煉瓦の壁にもたれる女性

医療レーザー脱毛の施術を受けた後のアフターケアの方法と注意点

医療レーザー脱毛は、お肌に高い熱を発生させて、ムダ毛に強力なダメージを与えて目立たなくさせる施術になります。
医療レーザーは、お肌に拡散されにくい性質を持っているとはいえ、やはり多少は、水分を奪われたり、火照ったりすることになります。
そのため、医療レーザーを使った脱毛の施術を受けた後は、綺麗なお肌に仕上げるためにアフターケアが必要となってきます。
自分に家に帰ってきてからも、正しい方法でお肌をケアする必要があります。
間違ったケアだと、かえって、お肌を傷めてしまうこともあるため注意が必要です。
本格的に医療レーザーを使った脱毛の施術を受ける前に、脱毛の施術を受けた後の正しいケアを前もって知っておく必要があります。
正しいケアをすることによって、お肌が綺麗になるだけでなく、医療レーザーを使った脱毛の効果が高まり、受ける必要がある医療レーザー脱毛の施術回数を減らすことができる可能性もあります。
施術回数を減らすことができれば、施術料金の節約に繋げることもできますし、医療レーザーを使った脱毛の施術は、およそ二ヶ月から三ヶ月ぐらいに一回という非常にゆったりとしたペースで行われるので、施術回数を減らすことができると、それだけ早く脱毛が完了し、面倒なムダ毛処理からも早く解放されることにも繋げることができるようになります。
そのためにも、医療レーザーを使った脱毛を受けた後の正しいケアを知っておく必要があります。

医療レーザーによる火傷に注意

医療レーザーを照射された状態の、お肌は医療レーザーが発した熱によって軽い火照りが残ってしまうことがあります。
そんな状態のお肌に対して、非常に負荷がかかる運動によって、たくさんの汗をかいてしまったり、熱いお湯をはったバスタブに長く浸かったりして、必要以上に温めて過ぎてしまうと、お肌の炎症や、火照りの症状が長引いてしまうことがあるため、医療レーザーを使った脱毛の施術を受けた日は、シャワーを浴びるだけにして、お肌をバスタブなどで必要以上に温めないようにする必要があります。
医療レーザー脱毛の施術を受けて自分の家に帰ってからも、火照りがしばらく続いてしまうような場合は、一般的に販売されている保冷剤や、冷たい水で冷やおいたタオルなどを利用して、医療レーザー脱毛の施術を施したパーツを冷やしてアフターケアを行います。
医療レーザー脱毛の医療レーザーを照射したパーツには、ヒリヒリとした感覚があったり、赤みが出てしまうことがあるのですが、一般的にはおよそ二日から三日ぐらいで治まっていきます。
ヒリヒリとした感覚があったり、赤みが出てしまう症状が治まるまでは、ほとんどの美容外科クリニックが脱毛の施術を受けた後に渡している炎症を抑えるクリームや、軟膏を塗るといった方法でアフターケアを行うこともできます。
ヒリヒリとした感覚があったり、赤みが出てしまう症状が強かったり、しっしんや、水ぶくれができて痒かったり、痛かったりする場合は火傷していることがあるため注意する必要があります。

日焼け止めによるアフターケアと剃る処理

医療レーザーを使った脱毛は医療レーザーをムダ毛に照射して毛根細胞にダメージを与えることによって、脱毛の効果を受ける方法となります。
そのため、医療レーザー脱毛の施術を済ませた後の、お肌は多少負担がかかってしまっている、とても敏感なコンディションとなっています。
わずかに、お肌に紫外線を浴びただけでも、すぐに日に焼けしてしまい、さらにシミが発生する原因となってしまうことがあるため長い時間かけて外に出かけるときには、日焼け止めクリームや日焼け止めオイルなどを必ずお肌に塗ってアフターケアをする必要があります。
医療レーザー脱毛の施術を受けている期間中に日に極端に焼けてしまうと医療レーザーがお肌に沈着しているメラニン色素にも吸収されてしまい熱を発してしまうと火傷を負ってしまうことがあるため、医療レーザー脱毛の施術自体を受けることができなくなってしまう可能性があります。
そのため医療レーザー脱毛の施術を受ける期間中は日に焼かないように注意する必要があります。
そして、医療レーザーを照射することによって毛根の組織にダメージを受けたムダ毛は、脱毛の施術を受けてから、およそ二週から三週間ぐらいで抜けていきます。
抜けるまでの間に、どうしてもムダ毛が気になるときは、電気シェーバーで剃っても構わないのですが、ピンセットなどで抜く方法でムダ毛を処理すると脱毛の施術で充分な効果が得られないことがあるため注意する必要があります。

お肌をしっかりと保湿する

医療レーザー脱毛によってムダ毛に対して加えた熱で、お肌は、負担がかかっていて水分が失われている状態となっています。
背中や、顔、胸などといった皮脂腺がたくさんあるパーツや、Vラインや、ワキの下などといったムダ毛が元々太いパーツは、医療レーザーを照射した後に毛嚢炎という、ニキビに似た吹き出物が発生することがあるため注意する必要があります。
毛嚢炎とは、毛穴の周りに腫れや赤み、膿疱などといった炎症が引き起こされる症状のことです。
そのため、普段よりも、しっかりとお肌を保湿して、医療レーザーを使った脱毛の施術を受けた後の、お肌をお手入れする必要があります。
お肌を保湿するためには、必ずしも値段が高い化粧品を使わなければならないという訳ではないため、普段から利用している保湿クリームや、化粧水などを、普段よりも、じっくりと医療レーザーを使って脱毛の施術を受けたパーツのお肌に塗ってアフターケアをするのが良い方法の一つとなります。
このことは医療レーザーを使った脱毛の施術を受けた後のアフターケアだけについての話ではありませんが、水分を豊富に含んでいる潤いのある健康な、お肌は、医療レーザーを使った脱毛の施術に伴う痛みが感じにくくなるために、ムダ毛に照射する医療レーザーの出力を上げることが可能になるため、医療レーザーを使った脱毛の施術によって得られる効果を、結果的に高めることが可能となります。

脱毛の施術を受ける前にも保湿が大切

医療レーザーを使った脱毛の施術を受けた後には、しっかりとお肌を保湿をする必要がありますが、医療レーザーを使った脱毛の施術を受ける前にも、しっかりとお肌を保湿をする必要があります。
そうすることによって、医療レーザー脱毛の施術によって得られる効果が高まるだけでなく、医療レーザーを使った脱毛の施術を受ける二日から三日ぐらい前にムダ毛を剃っておく必要があるため、剃って処理したことによって受けたお肌の刺激によってお肌が敏感になっているためです。
この、医療レーザー脱毛の施術を受ける二日から三日ぐらい前にムダ毛を処理する方法は、アフターケアのときと同様に抜いて処理してはいけないことになっています。
医療レーザー脱毛の施術はムダ毛を剃って処理してできた、ムダ毛の断面をターゲットにして医療レーザーを照射するため、ムダ毛を抜いてしまうと、医療レーザーのターゲットが失われることなってしまいます。
抜いて処理されたムダ毛があった毛穴からは、ムダ毛を生み出す組織にダメージを受けないことになるので、太いムダ毛が、また生えてくることになります。
せっかく高い施術費用を支払って医療レーザー脱毛の施術を受けるわけですから、正しいムダ毛の処理や、アフターケアを行って、医療レーザーを使った脱毛の効果を最大限に高めることによって、早く効果を得られるだけでなく、経済的な負担も軽くすることができるようになります。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン