キスをしようとする男女

男性の悩み、気になる背中のムダ毛を自己処理する方法

ムダ毛の処理の悩みは女性だけではなく、男性でも多くの方が悩みを抱えています。
男性は女性に比べて体毛が濃い傾向にあり、その処理に時間がかかりますし、剃ると青くなってしまったりなど、男性特有の体毛における問題は数多くあります。
その中でも特に処理が難しいものの1つとして挙げられるのが背中のムダ毛処理です。
背中は普段目で見る機会は少なく、どうなっているのかは鏡で見ないとわかりません。
また処理をする場合、背中の言うのは大変処理が難しく、例えばカミソリやシェーバーを用いても背中の真ん中の方に届かせるには相当体が柔らかくないといけませんし、出来たとしても不安定な体勢になったり、上手く背中を確認出来なかったりして、剃り残しが出来てしまったり、カミソリなどの場合は怪我をしてしまったりする可能性があります。
通常であれば、誰か他の人に処理をお願いして手伝ってもらったり、脱毛サロンなどで処理してもらうのが確実ですが、こういった悩みはなかなか人に打ち明ける事も出来ませんし、体毛はすぐに生えてくるので頻繁に処理をお願いしないといけなくなります。
脱毛処理をするにしてもエステなどに通う場合は費用もかかります。
こういった事から自己処理出来る方法を見つける事で、誰にも知られる事なく、しかも安価で行う事が出来る方法が求められています。
ムダ毛自己処理の方法は幾つかあり、どれがどのようなものなのか知っておくと便利です。

脱毛テープを用いて自己処理をする

背中は目に見えませんし、手も届きにくいので剃るタイプのものは剃り残しが心配されます。
そこで脱毛テープを用いる事によって、背中をくまなく処理する事ができます。
使い方としては、テープを背中にしっかりと貼り、そのまま勢いよく剥がすというものです。
これらのメリットは貼った面が一気に脱毛出来て、しかも安価で行えるという点です。
脱毛テープはドラッグストアやネットなど、様々な所で販売されているのでいつでも気軽に購入出来るのは助かります。
体毛の自己処理は定期的に行うものなので、こういった点は自己処理の方法を考える上では重要です。
一口に脱毛テープといっても様々なものがあります。
幅が広いタイプや狭いタイプ、粘着性の高い物や逆に少し抑え目のものなど、これらは使う方の体毛などによって適切な商品が変わってきます。
例えば体毛の濃い方が粘着性の薄いものを使用すると、上手く脱毛出来ずにムダ毛が残ってしまったり、痛みが出たりします。
逆に体毛の薄めの方が粘着の高い商品を使う必要はなく、剥がす時の刺激や痛みを軽減出来る粘着性の薄いものを使用するだけで事足りたりするので、自分の状況に合ったものを使用すると良いでしょう。
安価で気軽に購入出来るものなので、これと思った商品を自分で試してみるのも、普段の処理をやりやすくする助けとなります。
こういった利便性から、まずは脱毛テープを用いてみたり普段使いをする男性が多く見られます。

脱毛クリームで自己処理をする

脱毛テープは簡単に出来て便利なのですが、剥がす時にどうしても痛みが伴います。
そういったのが苦手な方には脱毛クリームが自己処理に愛用されています。
脱毛クリームは、まずクリームを塗布してしばらく待ちます。
ある程度時間が経つと体毛が溶けるので、そうなったら水と一緒に洗い流すというものです。
脱毛クリームを用いるメリットとしては肌が弱く、カミソリ負けしてしまう方や手軽に処理出来る方法が良いという方に向いている点です。
背中一面に塗るだけなので、脱毛テープ以上に手間が掛かりません。
こちらのタイプも安価のものが様々な所で販売されているので、手に取り易いという利点があるのが大きいです。
体毛がそれ程濃くない方でも、普段の身だしなみとして用いている方も多くいます。
利便性という点では、脱毛クリームはとても向いてますが、薬剤を用いる為に商品が自分の肌に合っているかどうかを確かめる必要があります。
肌に合っていないものを使うと肌荒れの原因となるので、そういう心配がある人は肌にやさしいタイプのものを使うと良いでしょう。
薬剤独特のにおいがする場合もあるので、それらが苦手という方はにおいの少ないものを選ぶなどの工夫も必要です。
こちらは脱毛テープ以上に自分に適している商品を選ぶ事が大切となります。
体毛が薄めだけれど背中の処理を気軽に行いたいという方にはとても良い方法です。
逆に体毛の濃い方は処理に時間が掛かったりするので他の方法を検討してみるのも良いでしょう。

抑毛ローションで自己処理をする

脱毛の他の自己処理の方法として、抑毛ローションを使うというものがあります。
脱毛テープで毛を抜き取ったり、脱毛クリームで毛を溶かすといった方法ではなく、体毛を徐々に薄く目立たなくさせるという方法です。
抑毛ローションの利点としては、使用し続ける事によって体毛が目立たなくなるので、剃ったりする事によって肌を痛める心配がありません。
また塗るだけで済むので気軽に扱えるのと、1度体毛が薄くなれば後のケアはとても楽になる所も良い点です。
商品の種類も様々あり、脱毛テープや脱毛クリームほどではないにせよ、気軽に購入し、容易に使い続けられるというのもメリットです。
ただ、抑毛という特性上、処理が即時に完了するわけではありません。
効果があらわれるまで気長に使い続ける必要がある為、どうしても時間が掛かるという点はあらかじめ考えておかなければなりません。
特に体毛が濃い方などは、一般的な方よりさらに時間が掛かる可能性があるので、その点も踏まえて検討する必要があります。
また、こちらも含まれている成分に注意し、肌に合っているかどうかを確かめる必要があります。
もともと肌が弱く気になる方は、肌にやさしい商品などを使用することをお勧めします。
一気に処理したいという人には向いていませんが、毎回脱毛するのは面倒、抵抗があるという方や気長に元からムダ毛の処理をしたいという方、脱毛するまでではないけれど体毛は気になるという方には向いています。

理想の自己処理を見つける為に

背中のムダ毛は普段目立たない為、ついつい処理を忘れてしまいがちですし、隠していれば見られる心配はありませんが、夏になると肌の露出が増えますし、海水浴やプールなどに行く場合はどうしても背中は目立つようになります。
また普段銭湯やスポーツジムに行く方や、恋人や妻など、パートナーの目も気になってくる所です。
そういった後ろ暗い気持ちでいるくらいなら、しっかりムダ毛処理を行い自信を持っていた方が良いでしょう。
適切な自己処理の方法を見つけてきちんとケアする事によって、ムダ毛の悩みを抱えずに生活したい所です。
ここに挙げたものは自己処理にとても有効ですが、それぞれの長所、短所などをしっかり把握して、自分の環境や体質、時期など応じて使い分けるとさらに効果的です。
例えば数日後に銭湯に行く場合などはすぐに自己処理出来る脱毛テープや脱毛クリームを用いて、夏に向けてしっかりと処理していく為に普段は抑毛ローションを使っていくなど、これらは別に1つだけを使う必要はなくそれぞれを適時使用して行くことで、より理想の自己処理が出来るようになるでしょう。
ムダ毛の自己処理は継続的に行う必要がありますが、これらの方法は手に取り易く、続け易いのが特徴です。
背中が気になるけれどまだ処理をしていないという人は、まずは近くのドラッグストアやネットを検索してみて、どんな商品があるのかを確認してみる所から始めてみて、気になったら試してみるのが良いでしょう。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン