自転車に乗る男性

男性のムダ毛処理の効果も高いニードル脱毛の痛い施術なのか

近年、男性の美意識の向上に伴い、男性でも脱毛の施術が受けられる脱毛サロンやクリニックが急増しています。現在、サロンやクリニックで採用されている施術補法には、主に光脱毛とニードル脱毛があります。光脱毛は、ムダ毛を処理したい部位に光を照射して、発毛のもととなる細胞にダメージを加えて制毛をするのに対し、ニードル脱毛は、毛穴に細い針を刺して微弱の電気を流し、毛根にある発毛組織を凝固させて、毛が生える能力を奪います。光は、黒い色に反応するという性質があるので、メラニン色素を多く含む日焼けした肌に照射するとやけどのリスクがあり、また逆に、メラニン色素を含まない金髪や白髪への脱毛効果は薄いとされています。また光は、粘膜の上に照射すると、炎症を起こす場合もあるため、VIOラインなどのデリケートなゾーンに生えた毛の一部は、処理できないものもあります。一方ニードル方法は、肌質や毛質を選ばず施術を行うことができ、高い効果を得ることができるというメリットがあります。日焼けした肌はもちろん、ホクロやあざの上に生えた毛の処理もでき、男性特有の太く硬い毛はもちろん、細い産毛の処理にも適しているだけでなく、埋もれ毛にもアプローチして効果を発揮できるので、全身のあらゆる部位に生えた毛を脱毛できます。
毛が生え変わる毛周期の成長期にタイミングを合わせ、お手入れを繰り返していくうちに効果が実感でき、だんだんと毛が細く抜けやすくなり、やがて生えてこなくなります。

ニードル脱毛の効果とは

ニードル脱毛は、別名、医療針脱毛とも呼ばれる通り、主に医療機関等に分類される脱毛クリニックで施術が行われています。毛穴を処理するために針を刺すときに痛い思いをする可能性があるにもかかわらず、多くの男性からニードル方法が選ばれている最大の理由といえば、やはり効果の永続性の高さでしょう。ひとたび脱毛の施術が完了した毛穴からは、再び毛が生えてくる可能性が極めて低いとされています。ニードル脱毛が一生に一度行えばもうムダ毛に悩まされることがないのに対し、光を用いた施術方法では、再び毛が生えてこないという保証がないため、永久脱毛の効果を謳うことは法律で禁止されています。永続性の効果は、自己処理のわずらわしさから解放されるという嬉しい側面がありますが、一時の気まぐれや流行に惑わされて毛を処理してしまうと、取り返しがつかなくなってしまうので、施術を受ける前に、十分に考慮しておきましょう。
またニードル脱毛には、一本ずつを確実に処理していくため、施術に時間がかかりますが、例えば眉毛を間引きをしたり、ひげの生え際のラインを細かく整えることができるというメリットもあります。施術時間は、1分間に13本の処理をするのが平均的なペースとされています。
脱毛クリニックには、専門医の常駐が義務付けられているので、万が一のトラブルの時には迅速で的確な処置が受けられるというメリットもあるので安心です。

痛い刺激を伴うニードル脱毛

ニードル方法が痛い理由は、やはり針を使用するからです。針は極細ですが、毛穴ひとつひとつに差すので、多少の刺激は避けられません。お手入れ中に、痛いあまり涙が出てしまったり、痛い思いに耐えているうちに筋肉痛になってしまったりといった経験をした男性もいるほど。
ただし感じる痛みには個人差があります。ある男性にとっては、軽くつねられる程度であったり、また別の男性にとっては、皮膚を切り裂くような強い刺激であったりします。
また施術を担当するスタッフの腕の良し悪しも大きく影響します。腕の良い施術士だと、お手入れがスピーディーで痛みも軽減されがちです。口コミなどを参考に、腕の良いスタッフがいるクリニックを選ぶのが賢明です。施術士の疲労が技術を衰えさせる場合もあるので、脱毛の予約を取るのは、心身ともにフレッシュな朝にするという裏技もあります。
どうしても痛い思いはしたくないという男性は、麻酔クリームをリクエストするといいでしょう。エステサロンとは異なり、クリニックでは麻酔の使用が認可されています。時間と料金こそ加わりますが、麻酔クリームを塗布しておけば安心して施術を受けることができます。
近年は、脱毛マシンが目覚ましく品質改良されているので、意外に痛い思いをしなかったとの声も多く聞かれます。まずは麻酔なしでお手入れを試してみて、どうしても我慢できない場合は、部位によって麻酔を使用するといいでしょう。

部位による痛みの違いとリスク

男性から人気が高い脱毛の部位は、主に顔、腕、すねです。顔を脱毛すれば毎朝のひげのお手入れの手間が省け、剃り残しやカミソリ負けを気にする必要もなくなります。腕やすねは、毛深いのが苦手だという女性に対してのエチケットとして脱毛をする男性が多く、薄着になったときに服の隙間からムダ毛がはみ出る心配がなくなります。これらの部位の中で、ニードル方法による針を刺した時にいたいと感じやすいのは、顔です。皮膚が比較的分厚い腕や脚は痛いと感じにくいのに対し、顔やVIOラインなどのデリケートなゾーンは過敏になりがちです。
痛い思いをするからといって、出血や傷跡が残るといったようなリスクはないので余計な心配は無用です。痛い思いは針を刺すときだけなので、施術の間さえ我慢すれば、痛い後遺症などに悩まされることもありません。
脱毛完了までには、数回~10回の施術が必要とされています。痛いからといって、お手入れを途中で放棄してしまっては台無しです。脱毛効果が中途半端になるだけでなく、それまでに受けたお手入れによって得られた効果が全て水の泡になりかねません。我慢をすれば、期待した効果が得られて報われるはずです。
施術を受けた当日は、肌をいたわるためにも、発汗を伴うような激しいスポーツや入浴は避けるのが無難です。飲酒や日焼けも控えるといいでしょう。
皮膚の状態が悪化したり痛い辛さが続くようなことがあれば、クリニックに連絡を入れましょう。

痛い思いと効果を天秤にかけて施術方法選び

脱毛クリニックでニードル脱毛の施術を担当するのは、女性の場合も男性の場合もありますが、いずれも医療資格保持者で、高いスキルを身に着けているので信頼が置けます。VIOラインの陰部周辺やお尻の穴周りなどを女性にお手入れされるのは抵抗があるという男性もいますが、スタッフはあらゆる部位の施術に慣れているので、恥じらいを感じる必要はありません。
医療機関等に分類されないサロンは、スタッフの資格取得は義務付けられておらず、お手入れの質や得られる効果はサロンそれぞれが作ったガイドラインに沿って定められるので、優劣の差があるので契約をする場合は、事前に十分確認しておきましょう。お手入れを始めてみて、こんなはずじゃなかったと後悔しても、返金してもらえないケースが多いのが現状です。
ニードル脱毛のメリットをおさらいすると、やはり魅力は、永続性の高い効果と処理したい毛だけを的確に除去できるということです。デメリットはやはり痛みでしょう。女性よりも男性の方が皮膚が分厚いとされていますが、男性の方が女性よりも痛いのが我慢できないともいわれています。脱毛効果と痛みを考慮し、部位によってニードル脱毛と光脱毛を使い分けたミックス脱毛をするのもいいでしょう。
ひとたび脱毛が完了すれば、垢抜けた男性になって、自分自身に自信が持てるようになること請け合いです。痛みと引き換えに手に入れたツルツルの肌は、自慢になるはずです。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン