ハンモックに寝る男性

脱毛をする男性は光脱毛とレーザー脱毛の違いを把握しておこう

シェービングでムダ毛処理をすれば十分と考えている男性は多いですが、肌のためを思うならプロに任せるべきでしょう。
男性におすすめの脱毛はエステの光脱毛で、出力が弱い光で毛根に刺激を与えるため、肌が荒れにくいというメリットがあります。
エステ脱毛は痛いというイメージがあるかもしれませんが、それもかなり昔の話になりました。
昔のエステは医療機関と同じくレーザー脱毛を導入していたので、今よりも肌荒れのリスクが高かったのです。
エステは治療行為が行えないので、もしトラブルが発生しても簡易的処置しか行えません。
そのためクリニックと連携サポートを用意するエステが多いのですが、たとえ連携していても直接クリニックで治療を受けるほどスムーズには行きません。
そのため最近は低刺激の光脱毛が主流となり、肌質を問わずに脱毛を受けられるようになったのです。
レーザーより処理回数は多くなりますが、痛くないので苦痛になりません。
1回あたりの処理時間は大幅に短縮されているので、忙しい方にも最適なのです。
光脱毛をするデメリットは、無理な勧誘をされる可能性があること、レーザーほどの効果を期待できないことなどがあります。
効果のほどは個人差があるので、実際に体験してみないとわかりません。
ローンを組むとエステの乗り換えが難しくなるので、月謝制の支払い方法をおすすめします。
利用するたびに料金を支払うシステムなので、高額ローンを抱える心配がないのです。

確実に脱毛したいならレーザー脱毛を

男性はムダ毛が濃いので、確実に処理したいなら効果の高いレーザー脱毛がおすすめです。
光脱毛と混同されやすいですが、出力は圧倒的にレーザーのほうが強いのです。
照射範囲を狭くした分だけ出力が強く、処理回数を減らしたい方に最適と言えます。
医療機関でしか受けられないので、脱毛専門のクリニックを利用してください。
レーザー脱毛は永久脱毛を可能とするのがメリットであり、これは光やワックスによる脱毛では実現できません。
光は毛乳頭に刺激を与えることができますが、破壊することはできないのです。
これに対してレーザーは毛乳頭を破壊するため、確実にムダ毛を薄くすることができます。
エステである程度薄くしたけど、それ以上は薄くならないという場合にも役立ちます。
男性は女性よりも体臭が強いため、体臭を抑えるために脱毛する方も多いです。
特にわきが・すそわきがを解消するために最適であり、肌がツルツルになると自己処理も不要になるので肌荒れ対策としても効果的です。
デメリットは光脱毛よりも痛みが強いことであり、これは照射パワーが強いことによります。
ただ追加料金で麻酔を使用すれば、エステ未満まで痛みを抑えることができます。
費用はエステより高額と言われていますが、実際にはそれほど違いがありません。
脱毛効果と費用のコスパを考えた場合、エステよりもお得になるくらいです。
脱毛方法で迷ったらレーザー脱毛と言われるほど、確実・安全な方法なのです。

お手軽さで選ぶなら光脱毛

光脱毛は手軽に脱毛できますし、しっかりと減毛効果を得ることもできます。
家でシェービングや毛抜き、ワックスなどで脱毛している男性は多いでしょうが、薄くすることはできないでしょう。
自己処理はムダ毛そのものを処理できますが、毛根にダメージを与えることはできません。
そのため何年処理を続けても、ほとんど薄くならないと考えてよいでしょう。
光脱毛は減毛を実感できるだけでなく、思いのほか痛くありません。
事前に肌を鈍感にする冷却ジェルやスプレーなどを使用するので、昔のエステ脱毛とは比較にならないほど気軽に処理を受けられます。
昔のエステではレーザーによる脱毛を行っており、今の数倍の痛みを伴いました。
現在はレーザーが廃止されて、脱毛マシンは光を使用しています。
照射範囲が非常に広いので、サクサクと脱毛できるのがメリットです。
そのため全身脱毛に適した方法であり、また低刺激なので顔やデリケートの処理にも適しています。
エステは美容施設なので医療機関による治療は行えませんが、低出力マシンを使用しているので肌荒れのリスクは非常に低いです。
カウンセリングでは肌状態を見ながら出力調整をしてくれるので、日焼けなどの肌トラブルがなければ処理を受けられるでしょう。
医療機関に行くのは抵抗があるから、気軽に脱毛したいという方にはエステをおすすめします。
光マシンは肌を乾燥させにくいので、翌日も肌乾燥や炎症が起こりにくいというメリットもあります。

永久脱毛で選ぶならレーザー脱毛

現在において永久脱毛を提供できるのは医療機関だけであり、エステでは受けることができません。
医療レーザー脱毛は肌トラブルが起こらない限界点まで出力を上げていくため、光の数倍の脱毛効果を発揮してくれます。
赤ちゃんのようにツルツル肌を実現できますし、その状態をずっと継続できるのです。
ホルモンバランスの分泌量は一定ではないので、稀に永久脱毛をしてもムダ毛が生えてくるケースがありますが、ボリュームとしては非常に少ないものです。
医療脱毛が完了すると、その後の自己処理は不要になるので金銭・時間面においてもメリットがあります。
料金はエステより高額だと言われますが、実際は医療脱毛のほうが安いくらいです。
短期間でツルツルにできるため、回数あたりの単価が高くても総費用で見ると逆転するわけです。
医療機関はエステほど勧誘はしてこないので、勧誘嫌いな方にも適しているでしょう。
新しい脱毛プランに関して説明する程度なら問題ないでしょうが、断っているのに勧められるのはよい気がしないでしょう。
特にローン契約を強く推奨してくるエステは、勧誘も厳しいと考えてよいです。
医療機関の場合は都度払いを選べることが多いため、収入の範囲内で脱毛することができます。
医療ローンを利用する場合は、ローン金利もチェックしておきましょう。
最初は単発コースで契約をして、効果に納得してからローンを組むという方法もあります。
金利が発生する場合は、支払い方法を少なくするほど利息を抑えることができるでしょう。

男性におすすめの脱毛方法は2種類

男性が脱毛をするなら、選択肢はエステと医療機関にわかれます。
エステの光脱毛は刺激が弱くて、気軽に受けられるのが魅力です。
低出力・広範囲の光マシンを使用するので、サクサクとスピーディーに脱毛が進みます。
月謝制を用意するエステならローン契約以外を選べるので、利息を抑えることができるでしょう。
医療機関のレーザー脱毛は、光より高出力のレーザーで毛根を破壊する方法になります。
一点に照射する出力が大きいので痛みも強いですが、痛みに応じて麻酔を使うことができます。
医療脱毛のメリットはムダ毛をツルツルにできる方法であり、永久的に処理できることにあります。
永久脱毛という言葉を使えるのは医療機関だけであり、エステが名乗ることはできません。
ボディはエステで処理して、顔やデリケートゾーンなどの敏感な部位は医療機関で処理するなど掛け持ちすることもできます。
男性がプロの脱毛を受けると、女性のようなツルツルで白い肌が手に入りますし、体臭も軽減することができます。
ムダ毛が多いほど体臭がきつくなる傾向があるため、身だしなみの一環としても脱毛しておきましょう。
エステと医療機関の脱毛で迷ったら、後者のレーザー脱毛を選んでおけば間違いありません。
大は小を兼ねると言われるように、医療機関はエステ以上の脱毛効果を発揮できるのです。
肌荒れが発生した場合の対処もスムーズであり、これは治療を施すことができるからです。
エステ脱毛でムダ毛が残ってしまった方も、医療脱毛を受けてツルツルにしてください。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン