花冠を被った女性

ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

脱毛方法といえば、今や光やレーザーを使ったやり方が主流で、不快感なく効果が得られるのが利点です。
しかし、永久脱毛の歴史の中には、ニードル脱毛という方法が存在しており、今でもその技術に興味を持つ人が少なからず存在しています。
今の所、ニードル脱毛は永久脱毛の主流からは外れていますが、痛みと引き換えに得られる効果は絶大、というのが多くの経験者による評価です。
勿論、どれだけ永久脱毛の効果が優れていても、ニードル脱毛が耐えられる痛みでなければ、誰にでもおすすめ出来る選択肢にはなりません。
ただ、ニードル脱毛を選択する予定はないにしろ、痛みや効果の特徴を理解することで、永久脱毛の知識をより深めることが出来ます。
過去にはそのような方法が主流だったと理解することによって、現在主流の方法と相対的に比較したり、どれを選べば良いかもっと詳しくなれるでしょう。
また、現在でも提供してる施設はありますから、興味を持ったり強力な結果を得たいのであれば、選択肢の一つに加える切っ掛けとなります。
痛いのは誰でも嫌なものですが、それが耐えられる程度なら、他の方法を選択した場合とは違った結果に結び付きます。
毛は毛根からスッキリしますし、再び生えてくる心配も殆どないので、人によっては最善で有力な選択肢となり得ます。
選択を検討するならまず、理解を深めるのが一番大切なことで、それからリスクを踏まえ最終的に判断することがポイントです。

毛根から毛を根こそぎ取るニードル脱毛

ニードル脱毛の特徴は、電極となる針を毛穴に刺し込み、毛根に対して電流を流す点にあります。
毛穴に針を刺し込むので、人によってはこの時点で既に痛くなりますし、耐えられなければ継続するのは困難です。
所が、痛みに耐えられれば効果は絶大で、二度と毛が生えない永久脱毛の結果に繋がります。
電流を受けた毛根は、ダメージを受けると毛母細胞の活動を止め、完全に活動が停止した後に自然と毛が抜け落ちます。
無理に引き抜く必要がないので、この点が物理的な脱毛方法とは違いますし、痛みは施術時のみということになります。
具体的に毛が排出されるまでの期間は、毛根の状態や個人差によりますが、通常は1週間から2週間後に抜け始めるでしょう。
料金がやや高いのも特徴で、金額もニードル脱毛のネックとなっていますが、永久脱毛の効果を踏まえれば納得や理解が出来ます。
むしろ、毛の悩みの程度によっては、ニードル脱毛の方が費用対効果は高く、不快感を感じる施術が少なく済む優位性に変わります。
それでも、慎重に選ぶ必要があるのは事実なので、長所と欠点の両方に目を向けて、他の方法との違いを把握することが肝心です。
痛みの原因は、毛穴に刺し込まれる針と、針から放出される電流によります。
更に、電流を流す状態が数十秒間続くので、不快感が継続することと、時間が掛かるのもネックとなります。
意外に地味で手間の掛かるニードル脱毛ですが、永久脱毛の効果に関しては、圧倒的ともいえる期待感が存在します。

ニードル脱毛の痛みと永久脱毛効果

針を刺す痛みは、使われる針の太さに加え、施術を行う人の腕に左右されます。
刺すような感覚や、神経が痺れるような痛さと形容されるので、こういった不快感が苦手な人には不向きです。
初期の永久脱毛は、太くて使いにくい針が使われていましたが、今では進歩して改善されています。
問題は、施術を担当するプロの技術で、経験者が不足しているのが懸念事項です。
ニードル脱毛の理解が深く、経験が豊富なプロであれば、必要最小限の不快感で優れた結果をもたらすでしょう。
電流の強さは痛みに直結しますが、プロは電流と効果の関連性を考え、バランス良く調節が行えるものです。
部位によって使い分けたり、毛の状態を見ながら判断出来ますから、このようなプロに出会えるのが理想的です。
つまり、ニードル脱毛は技術その物だけでなく、施術を行う人の知識や経験も、痛みや効果となって現れることを意味します。
一方では、個人差を含む人の感覚も影響するので、僅かな刺激にも弱い人なら、耐えられず断念する恐れが強まります。
逆に耐えるのが得意で、尚且つ施術の担当者の腕が確かなら、脱毛を問題なく最後まで行える可能性があります。
肝心の永久脱毛効果は半永久的に持続しますし、ほぼ再生することがないので安心です。
仮に一部の毛が再生したとしても、部分的な対処だけで済むので、施術後のケアは極めて最小限となります。
一生ムダ毛処理を続けるか、他の選択でリスクの軽減を狙うかは、人それぞれ個人の判断に委ねられます。
施術が痛いのは本当ですが、二度と毛が生えてこないのも事実ですから、これらを天秤に掛けて選択肢に加えることになるでしょう。

主流の光やレーザー脱毛との違いとは

脱毛サロンが行う光脱毛は、広範囲の波長の光を低出力にすることで、リスクを減らしながら永久脱毛を実現しています。
光は、毛の成長を司るメラニン細胞に当たることで、毛の成長活動を止めさせ、やがて脱毛するように促します。
刺激が少ないので、結果的に痛みはあまりありませんし、それでいて永久脱毛が行えますから、多くの人達から選ばれる程人気です。
ニードル脱毛とは、この部分が一番の大きな違いで、現在主流の座の明暗を分けたと考えられます。
ただし、光は効果が出るまでに時間が掛かりますし、数ヶ月に1回施術を行い、1年から2年続ける必要があるのがネックです。
医療施設で主流のレーザーは、高出力の単一波を使うのが特徴で、部分的に強力な永久脱毛が施せます。
痛みは避けられませんが、軽減目的で麻酔が適用されるので、不快感に苦手な意識があっても大丈夫です。
光に比べると、合計5回前後の施術で永久脱毛が完了しますから、少しでも回数や手間を減らしたい人に適しています。
ニードル脱毛との比較では、施術回数こそ大きく違うものの、1回あたりの時間には大きな開きが現れます。
料金の比較については、回数以上に差がもっと大きく開く一方ですから、特別な理由がない限りどちらに優位性があるかは明確です。
効果の一点で比較するなら、施術の優位性は逆転するので、他の方法で期待した結果が得られなかった場合に、最終的な手段として検討に値します。

痛みの対価として効果がある脱毛方法

痛いのは誰しも嫌なものですが、その先に求める結果が存在する場合は、リスクを含めて選択肢となるでしょう。
優れた結果は認められていますし、実績として積み重なっていますから、疑う余地のない技術だといえます。
脱毛施術の現状から分かるのは、最初に選ぶ選択肢としての優位性はそれ程なく、積極的に選ばれていないという事実です。
選択肢の主流から外れている主な理由は痛みで、次に費用や1本あたりの施術時間が加わります。
不快感が少なく、綺麗に仕上がる技術が登場しているので、比べてしまうと優位性が下がるのは仕方がないことです。
反対に、確実な脱毛が実現するという意味では、今でも存在意義や選択肢に加える価値があります。
近年では、毛根以外に電流が流れない針が登場していますし、光やレーザーの作用が薄まる白髪でも、適用可能な特徴が見直されています。
何度も施術を繰り返す必要はなく、一度でスッキリと脱毛が実現しますから、忙しい現代人に合っているといえるでしょう。
費用はムダ毛の1本単位で発生しますが、金額は明確なので、予算や時間と相談して施術を決めることが出来ます。
優先したい部位を始めに脱毛して、次回は他の部分を施術することも可能ですから、施術を受ける人のペースに自由度が高いのも魅力的です。
施術の痛みは軽減されてもなくなりませんが、乗り越えた先にはムダ毛からの解放感があるので、他の施術では得られない感覚が味わえます。
繰り返し施術を受けなければいけないのは面倒、あるいは光やレーザーで希望した脱毛が実現しなかった時、現実的な選択肢の一つになります。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン