背中を脱毛する男性

男性が脱毛する場合にレーザー脱毛とニードル脱毛のどちらが最適なのか?

現代社会では男性の中でもムダ毛をきちんと処理して清潔感あふれる自分を演出しようとしている人が増えています。そこでサロンやクリニックを訪れて脱毛施術を受けるわけですが、重要なのはどのような脱毛方法を選択するのが自分にとってベストかをしっかりと考えて答えを出すことでしょう。

中でも今最も人気の高い施術と言われるのがレーザー脱毛です。これはサロンかクリニックかによって出力の差はありますが、一度の照射エリアが広いことによって男性のような毛量が多い場合でも的確に照射し、短時間で施術を終えることができるのです。

そのメカニズムはというと、まず専用機器から照射された光のエネルギーが毛穴奥にある毛根の黒いメラニン色素と反応して熱エネルギーを自動的に集中させます。こうすることによって瞬間的に毛根の温度が高まり、破裂音とともに組織を破壊したりダメージを与えることが可能となります。

こうやって成長力や発毛力を失った毛根は、施術後の一週間から二週間後に毛穴から自ずと抜け落ちていき、最終的にムダ毛がなくなったスベスベの状態を得ることができます。ただし、ムダ毛は毛周期によって生えてくるタイミングも異なりますので、二週間から一ヶ月に1度くらいの割合で照射を続けていくことで満遍なく照射でき、徐々にムダ毛の生えにくい肌コンディションを獲得できるようになるのです。

ただし、レーザーの威力はそこまで高いものではなく、あくまで永久脱毛ではなく、ムダ毛が生えにくい状態を形作るのみに留まります。また、万が一にも肌に黒ずみやシミ、ほくろなどがあるとレーザーがそれらに集中する可能性が出てくるので、施術が受けられない可能性も生じます。まずは脱毛士にしっかりと相談した上で決めるのが一番です。

ニードル脱毛のメリットとデメリットとは?

世の中には数多くの脱毛方法が存在しますが、どれも完璧にムダ毛を脱毛してそれが一生生えなくなるのを意味するものではありません。唯一の永久脱毛の方法をあげるならば、それはニードル脱毛になるでしょう。

これはニードル、つまり細長い針を用いて脱毛を行います。多くの場合には微量の電流を帯びたこのニードルを脱毛したい部位の毛穴ひとつひとつに刺し、その毛穴不覚に埋もれた毛乳頭をはじめとする毛根部分に電流を流して組織を死滅させることになります。このようにしてダメージを受けた毛根はもう二度とムダ毛を成長させたり、発毛させることができなくなるでしょう。さらにこの針を刺して抜くという動作を繰り返す時、毛穴の中の毛根も一緒に除去されますので、
レーザー脱毛みたいに自ずと抜け落ちていくのを待つ必要はありません。

このような永久脱毛効果を持っている反面、あくまで脱毛士による手作業で進んでいきますので、広い部位だとかなりの施術時間がかかってしまうのが難点です。一人の脱毛士の力では足りず、同じ時間に二人が施術を行うケースもありますので、そのクリニックがどのような対応をしてくれるかによって条件は変わってくるでしょう。

また、脱毛施術においてはニードルを刺したり抜いたりを繰り返すのでかなりの痛みが間断なく続くことになります。こういった面で痛みに耐えきれないという人もいたり、あるいは長期間にわたって通い続けることが困難になったり、その高額に及ぶ費用を支払いきれない問いった点において
この脱毛法を苦手とする人もいるのが現状です。

費用と時間と効率性で選ぶならレーザー脱毛

それでは両方の脱毛法はどのような観点によって選択すべきなのでしょうか。まずは男性にとっては仕事や学業などと両立させながらの脱毛となることから、できるだけ低料金で、時間のロスも少なく、さらに効率良く脱毛できる体制がベストとなるのは言うまでもないことです。

その点でいうと、レーザー脱毛は様々な脱毛法の中でも最も短時間でスピーディーに処理できる選択肢であり、何よりも照射によって自動的にメラニン色素と反応して毛根にダメージを与えてくれるところが優れていると言えるでしょう。そのため背中や足や腕、胸、ヒゲなど毛量の多い部分を効率良く脱毛するのに便利です。

またこの効率性や作業の速さは料金にも直結します。脱毛士への負担や手間暇、人件費などがその料金の基本となることから、短時間で簡単に済ませることができるレーザー脱毛はこれらの条件を満たして効率性と手頃な料金のどちらも満たしてくれるものと言えるでしょう。また低料金だとワックスやジェルを使った脱毛方法もありますが、これらはその脱毛効果も限定的なもの。その点、最終的な脱毛効果の面でもレーザー脱毛は多くの支持を集めており、初めてこの施術に挑戦する人でも第一歩を踏み出しやすい脱毛方法なのです。

ただし、レーザー脱毛には様々な機器が存在しますので、お目当てのサロンやクリニックにどのような機器が導入されているのかをしっかりと見極めた上で契約することも重要です。

脱毛の確実性で選ぶならニードル脱毛

一方で、レーザー脱毛のネックになるのはあくまで限定的な脱毛効果にとどまるということです。完璧な永久脱毛を施すには、やはりそれなりの強力な脱毛に身を託すしか方法がありません。そこで多くのニーズを集めているのがニードル脱毛です。

ニードル脱毛は施術を全て手作業で行うことから、毛量の多いところなどはスピーディーに進めていくのが極めて困難で、かなりの時間を要することで知られています。その分、料金も高めになることが多いのが実情です。しかし一度施術を施すとその部分は確実にムダ毛を払拭することができて、毛根部分から根こそぎ根絶しますのでそこからは二度とムダ毛が生えてきません。もちろん毛周期などにかかわらず、全ての毛穴からニードルを刺していくので同じ場所を何度も行う手間暇も必要ないでしょう。

そのため男性の中には昔からコンプレックスに感じていた部位をニードル脱毛で完璧に脱毛したり、あるいは朝の出勤前に時間のかかるヒゲ処理をなくすためにニードル脱毛でヒゲを整えやすいようにデザイン脱毛する人も少なくありません。

また、レーザー脱毛だと肌にあざやほくろなどのメラニン色素の発露があるとそれにエネルギーが集中するために施術ができませんが、その場合でもニードル脱毛には何ら関係はありませんので、この施術を受けることによってムダ毛を脱毛することが可能となります。施術料金はレーザーの方が安いものの、ずっと通い続けることを考えるとニードル脱毛でスッキリ永久脱毛する方がトータル的に安上がりになるという見方もできるでしょう。

それぞれの条件やニーズを総合して決断を

どちらの脱毛方法が自分にとって最適なのかは、ムダ毛払拭したいと願うすべての人にとって悩ましい選択肢と言えるでしょう。まずは自分の肌コンディションを確認してもらって、シミや黒ずみ、ほくろなどがないかどうか、どちらの脱毛法でも行けるのかどうかを脱毛士にチェックしてもらうのは極めて重要なことです。

またそれに伴う費用や施術期間、痛み、リスクなどの問題に関しても最初のカウンセリングでしっかりと説明してもらって、互いに納得がいった時点で契約を結ぶことが重要です。またレーザーのテスト照射などを通じてアレルギー反応が出ないかどうかをチェックする仕組みを持ったサロンやクリニックもありますので、活用してみると良いでしょう。

そして施術中の痛みの問題も重要です。男性なので自分は痛みには強い方だと甘く見ている人も少なくありませんが、実際にはニードルもレーザーもかなりの痛みが生じることがあります。特にニードルは間断なくチクチクと刺す痛みが生じ、レーザーは輪ゴムで弾くような痛みが続きます。決して我慢することなく、耐えられない痛みであれば脱毛士に相談することで麻酔クリームや笑気ガスを使用したり、あるいは患部をこまめに冷やすなどの処置を取り入れてくれるものもあります。

また導入している機器によっては照射と冷却を同時に行うものも多く、最近ではサロンのレーザーでもクリニックに近いほどの脱毛効果を持ったものも出てきています。様々な情報を総合的に判断した上で決定することが望ましいでしょう。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン