目力が強い

眉毛のニードル脱毛は思ったほど痛みは強くなく回数をこなせば効果的

最近のムダ毛処理の一般的な方法は、医療機関でのレーザーやエステサロンでの光脱毛が主流になってきています。これらは広範囲の脱毛に優れており、痛みも肌の負担も少なく手軽に施術回数をこなす事が出来る事から年齢の若い人だけでなく、年配の方なども利用される事も多くなりました。最近では男性でもレーザーや光脱毛を利用してキレイを目指す人が増えており、脱毛の需要は更に増えと思われます。ただし万能に見えるこれらの脱毛方法はにも、弱点というものはあります。それは目の周りなどのデリケートな部分にはあまり向いていないという事です。レーザーや光を照射した際に光が目に入る事で危険な状態になるために、施術する側もその部分は避ける事が多いです。しかし眉毛の部分は意外と毛が密集しており、毎日自己処理をするのも大変なので何とか脱毛したいと思う人が多いです。そこでそのような部分的な眉毛の脱毛に最適なのがニードル脱毛です。昔から脱毛を行っている人には痛みの強い脱毛方法として馴染みがあるかもしれませんが、レーザーや光脱毛の陰に隠れるように存在していたニードル脱毛の人気が復活してきています。それは施術機器の進歩により昔ほど痛みを伴う事が無くなってきた事も大きいですが、何より一本ずつ確実に脱毛を行えるので眉毛だけでなく、顔の鼻の下や口周りなどにも使用して効果をあげる事が可能となっています。レーザーや光では当てづらい場所をカバーして、施術回数を重ね確実に脱毛の効果を狙えるという訳です。

痛みも少なくなり眉毛の脱毛には最適

顔のムダ毛の中で一番気になる部分はどこでしょうか。全体の細かい産毛などもありますが、特に女性にとっては眉毛の存在は気になるものです。時代によって眉毛の形が変わるほど顔の中での存在感が大きいからです。ただこの眉毛というものは毛自体が太く密集している事が多いので、好み形に整えるのは結構大変です。しかも自己処理をしたとしても直ぐにまた映えてくる生命力みなぎる毛とも言えるでしょう。この眉毛はレーザーや光では脱毛する事は危険です。目の周りというデリケートな場所の為に、黒い色に反応する光の特徴を考えれば眼球の黒さは無視出来ません。そこで他の脱毛方法で難しい部分をケアしてくれるのがニードル脱毛という事です。昔からある脱毛方法ですが当時はその痛みの大きさがクローズアップされる事が多く、それほど一般的ではありませんでした。また施術費用も高額であり回数を重ねる度に痛みに対する恐怖感が増し、今主流のレーザーや光が登場してからは存在感が薄れるようになっていました。しかし光脱毛が爆発的に人気となった今、光では扱えない部分をカバーするべくニードル脱毛に白羽の矢が立った訳です。昔とは異なるニードルによる施術方法によって痛みが大幅に激減し、誰でも耐えられるレベルになっています。特に目の周りである眉毛には一本ずつ丁寧に処理を行い確実に効果を得られるので、眉毛処理にかかっていた労力を軽減する事が出来ます。ただし一回の施術で終わるわけではないので、しっかりと回数はこなす必要があります。

ニードル脱毛の施術回数は意外と少ない

昔のニードル脱毛は毛穴に針を刺して、電気と高周波を合わせて電流を数秒間流してダメージを与えるブレンド法というものでした。これは電流を流す時間が長い為に痛みが大きく、挫折してしまう人もいました。それから時代が変わり新しいショートウェーブ法という施術方法が主流になりつつあります。これは電流を流す時間が一秒未満なので痛みをあまり感じずに行えます。しかも昔のブレンド法に比べて安全性もより配慮されているので、痛みも少なく安全性が高いという事で使用されています。施術回数は一回で終わる事はまずありえません。ある程度の回数は必要です。一度だけ行えばムダ毛が無くなると勘違いしている人もいるのですが、そこは毛の成長に関わる毛周期の問題で、レーザーや光と同じ扱いになります。何度か回数をこなして施術する事で徐々に毛が生えなくなり、最終的にキレイに脱毛される訳です。毛周期を考えて二ヶ月に一回施術し、およそ一年かけ回数をこなす事でほぼ満足出来る状態になります。当然個人差はありますが光脱毛などは二年近く回数をかけて行う事が多いので、それに比べると比較的短い期間で脱毛が可能だと言えます。医療用のレーザーなども光の出力が高い為に数回で終える事も可能ですが、光が眼球に当たる危険性を考えるとやはり一本ずつニードルで処理するのがお勧めです。ただし脱毛は毛の生え方や施術を受ける回数に個人の考えも多く関係するので、速さを求めるか、しっかりした効果を求めるか、また肌の負担などを考慮しながら進める必要があります。

ニードル脱毛でも注意が必要な事がある

ニードル脱毛は広範囲を脱毛するというよりも部分的な脱毛で利用しやすく効果がありますが、その施術範囲が少ない部分使用であっても注意するべき事もあります。眉毛の形は流行があるので、その時の流行りの形をそのまま形作ってしまうと、次の流行りの形にしたくても復活させられません。極端な細い眉毛にしてしまうと、後になって後悔する事も出て来るかもしれません。ピンポイントで脱毛可能だからこそ、基本的な眉毛の部分は残して、本当のムダ毛だけを処理するのが良いでしょう。また眉毛の施術は目の近くなので、しっかりと技術のある病院やお店を選ぶべきです。安さにつられていい加減な施術によりトラブルに合う事を防ぐ為にも、事前のカウンセリングに備えてしっかりと下調べをして疑問点はきちんと答えられるか確認しましょう。メリット、デメリットをしっかりと説明出来る所は安心できます。実際にニードル脱毛を行った後は、毛穴が腫れ上がったり赤みを帯びてきたりと、肌の状態にびっくりしてしまう事が多いのですが、焦らずに状態を確認してケアする必要があります。何日も状態が変わらず痛みや腫れに内出血があるようならば、きちんと医療機関で診てもらう事も重要です。針を刺して電流を流すので多少の痛みを伴い肌の状態も個人差により変わってきます。少しでも違和感を感じるようであれば、然るべき処置をして肌の状態を安定させましょう。特にクリニックなどの医療機関であれば痛みを緩和する消炎作用のある軟膏を処方する事が多いので、きちんと対処してくれます。

ニードルの利点を活かした部分脱毛のススメ

レーザーや光脱毛そしてニードル脱毛の全てに共通している注意すべき事は、施術後はしっかりと冷却して冷やす事です。どんな形であれ肌に軽い炎症を与えているので、それを抑えるためにもしっかりと冷やして肌を落ち着かせます。その後の保湿も行う事でさらに肌の安定に繋がっていきます。脱毛の施術期間中は紫外線は浴びないようにします。紫外線はシミの原因になりますが脱毛処理を行った肌にとっては大敵であり、日焼けした肌では脱毛行為が出来なくなります。施術回数が重要でもある脱毛すべき期間に無駄な空白期間は作らないように気をつけます。ニードル脱毛では光脱毛よりも多少痛みはあるのでそれだけ肌に負担がかかります。その為施術後すぐの入浴は避けましょう。特に石鹸や入浴剤などは肌の負担が更に増すので使用は控えて下さい。施術後の入浴に関してはどの脱毛方法でも避けた方が肌の為には良いです。毛穴に針を刺して電流を流すニードル脱毛は、脱毛が一般的になる前から存在していた草分け的存在です。当時は値段も安くはなかった為に、美容を気にする一部の女性達が利用していたものでした。今ではレーザーや光脱毛の普及によって手軽に回数をこなして脱毛が可能になりましたが、それぞれの方法には向き不向きがあるのも事実です。広範囲の部分はレーザーや光に任せ、眉毛などの部分的な所はニードル脱毛を行うなど、上手に使い分けして施術するのが良いでしょう。どんな方法でも回数を重ねて徐々にムダ毛を無くす事は同じです。ただニードル脱毛はピンポイントで回数をこなした分だけその効果も高いので、部分的に必要のないムダ毛処理に適しているのです。痛みが怖いからと尻込みせずにチャレンジして、綺麗な形の眉毛に整えてみませんか。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン