風船に囲まれた女性

敏感肌でもできる脱毛法の選び方、ニードル脱毛が最適

肌が敏感な人は脱毛をすると荒れてしまうことがあります。できる脱毛法も限られてきますので、まずはどのような方法なら処理が行えるのかを調べてみることが大切です。
現在行われている主な施術はニードル脱毛・医療レーザー脱毛・光脱毛・ワックス脱毛などです。このうち、ワックス脱毛はムダ毛の再生に影響を与えるような方法ではありませんので、本格的な効果を求める場合には選ぶことができません。光脱毛は利用する施設によってフラッシュ脱毛、IPL脱毛、プラズマ脱毛などと様々な呼ばれ方をされていますが、基本的な仕組みはほとんど変わりません。
選び方で重要なのは自分の求めている効果が得られるのかをしっかりとチェックすることと、費用面や施術時間、痛みなどまで総合的に判断することです。どれを選んでも一度で終わるような施術ではありませんので、何度も通うことを考えて通いやすい方法を選ぶことも大切です。
肌の弱い人は、それにプラスして負担が少ない方法を選ぶことも重要なポイントです。一般的な肌の人に比べて施術の際にトラブルが起こる可能性が高く、一度トラブルが起こればその後の施術を継続できなくなる恐れもあります。それだけでなく、肌トラブルがなかなか治らなくて日常生活に支障をきたすこともありますので、肌への優しさは十分にチェックしなければなりません。選び方を間違えなければ、肌に優しい施術を受けることは可能です。

敏感肌でもニードル脱毛は可能?

敏感肌の選び方で最初に気を付けたいのが皮膚に負担をかけない施術であるか、という点です。比較的歴史のあるニードル脱毛の場合、敏感肌でも施術ができるか気になっている人も多いようですが、結論から言えばできます。できるとは言っても肌のコンディションが著しく低下している時にはカウンセリングの際に施術を断らせるケースもありますので、誰でもできるわけではありません。ニードル脱毛を受けることを決めたら、まずは肌のコンディションを整えて多少の負担がかかっても耐えられるレベルにしておけば、施術は問題なく行うことができます。
肌コンディションを整えておくと、施術後の回復も早くなります。施術後は誰でも少しは肌のコンディションが変化していて通常よりも敏感になっていると感じるのですが、元々のコンディションが崩れていなければ数日程度ですぐに戻りますので影響は非常に少なくなります。
コンディションを整える際に行っておきたいのは保湿ケアを入念に行うことです。肌中の水分が減ってしまうとバリア機能が低下してしまいますので、外的刺激に対して過敏に反応するようになります。しかし、水分量が適切なら潤い成分の生成も活性化されますので、弾力が出てバリア機能も強まります。また、事前には日焼けをしないように気をつけることも大切です。肌が敏感な人は紫外線による影響も強く受けてしまいますので、紫外線対策も徹底しなければなりません。

ニードル脱毛のメリットとデメリット

敏感肌でもできるニードル脱毛ですが、脱毛というのはデリケートな施術ですので、やはりこの施術にもメリットとデメリットがあります。
ニードル脱毛のメリットとしてもっとも大きいのは、ほぼ確実に永久効果が期待できるという点です。現在行われている施術の中でも効果では群を抜いています。毛穴一つ一つに特殊な細い針を刺し込んで、そこに微弱な電流を流して毛根を死滅させていく方法ですので時間はかかりますが、その分高い効果を期待することができます。
また、毛穴一つ一つに電気を流す方法ですので、周辺の皮膚には影響がありません。これが敏感肌でもできる理由になっており、実際に肌の強さに自信がない人が利用するケースも多いようです。周辺の皮膚に影響がなければ、肌トラブルが現れている部分を避ければ施術が行えるということになります。敏感肌の人は部分的に肌が荒れてしまうこともありますので、毛穴一つずつに処理が行えるというのも大きなメリットになります。
デメリットは、費用や時間がかかり過ぎることです。費用と時間は大抵は比例しますので、時間のかかるニードル脱毛は高額になります。痛みが強いのもネックになっており、痛みが心配で施術に踏み切れない人も大勢います。
脱毛法の選び方として、効果や費用以外で重視されるのが痛みですので、痛みに弱いという人は選びにくいかもしれません。ただし、効果にもっとも重きを置いた選び方をしているなら、ニードル脱毛が最適です。

クリニック選びのポイントとは

ニードル脱毛を受けることに決めたら、次にクリニック選びです。選び方のポイントは、費用設定が明確になっているか、事前のカウンセリングやアフターフォローなどの体制は万全か、実際に手がけている施術はどの位あるのかが重要です。特に脱毛の施術では後から追加料金が発生していることを知ってトラブルになっているケースもありますので、最初から料金を明確にしておくことを忘れてはいけません。最後まで施術を受けてるとトータルでいくらかかるのかを書面でもらっておくと安心です。
敏感肌の人は事前のカウンセリングで相談したいこともありますし、施術を受けた後のアフターフォローが万全でないと安心して受ける事ができません。ですから、そういった体制がしっかりしていることも選ぶ際には重要です。
多くの施術を手掛けている場合には、腕が確かなことが多いので、施術の結果への満足度が高くなります。実は選び方のポイントとして腕の良いクリニックで行ってもらうというのは非常に重要であり、敏感肌でも安心して受けるには確かな技術が必要となります。どんなに優れた機械が導入されていても、腕がなければ結局は宝の持ち腐れとなって満足のいく結果は得られなくなりますし、肌への負担も心配になります。
このようなクリニックの選び方をしっかりと押さえて、後悔のないように選択したいところです。まずはカウンセリングに出向いて直接話してみることが大切です。

敏感肌の人こそニードル脱毛を

敏感肌の人はできる施術とできない施術が明確に分かれます。できる施術の中から自分に合った方法を選択していくことが重要であり、万が一途中で少しでも肌に異変が現れたらすぐに中止して回復を待たなければなりません。そのまま受けてしまえば長い間施術ができなくなる恐れがありますし、日常生活に支障が出る恐れもあります。
敏感肌でもできるニードル脱毛は、毛穴一つ一つに施術を行う方法ですので周辺の皮膚に影響を与えることがなく安心です。この施術なら確実に効果が得られる方法ですので、しっかりとした効果を実感したい場合にも選びたい方法です。
ただし、費用や時間がかかる、痛みが強いなどのデメリットもありますので、選ぶ際には総合的に判断する必要があります。
敏感肌の人はクリニックの選び方もとても重要です。費用設定が明確であることは全ての人が求めたい条件ですが、それ以外にも事前のカウンセリングやアフターフォローが万全であったり技術力が確かなことが敏感肌にとって必要な条件となります。この辺りをクリアしていないと、肌の弱い人が安心して受けることはできません。
敏感肌とはいっても、できる施術はありますので諦める必要はありません。選び方を間違えなければ、肌のコンディションを損ねることなくしっかりとした脱毛効果が得られますし、その後はムダ毛のお手入れの必要がなくなりますので新たなトラブルの原因も排除することができます。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン