した上に電流を通すので痛みも相当強いことが考えられます。

あまりの痛さに失神したりそれ以上施術を続けられないくらい痛みが強いとされているようです。

ニードル脱毛がおすすめな人、できない人

このように、それぞれメリットやデメリットが存在するとされていますが、どんな人におすすめであり、またおすすめできない人とはどんな人なのか気になるところと言えます。

まず、おすすめできる人としては比較的毛の色が薄くメラニン色素が少ない人です。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は毛のメラニンに反応させて毛根細胞を破壊していくのですが、毛の色がもともと薄かったり産毛のような状態だと反応が悪いために脱毛効果があまり期待できないこともあるとされているため、この場合にはニードル脱毛で施術を行うのが良いとされています。

その他には、光の照射が難しい眉毛などのフェイスゾーンを脱毛したい人、脱毛したい部位に肌荒れや色素沈着を起こしている人もこの脱毛法がおすすめの人と言えます。

逆におすすめできない人とはどんな人なのかというと、先端恐怖症の人や痛みに弱い人です。

毛穴一つ一つに針を刺してそこに電流を流していきますので、先端恐怖症の人だとその針がまず無理だと言えます。

加えて、痛みを強く感じやすい人は施術を受けることで失神したりあまりの痛さに施術を最後まで受けることができない可能性がありますので、こういった人はお勧めできない人と言えるでしょう。

そして、あまり脱毛に費用をかけずに安く済ませたいという人も、あまりおすすめできないと言えますので自分が適しているのか適していないのかよく検討した上で施術を受けるのが望ましいと言えるでしょう。

自分に合った方法で脱毛しよう

それぞれ良い点と悪い点があり、おすすめできる人とできない人がいることを学んできました。

結局のところ、最近では脱毛サロンのフラッシュ脱毛やレーザー脱毛が人気なわけは手間がかからず人件費が抑えられて安いコストでできることにあります。

一昔前に比べて、脱毛の施術を受ける人は増えてきておりいかに手軽で素早くコストを抑えながら脱毛ができるかということが最も大事な目的となってきていることから、ニードル脱毛がすたれていってしまうのも仕方ないと言えます。

かといって、全くメリットがないというわけではありません。

前述したように、眉毛やおでこなどの目の周辺の脱毛を行う場合には、眼球の色に反応してしまうフラッシュ脱毛やレーザー脱毛ではレーザー光を当てられないので脱毛ができないとされています。

その点、ニードル脱毛なら照射せずに針を刺して電流を流すことで毛根にダメージを与えていくことができますので、目に対して余計な負担をかけずに施術を行うことができると言えます。

また、一度施術を受ければ半永久的に毛が生えてこなくなるというのは実は非常に大きなメリットと言えますので、全く需要がないわけではないとされています。

ただ、実際にニードル脱毛をしようか検討している場合には、メリットだけでなくデメリットのことも十分に考えた上で施術を受けるようにすることと、自分は果たしてニードル脱毛を受けるのに向いているかなども考えながらきめていくのが良いと言えます。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン