桟橋に座る帽子を被った男性

男性がレーザー脱毛を受けるときに痛い部位ってどこ?

男性の脱毛は、女性と違って1つ1つの毛穴が大きく毛が太いので痛みが伴います。痛みの種類としては、レーザー脱毛を当てるとその瞬間にぱっと熱くなり、ちくちくとした鋭い痛みです。特に痛みのある部位としては、やはり毛が太いヒゲ、脇、足などです。これらの箇所についてはかなり痛く、初めて受ける際には、思わず声が出てしまうほど痛いです。痛みの程度としては、注射と同じかそれよりも痛いかもしれません。やはり毛の濃さによって薄い人はそこまで強く傷みは感じませんが、人並みに濃い人は強くかんじます。レーザー脱毛は光を部位にあてて脱毛をすすめていきますが、狭い範囲にじっくりとあてて行っていきます。ですので、1つの部位を脱毛するのに10分程度は必ずかかります。これをいくつかの部位する場合には繰り返し受けなければなりませんので、痛いのが苦手という人にはちょっと辛いかもしれません。1度は耐えられたとしても、脱毛は約8回は通わなければならないのでどんどん通うのが苦痛になるということもあるようです。スタッフに言えば、施術をゆっくりにしてもらったり、氷水などで部位を冷やしてくれたりするところもあるようですが、正直そういった工夫ではそこまで痛みは変わりません。レーザー脱毛以外の方法で脱毛をすすめるサロンもありますが、どんな方法であってもある程度の痛さは発生しますので男性が脱毛するのはなかなかハードルが高いです。

他の部位の痛みの程度とは

毛がそこまで濃くない部位については、ヒゲや脇などに比べるとそこまで痛みはありません。ただし、やはり熱さとチクチクとしたちょっとした痛みは生じます。ですが、我慢できないというほどのものではありません。また、そういった熱さと痛みについても瞬間的なものなのですぐに消えていきます。ですので、瞬間的に我慢できれば全く問題ありません。首や腕、また背中などについては、毛が薄めの部位なのでそこまで痛くないですよ。レーザー脱毛は、レーザーを毛穴にあてることで毛が抜けてそれ以降はえてこないようにしていくものです。ですので、1回目の施術の際がどこの部位も1番痛いです。男性の場合、気になる部分だけを脱毛する場合が多いのでヒゲのみの施術を受ける、という人が多いです。ヒゲは特に痛い部位ですので、初回は正直にいうと「本当に大丈夫なの?」と思うほど痛いです。ただし、それ以降は少しずつ生えてくる毛の量は減りますしどんどん実感を感じられるようになっていきます。脱毛は何回も通って完了するものですので、あまり痛くない部位についても一緒に脱毛しておいて、すっきり気になるところは全て脱毛をしてしまうというのもいいかもしれません。1つの部位を脱毛すると、他の場所についても少し毛がはえているだけでも気になってくるものです。まとめてきれいに脱毛しておくと、自分も安心しますし周りからの評判もよくなるかもしれません。

痛くてもレーザー脱毛が人気の理由

レーザー脱毛は、医療脱毛に比べてかなり値段がリーズナブルなので多くの人がチャレンジしやすいです。8回コースで全身脱毛の場合、リーズナブルなところでは30万円程度で契約できます。女性は12回で30万円程度のところが多いので、比べると少し高いですがボーナスが入れば払える金額ではあります。それに比べて医療脱毛の場合は、男性だと8回でも100万円近い金額がかかる場合が多いです。100万円となるとちょっとやそっとでは決意できない金額ですので、おのずとレーザー脱毛を選ぶ人が増えます。また、レーザー脱毛は効果もしっかり感じられます。1回施術を受けただけでも、ぽろぽろと毛が抜け出すので見た目的にどんどんきれいになっていくのは気持ちいいです。毛が濃い人であっても、2回3回と通えば必ず効果が感じられます。女性はもちろん、男性で剛毛な人であってもレーザー脱毛にきちんと通いきれば、ツルツルの肌にまで仕上げることは可能です。レーザー脱毛は毛の周期に合わせて施術を受けることが必要なので、2ヶ月に1回程度通うことになります。そのスパンも社会人であればちょうど通いやすいということもあり人気があります。また、レーザー脱毛の場合も毛穴が大きいところは痛いですが、医療脱毛よりは痛さはかなりマシです。医療脱毛は耐えられないほど痛いと感じる人も多いので、痛いのが苦手という人は、レーザー脱毛を選ぶ場合が多いです。

痛みを軽減するための工夫とは

各サロンでは、痛みを軽減するためにいろいろな工夫が行われています。例えば、一番効果があるものとしては「ゴリラクリニック」ではレーザー脱毛する前にオプションで麻酔を受けることが可能です。1回につき3000円程度かかりますが、やはり当然ながら麻酔をかければ痛いと感じることはありません。ただし、麻酔には抵抗があるという人も多いでしょうし麻酔をかけること自体が痛いので、あまりしたくないという人も多いでしょう。どうしても耐えられない、という人や全身や多い部位を脱毛する場合は時間が長くなりますので心配な男性はしておいてもいいかもしれません。また、多くのサロンでされていることとしては部位をあらかじめ冷やしておくということです。原始的なやり方ではありますが、氷水や冷たいジェルなどを塗っておいて麻痺させるという方法です。レーザー脱毛は瞬間で終わるので、あらかじめ冷たくしておけば少しは痛みは軽減されます。ただし、冬は寒いのであんまりやりたくないですね。男性は痛いことに強いですが、このような工夫が必要になるほど脱毛は痛いものです。ただし、1回目がやはり1番毛が濃い状態ですので1番痛いためそれ以降はちょっとずつ軽減していきます。死ぬわけではないので、気合で乗り切るという心意気で挑んでいる人も多いようです。30代40代で始めるという人はお金がある人も多いので、麻酔などを活用している人もいます。

男性の脱毛はとにかく痛い

男性がきれいに脱毛をしていくにあたって、痛みとの戦いはやはり1つのテーマになります。しかし、何回か通えば美肌になれると思えば我慢できる、という男性も多いです。痛みを感じることでやけどになったり、肌荒れするということはほとんどありませんのでその辺りは安心です。「男性なのに脱毛するのか」「なんとなくサロンに通うのが恥ずかしい」という人も多いですが、脱毛サロンのスタッフはほぼ全員男性なので男性特有の悩みも相談しやすいです。なので、痛くて痛くてしょうがないという場合も相談すれば何らかの解決策を提案してくれるはずです。通っている人も男性ばかりなので、安心して通うことが出来ます。がんばって脱毛を完了させられれば、それからは一生キレイな肌で人生を歩んでいきます。ハーフパンツやノースリーブ、水着だって心配なく着られるのでファッションの幅も広がります。人生は長いので、男性はあまり美容にお金をかけることはありませんがこの脱毛についてはかけておいて損は全くありません。女性ウケも、必ずよくなります。毛のコンプレックスは、そのままほっておくだけでは何も解決されません。気になるという人は、勇気を出して一度相談に行ってみましょう。最近はサロンも数もかなり増えているので、家や職場の近くにも探せばあるはずです。また、契約コースについてもいろんなものが増えているので、きっとちょうどいいコースが見つかるはずです。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン