眉毛を脱毛する男性

男性がニードル脱毛を受ける際のメリットとデメリット

近年では脱毛サロンの光脱毛が主流となっており、ある程度の範囲に生えているムダ毛を一瞬だけ光るライトを照射させるだけで脱毛ができるという手軽さや、リーズナブルな料金でとても人気があります。しかし、光脱毛では受けることができない部位もあるので、完全に全身脱毛をするということは不可能になります。光脱毛では脱毛不可能な部位であっても、ニードル脱毛であれば処理ができるという部位はたくさんあります。
ニードル脱毛は、毛穴に極細の針のようなものをさし込んで電気を流し、毛根を焼くという脱毛法です。男性女性ともに施術を受けることができ、どんな部位にも利用ができます。
光脱毛では、黒い色に反応させる光を使用することからほくろやタトゥーの上など肌の上に黒いものがある部位には光を照射することができません。従って、その部位だけムダ毛を残されてしまうことになりますが、ニードル脱毛では肌の色に関係なく施術を行うことができるというメリットがあります。乳輪の上やIライン、Oラインなどの色素が沈着しがちな部位であっても受けることができます。
さらに、光脱毛では白髪や産毛など黒い色の色素が少ない毛には反応しにくいために何度施術を受けても生えてきてしまうというデメリットがあるのですが、ニードル脱毛なら毛の色にも左右されることがありません。まさに、どんな部位にも利用することができる脱毛法であり、これは医療機関で行われているレーザー脱毛でもすることができません。

ニードル脱毛のメリット

ニードル脱毛のメリットは、黒い色に反応させるという脱毛ではないため、肌や毛の色に左右されることがないという点の他にも、的を絞ったムダ毛を一本から利用ができるという点にあります。
ほくろの上に一本だけ生えているムダ毛を何とかしたいという場合、カミソリで剃ったり毛抜きで抜いて処理をしたとしてもその場だけの処理にすぎません。毛は抜けては生えることを繰り返しているものであり、また毛根が作られて生えてくることになります。完全に生えてこないようにさせるためにニードル脱毛は非常に役立ち、永久脱毛までの効果を発揮します。永久脱毛はレーザー脱毛で受けることができますが、光を照射することができないために施術ができない部位もあります。そんな部位でも、ニードル脱毛なら活用することができ、その場ですっきりと解決できるというメリットもあります。光脱毛やレーザー脱毛では、光を照射してから一週間から二週間程度待たなければ抜け落ちていきません。しかし、毛根に電気を流してその場で毛を抜き取ってもらえるので、早いムダ毛解決に結びつきます。
他にも、部位ごとの料金設定ではないので、少ない本数であればリーズナブルな料金で利用ができるというメリットも持っています。部位ごとになれば、その範囲の分だけの料金がかかってしまいますが、一本ごとの料金であったりスタッフが処理をする時間を10分ごとの料金で設定しているというのが大半になるので、予算的な負担もありません。

デメリットがあることも理解して受けよう

ニードル脱毛は、肌や毛の色に関係なく施術を受けることができるという光脱毛やレーザー脱毛ではできない脱毛を体験することができるというメリットがありますが、デメリットも持っているということを理解してから施術を受ける必要があります。
ある程度の範囲を一気に脱毛処理ができる光脱毛やレーザー脱毛では、全身脱毛であっても短時間であっという間に済ませることができます。しかし、ニードル脱毛になるとムダ毛を一本ずつスタッフが手作業で処理をすることになるので、本数が増えるごとに長時間の施術になってしまいます。それによって料金も高くなり、同じ範囲で比較をするのならば高額な施術にもなってしまいます。気になる部位だけを数本だけ利用するというのが金銭的にも時間的な負担も少なくていいのですが、広範囲の脱毛となればデメリットとなります。
さらに、針を毛穴に刺して電気を流すという作業は激しい痛みが生じる可能性が高まります。今日のように光脱毛が主流となる前であればニードル脱毛を行っている店舗も多くあったのですが、スタッフの高い技術が必要なこともあって店舗は激減しています。スタッフの腕によっても痛みが違ってくるものであり、痛みに耐えられずに施術を途中で断念してしまうという人もいるほどです。それでも、光脱毛やレーザー脱毛ではできないというメリットもあるので、デメリットも理解しておきながら挑戦してみるといいでしょう。

男性にも人気のあるニードル脱毛

ニードル脱毛は、男性女性ともに人気のある施術です。脱毛は、女性の場合にはつるつるになるほどの仕上がりを希望している人が多いという一方で、男性の場合には濃いムダ毛がいきなりつるつるになるのは不自然に思われてしまうので、全体的にムダ毛を薄くしたいと希望して脱毛サロンに通い始める人も多いものです。光脱毛では、施術回数を少なく制限することによって全体的にまばらにすることはできるのですが、施術を受けるためにはその部位はきれいに除毛処理をしなければならないため、剃ったことによってつるつるの状態になってしまいます。光脱毛は一回で効果を発揮するものではなく、二ヶ月から三ヶ月に一度のペースで一年から二年ほど通うことになります。自然な濃さの仕上がりにするためには長期間不自然なムダ毛の量になっていることになりますが、ニードル脱毛なら安心です。針を刺し込むための目安として5ミリから10ミリほどの長さにしておく必要がありますが、施術を受けない部位は伸ばしたままにしておいても構わないので、脱毛に通っている間は不自然なムダ毛の量になっているということもありません。自然にムダ毛を薄くすることができ、さらに薄さも好みに合わせて選ぶことができるので思い通りの仕上がりにすることができます。
他にも、男性のヒゲ脱毛では部分的に利用している人もおり、あごヒゲは残したいという場合には光脱毛やレーザー脱毛になると境目がぼやけてしまうことになります。しかし、的を絞って一本ずつ処理ができるので、きれいな直線のラインで残すことも可能です。

メリットもデメリットも知ってから受けよう

脱毛にはさまざまな方法があり、希望の仕上がりにするためにはどの方法にするのかという選択は重要です。今日では脱毛サロンの光脱毛に通っている男性も多くなりましたが、希望部位を全て受けることができないということもあります。それは、ライトを肌に照射させるという同じような手法で行われているレーザー脱毛でも同様であり、メラニン色素でもある黒い色に反応させる脱毛法であることが原因です。ニードル脱毛なら、肌や毛の色、質に関係なく施術を行うことができるので、光が反応しない白髪や産毛などの色の薄い毛やほくろの上であっても施術を行うことができます。他にも、一本ずつ的を絞って処理をしてもらうことができるので、全体的にまばらにムダ毛を薄くしたり部分的にきれいなラインで脱毛することができるなど、希望に合わせた仕上がりにすることができます。
しかし、場合によっては我慢できないほどの傷みが発する可能性があるというデメリットも理解しておく必要があります。痛みの原因としては、強い電気を流していることやスタッフの腕にも関わってきます。熟練の技術を持ったスタッフによって行われなければ、途中で脱毛を辞めてしまうような激しい痛みに悩まされることにもなります。今日では施術を受けることができる店舗も減ってしまいましたが、少ない中でもより安全を第一に考えて高い技術を持ったスタッフが揃っている店舗探しをする必要があります。それには、実際に利用したことのある人からの口コミ評価もおおいに役立ちます。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン