仁王立ちの男性

男の陰部にメンズ脱毛クリニックやサロンで脱毛の施術を受ける

女性がVライン、Iライン、Oラインといったアンダーヘアを脱毛の施術を受けて整えるのは珍しいことではなくなりましたが、男の陰部も脱毛の施術を受けてアンダーヘアを整えることは珍しいことではなくなりつつあります。
男の陰部はヒゲに次ぐ人気がある部位となっていて、多くの男性が脱毛の施術を受けてアンダーヘアを整えています。
男の陰部に限らず、体毛が濃い部位に関しては、脱毛の効果が抑えられているメンズ脱毛サロンの光脱毛の施術より、脱毛の効果が高いメンズ脱毛クリニックの医療レーザー脱毛の施術が人気があります。
体毛が濃い部分は、特に脱毛の施術を何度も繰り返して受ける必要があるため、ある程度脱毛の効果が実感できるようでないと、次回の脱毛の施術を受けるためのモチベーションを保つことが難しいです。
男の陰部をメンズ脱毛サロンで光脱毛の施術を受ける場合は、何回分かの光脱毛の施術をセットとしてまとめて先払いで契約する場合もあるので、途中で男の陰部脱毛の施術を受けるのを止めてしまうと、お金が無駄になってしまう可能性も否定できません。
ただし、医療レーザー脱毛にはデメリットもあり、施術に伴う痛みが非常に強いです。
特に男の陰部は、脂肪や皮膚が薄くなっている部分であるため痛みが感じやすい部位となっています。
医療レーザーの出力を調整したり、笑気ガスを吸引したりしても痛みに耐えられない場合は、光脱毛の施術を受けることも検討する必要があります。

メンズ脱毛サロンで陰部を脱毛する特徴

メンズ脱毛サロンで行われる光脱毛は、脱毛の効果が薄いので何度も繰り返し光脱毛の施術を受けるためにメンズ脱毛サロンに何度も通う必要があるというデメリットがありますが、医療レーザー脱毛で感じる痛みが強過ぎるという方にとっては、痛みを感じにくいというメリットがあります。
医療レーザー脱毛は、脱毛の効果が高いとはいえ、何度か繰り返し脱毛の施術を受けるためにメンズ脱毛クリニックに通う必要があるというのは、光脱毛と同じなので、通うのが憂鬱になるほど痛いというのであれば、続けることが難しくなってしまいます。
そして、メンズ脱毛サロンは、他の美容の施術のノウハウを生かして、ただ光脱毛の施術を施すだけでなく、肌のケアを施してくれることが多いというのが特徴です。
脱毛の施術に伴う痛みが感じやすくなる原因の一つに、肌が乾燥しているということが挙げられます。
光脱毛の施術と一緒に肌の保湿ケアも施してもらえれば、光脱毛の施術に伴う痛みをもっと軽くすることができるだけでなく、陰部を綺麗にしたいという希望を違った意味でも叶えてくれることになります。
そして、光脱毛は、一回辺りの脱毛の効果が抑えられているため、逆に考えると、陰部の体毛の濃さの微調整がしやすいというメリットがあります。
陰部は男性も女性もアンダーヘアを完全に目立たなくする人は、ごく一部で下着で隠れる部分は残しておいて、なおかつ適度に薄くするのが一般的になります。

メンズ脱毛クリニックで陰部を脱毛する特徴

メンズ脱毛クリニックで行われている医療レーザー脱毛の施術は脂肪ののりが薄く、皮膚の組織自体も薄い陰部では、痛みに耐えられない可能性があるというデメリットがありますが、一回辺りの脱毛の効果が高いので、確実にアンダーヘアが薄くなってきているという実感を得やすくなるというメリットがあります。
単にアンダーヘアの見た目を整えようという動機で、メンズ脱毛クリニックでの医療レーザー脱毛の施術を受けてみたところ、蒸れにくくなったり、トイレットペーパーが体毛と絡まりにくくなったり、アンダーヘアが下着に巻き込まれにくくなったり、痒みや臭いが気にならなくなったりといった、期待していなかった効果を得ることがあります。
これにより、医療レーザー脱毛の施術を受けることに対して楽しみが生まれてきます。
医療レーザー脱毛の施術を受けるためにはアンダーヘアを、実際に医療レーザー脱毛の施術を受ける、およそ二日から三日ぐらい前に剃っておく必要があったり、予約を入れるために公式のホームページにアクセスをして手続きを行ったりと、ある程度の手間をかける必要があるため、医療レーザー脱毛の施術を受けることに対して楽しみがあるということは、大切なこととなります。
脱毛の施術を受ける前に陰部の体毛を剃っておく必要があるのは光脱毛も同じですので、施術を受ける必要がある回数が多い光脱毛は、手間がかかるということになります。

陰部を脱毛するところの選び方や注意点

医療レーザー脱毛の施術を行うメンズ脱毛クリニックも、光脱毛の施術を行うメンズ脱毛サロンも、得意とする部位が違っていることがあります。
ヒゲの部分脱毛を中心に行っているところは、アンダーヘアを整える脱毛の施術をしたことがある経験がほとんどない人が施術を施すことになる可能性があります。
それどころか、アンダーヘアの脱毛の施術自体を行っていないところもあります。
ですので、まずはアンダーヘアの脱毛の施術を行っているかどうかを確認して、アンダーヘアの脱毛の施術を行っている場合は、充分に経験を積んだ施術者が脱毛の施術を行ってくれるかどうかについても確認しておく必要があるため、注意が必要です。
陰部は、形も複雑で、脱毛の施術を受ける人の希望通りの形に残したり、薄くしたりする必要があるため、アンダーヘアに脱毛の施術を施すときだけいに必要とされる独自の技術が必要となります。
そのため、脱毛の施術を受ける人の希望を充分に聞き取ってくれる体制が整っているところを選ばないと、変な形でアンダーヘアが残ったり、残っている部分が濃すぎて不自然な仕上がりになってしまうことがあります。
そのため、無料カウンセリングなどといった脱毛の施術を受ける人の希望を聞き取るための機会や時間がしっかり確保されているメンズ脱毛クリニックや、メンズ脱毛サロンを選ばないと、後になって後悔してしまうことになるため、注意する必要があります。

男の陰部の部位について

男の陰部の部位には、いわゆるビキニラインといわれる部分のVラインと、男性器に直接生えている体毛と、その部分を指すIライン、肛門の周りの部分を指すOラインがあります。
下着に絡まりやすいIラインに生えている体毛や、ティッシュペーパーが絡まってしまいやすいOラインについては、残しておかず、全ての体毛を目立たなくする脱毛の施術を受ける人がほとんどです。
しかし、Vラインに生えている体毛については、全て目立たなくしてしまうとパートナーも驚いてしまう可能性もありますし、銭湯や温泉などといった不特定多数の同性の人たちに裸を晒す場面で、珍しがられてしまう可能性もあります。
IラインやOラインについては、人によってほとんど生えていない人もいるため、全ての体毛が目立たない状態に仕上げたとしても不自然ではないですし、あまりじっくりと他の人に見られる部位ではないので問題はないのですが、Vラインについては、状況によっては人に見られてしまうことがありますし、成人の男性であれば全く生えていない状態なのを人に見られると不自然に感じられてしまうことがあります。
男性器の根元の辺りを一番濃い状態にして残しておき、へその穴の方に近づくに従って、少しずつ薄くしていき、どんなに小さな下着を穿いたとしても、はみ出さないぐらいの範囲を残しておくというのが、多くの人が感じる理想的な形となります。
そのような状態に仕上がれば、蒸れたり、臭ったりする心配はほとんどなくなります。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン