ポーズをとる女性たち

レーザー脱毛の副作用の一つである毛嚢炎に注意をしよう

レーザー脱毛をこれからしようと思っているときには、どれぐらいのお金がかかるのか、そして何回ぐらい頑張って通えば無駄毛のない綺麗な肌になるのかということを重点的に調べているのではないでしょうか。エステサロンを利用するよりクリニックでレーザーを使う方が費用も上がりますので、求める効果が出るようにと思うのは当然のことです。定番の脇であれば一回の値段もそれほど高くなく、3000~5000円程度でも施術が可能なので、お試しで脱毛をしてみるのにもおすすめです。それ以外の手足などの他のパーツに関しても、クリニックによって範囲を大きいパーツと小さいパーツなどに分けて施術が出来るようになっているので、必要なパーツだけを綺麗にするのもいいですし、または全身を一気に無駄毛のない綺麗な肌にしてしまうのも良いでしょう。どちらを選ぶ場合でも、実際に施術を行う時には前日までにやっておきたいことや、施術を終えた後の注意なども無料カウンセリングの時に説明があります。施術部位の毛を剃っておくことも準備の一環ですが、施術が終わった後はなるべく安静にしておくことなどいろんな話があるので聞いておきましょう。レーザーを照射するというのは、自分が思っている以上に肌への負担になります。最終的に綺麗になって通い終えればいいのですが、クリニックからの注意事項は忘れずに聞いておいて、安心して施術をして過ごせるようにしましょう。

レーザー脱毛の後には副作用も稀に出ます

レーザー脱毛の効果は永久的なものとして知られていますが、その一方で施術の後には副作用が起こる可能性もきちんと説明があります。脱毛の仕組み自体がレーザーを照射して熱を毛根に与えて破壊するのですから、肌にも当然ながら影響が出てきます。軽いやけどのような状態になることもあるので、場合によっては肌が赤くなったりすることもあります。かゆみなども出てきたりすることもありますので、施術の後にはクリニックから塗り薬も処方がありますので、そちらを使うようにすれば大抵は収まります。それ以外の皮膚症状として、毛嚢炎が起こることもあります。難しい時ですが、見た目は白色または赤色のニキビのようなものがぽつぽつとレーザーを照射した部分に出来るのです。一見するとニキビに見えるので、何で出来てしまうのか悩んでしまうかもしれませんが、一時的なものなので一週間ほどすれば収まることが殆どです。副作用があると言われてしまうと、やはりレーザー脱毛をするのはやめた方がいいのかなと思ってしまうかもしれませんが、そんなに毎回出るわけではありません。それに、肌トラブルが出てきた場合でもクリニックでの施術になるので、すぐに相談が出来るのでフォローもしてもらいやすいですから安心できます。事前の無料カウンセリングで料金や施術の流れなどの基本的なこと以外に、どんな作用が起こるのかも説明や注意をしてもらえますので、不安にならず脱毛をして下さい。

なぜ毛嚢炎ができるのか

脱毛をしにきたはずなのに、なぜ毛嚢炎が出来てしまうのか、とても不思議なのではないでしょうか。毛嚢炎駕できる理由としては、レーザーで毛穴に熱を送り毛根を破壊するだけでなく、その周辺にも熱を当てているので、見た目には変化がないように見えても乾燥するなど肌はダメージを受けています。皮膚が本来持っているバリア機能も一時的に低下してしまうので、常在菌であるブドウ球菌などに感染して発症してしまうのです。普段からニキビケアをしている方も多いと思いますが、もしもレーザー脱毛をした後に毛嚢炎が発生した場合には、どのクリニックでもすぐに連絡をするようにと言ってくれますので、なるべく早く電話で連絡をしてどのように処置をしたらいいのか指示を仰ぎましょう。症状を診察してどんな状態になっているのかを確認してからきちんと処置をしてくれます。すぐにクリニックに行くことができないという時にはそのことも説明した上で、行きやすい日時に出かけるといいでしょう。手で触ったりすると余計に雑菌がついて酷くなって治りが遅くなりますので、もしも発症した場合にはなるべく触れないようにして休息を取って下さい。副作用の一つとして毛嚢炎は定番ですが、レーザー脱毛に慣れていない人にとっては副作用がでるのは本当に不安になってしまいます。様子を見る方もいますが、一度はクリニックに連絡をして対処を仰ぐ方がいいので、放置しすぎないように注意をして下さい。

副作用を起こさないために注意すること

レーザー脱毛の副作用として知られているものの、起こさないためにはどんなことに注意すればいいのでしょうか。レーザーを照射した後の弱った状態の肌や毛穴に菌が入り込んで発症しますので、感染しないように清潔な状態を保つことが大切です。洗顔もやりすぎると皮脂や潤いを奪ってしまいますが、適度な洗顔としっかりすすぐことや、顔や体に触れるものを清潔にすることも毛嚢炎の予防には大切です。施術のすぐ後は風呂には入らないようにと言われますが、シャワーは使ってもいいのでさっぱりと汚れを洗い落として保湿をすることも忘れずに行いましょう。自分では何をしたらいいのか、実際にぷつぷつと赤いものが出来てしまうと、毛嚢炎なのかニキビなのか分からなくてそのままにしてしまったということもあるでしょう。綺麗に治ればいいのですが、そうでない場合もあるのでもしも何か肌トラブルかもしれないと思ったらすぐにレーザー脱毛をしてもらったクリニックで連絡をして話をしてみて下さい。基本的には最初に行われる無料のカウンセリングの時にじっくりと副作用や注意などのことも話してもらえますが、その時に分からなくてもとりあえず脱毛したいからと契約をする方がいます。肌トラブルなども出ないで施術が終わればいいのですが、もしも出た時には大変なので、分からない時にはしっかりとクリニック側に確認をして納得してから施術をしてもらうようにしましょう。

副作用も乗り越えれば無駄毛とさよなら

レーザー脱毛はエステのフラッシュ脱毛よりも出力が強いので、脱毛効果も出やすいと言われています。かよう回数も半分程度になるので、なるべく早く綺麗な肌にしてしまいたい時にも良い方法です。ただし、注意としては毛嚢炎などの副作用も起こりうるので、利用をする時にはきちんとクリニック側に疑問点を確認するなどして万全の体制で脱毛に挑むことも大切です。肌トラブルとしてはニキビに似ているので、何となく気にはなっても放置しがちなので、何かトラブルかもしれないと思った時点で注意深く観察してからすぐにクリニックに相談してみて下さい。何事もなければそれでよいですし、もしも診察が必要な時には指示に従っておくほうが治療も安心して行えるからです。あまり毛嚢炎という言葉は聞きなれていないですが、それ以外にも肌の赤みが長く続いて引かない時や、かゆみや痛みが続くという時もありますので、その時も遠慮なくクリニックに連絡をして下さい。施術の後に処方される軟膏やクリームなどがあればそれで対処をするのが基本ですが、不安を抱えたままだと治りにくいですから、適宜連絡をすることもスムーズな脱毛をするのにはとても大事なポイントとなります。注意事項もたくさんあるのですが、レーザー脱毛もしっかりと通い続けることでこうした副作用なども減ってきますので、頑張って周期的に通って自分の無駄毛のお手入れからも解放されてしまいましょう。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン