T字カミソリを両手に持った男性

ムダ毛の自己処理には簡単で便利なシェーバーがお薦め

自己処理を行う時、処理方法にもっとも戸惑うのがvioです。vioのムダ毛を綺麗にしたい時には、T型でヘッドの小さなタイプがお薦めです。女性なら顔用のシェーバーを使って処理を行っても良いのですが、男性のムダ毛は剛毛ですのでツルツルにすることができません。小さめのヘッドが良いのは、全てを綺麗にするというケースの他に、自分の好みの形にムダ毛を残すという選択肢もあるからです。
自己処理でvioの処理を行う時、注意しなければならないことがあります。それはムダ毛の生えている向きの反対から剃ると皮膚に負担がかかる恐れがあるという点です。生えている方向にシェーバーを動かしても綺麗にならないことがありますので仕方なく逆剃りをすることがありますが、その場合はシェービングクリームをしっかりと塗ってあまり力を入れないようにしながら慎重に処理しなければなりません。万が一皮膚に傷をつけてしまうと、下着との摩擦により皮膚がヒリヒリと痛むことがあります。皮膚に傷がつくと茶色い色素沈着の原因になりますので、見た目にも美しくありません。男性は見た目をそれほど気にしないという人もいるかも知れませんが、自己処理で皮膚に負担をかけ続けるとトラブルが大きく広がってしまうこともありますので、まだ何も変化が現れていなくても皮膚に優しい剃り方を心がけることが大切です。vioはデリケートゾーンと呼ばれて特にリスクの高いパーツです。

背中のムダ毛にお薦めのシェーバーとは

背中は手の届きにくい部分です。自己処理用のシェーバーを選ぶ時には、縦に長いものを選ぶと体が硬くても問題なく処理が行えます。ヘッドは大きい方が良いと思われがちですが、肩甲骨の周辺などは凹凸が大きいので、あまりにも大きなヘッドだと綺麗に処理することができません。ですから、中程度のヘッドか小さいヘッドで少しずつ処理を行っていくのが現実的です。背中は範囲が広いですが、毛質は他のパーツと比べるとそこまで目立ちません。多少の処理残しが発生しても気になることは少ないのですが、感覚だけで処理するときちんと剃れませんので鏡を見ながら行うと良いかも知れません。
背中の自己処理では、実はシェーバーの角度も重要です。真っすぐのものは使いにくいので、少しだけ角度があった方が良いようです。その角度の差で手首にかかる負担がとても小さくなります。1カ月に1回程度の処理なら多少やりにくくても我慢はできますが、剃るだけではまたすぐに生えてきてしまいますので頻繁に処理を行うことになります。ですから、できるだけ楽に剃れるタイプを選ぶことが大切です。
自己処理をした後は乾燥しないように肌ケアも忘れてはいけません。背中は特に乾燥しやすい場所であり、夏などは野外レジャーなどで紫外線を浴びることもあります。乾燥すると皮膚が硬化してゴワゴワしたり、毛穴が開いてキメが粗くなったり、皮脂の分泌を増やして吹き出物ができてしまうこともあります。

脇の自己処理にはヘッドが動くタイプが良い

脇の自己処理を行う時には、ヘッドが小さめで動くタイプがお薦めです。脇の下は小さなパーツですが、凹凸がたくさんあって剃りにくい場所です。しかも、ムダ毛の質は一本一本が太くてしっかりとしていますので、剃り残しがあると非常に目立ちます。ですから、綺麗に処理するためには凹凸に沿って刃を動かせるようなタイプが適しており、コンパクトな方が使い勝手は良くなります。ヘッドが大きいと短時間ですぐに処理を終えることができますが、窪みに沿って刃を動かすことはできませんので、凹凸の出っ張っている部分しか剃ることができません。
脇の下も頻繁に自己処理を行う人が多く、ダメージが蓄積されている可能性の高いパーツです。ですから、処理はできるだけ慎重にして、終わったら清潔に保ちながら保湿を行うことも忘れてはいけません。肌のコンディションが悪くなると、せっかくムダ毛の無い状態を作れても見た目が良くありませんので、肌を健やかに保つことが重要です。
脇の下は自分の目で確認しながら処理することができますので、電動タイプを使っても構いません。電動なら手先の器用さに関わらず皆同じように処理が行えますし、力を入れなくてもスッと刃が進みますので、角質層を傷つける心配があまりありません。電動の場合は一気に剃れてしまいますので、一回肌の上を滑らせれば全て取り除けるように、片方の手で皮膚を伸ばしておくと効率の良い処理が行えます。

腕・足などの広いパーツにお薦めなのは

自己処理が行われるパーツとしては、腕や足も多い部類に入ります。腕や足は露出する機会が多く、皮膚が平らなので処理自体がそれほど難しくはありません。気になる点と言えば範囲が広いので多少時間がかかることと、太いムダ毛なら剃り跡が気にならないかということです。
このように平らで広い範囲を処理する場合、ヘッドの大きな電動シェーバーで一気に処理をしてしまうのが一番です。自己処理でも十分綺麗にできるパーツですし、特別なコツも要りません。ただし、肌の上を滑らせるスピードが速すぎると処理残しが発生してしまいますので、焦らずゆっくりと動かすのがコツです。
腕や足に対して自己処理を行う場合、どのような形状のシェーバーでもそれなりに綺麗になります。持ちやすいのはあまり厚みのないタイプであり、縦方向には短い方がやや使い勝手が良いようです。電動ならパワーの強いものがお薦めであり、短い時間でもかなり綺麗にすることができます。
腕と足は同じように処理をしますが、腕の方がやや難しくなります。それは、ムダ毛の生えている方向が定まらない箇所があるからです。その場合は、逐一方向を見極めながら剃りやすい方向を探して処理をしていくことが大切です。骨に近い部分は少しずつ処理をすると上手くいきますし、関節から遠ければ注意しなければならないポイントもなくスピーディーに処理することが可能です。足は全体的に剃りやすいので、自己処理をしやすい部分です。

自己処理をするパーツでシェーバーを選ぶ

ムダ毛の自己処理を行う場合、パーツによってシェーバーを使い分けると綺麗に処理できます。電動の方が良い場所もありますし、手動でなければ剃り残しが発生してしまうような場所もあります。また、皮膚の凹凸やパーツの広さ、生えているムダ毛の質、露出の頻度などによって、ヘッドの大きさや形を変えることも重要です。シェーバーには色々な形状がありますので、実際に持ってみると使いやすいかどうかを確認することができます。
それぞれのパーツにぴったりのものが見つかったら、実際に剃る時にはシェービングクリームを塗るなどして皮膚への負担を減らす努力をすることも大切です。とくに手動で行う場合には、ついつい力を入れ過ぎてしまって皮膚に傷をつけたり出血をしてしまうこともあります。皮膚に問題が起こるとしばらく処理を行えなくなりますので、慎重に剃らなければなりません。
電動の場合は軽く肌の上を滑らせるだけでムダ毛を無くすことができますので、不器用な人にも使いこなせるタイプです。ただし、上手く剃れない箇所があるからと言って何度も同じ場所を処理してしまうとやはりトラブルの原因になります。
自己処理でも工夫をすればツルツルの肌が手に入ります。必要に応じてシェーバーを購入し、皮膚のコンディションを見ながらお手入れを行っていくと良いでしょう。処理間隔はできるだけ開けることが大切ですので、発毛抑制効果のあるローションなどもお薦めです。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン