外国人女性

海外と日本で行われている脱毛方法の違いについて知る

海外と日本では人種による肌色や毛質の違いから脱毛を行う方法や、お手入れが必要としている部位が異なる傾向があり、最近では日本でもVIO脱毛などが主流になるようになっている。

昔とは違い変化する脱毛事情

夏の季節になると海やプールなどのレジャー施設にいく予定を立てる方も多くなりますので、水着を綺麗に着用するためにも全身のムダ毛の処理を行う必要がでてきますが、今までムダ毛の処理というとカミソリや電動シェーバーを利用して目立つムダ毛をシェービングしたり、除毛クリームを利用して処理をするなど、除毛ケアを主に行う方が多いと言われてきました。
自宅で使用できる家庭用脱毛器も、ムダ毛を電動ローラーが掴み巻き込んでムダ毛を抜いていくというシンプルなお手入れ方法の製品が多く、短時間でお手入れが出来る反面施術の際にかなりの痛みが伴ってしまうことから、全身のお手入れには向かないと言われてきました。しかし近年になって大手のエステサロンや脱毛サロンが国内に多く出店するようになり、高額だった脱毛ケアもリーズナブルな料金設定で受けることが出来るようになったことから、多くの女性がエステサロンなどの美容専門施設を利用して部分処理や全身処理を受ける方法を利用するようになってきています。
また海外ドラマの影響を受けてVIOラインのムダ毛の処理をしっかり行う女性が増えた事により、VIOラインや顔などデリケートゾーンの部位を含めた全身脱毛のコースを用意するサロンがかなり増えてきており、最近では連射脱毛マシンなど短時間でケアが可能な最新の美容マシンを利用することで一時間以内で全身のお手入れが可能になるなど、忙しい方にも人気になっています。

海外の脱毛方法や特徴、違いについて

日本と海外のムダ毛の処理方法で一番の違いがあるのが、アンダーヘアの処理方法だといわれています。女性はアンダーヘアを比較的残す傾向がありますが、海外ではアンダーヘアが残っているのは美しくないと意識する事が多く、ブラジリアンワックスを利用して一気に処理を行ってしまうことがポピュラーになっています。日本でもアンダーヘアを全て処理する方法は昔に比べて多くなってきていますが、海外との大きな違いの1つとしてIラインとOラインの脱毛は済ませて、Vラインはヘアを整える程度でムダ毛を残す場合も多いという違いです。
日本は温泉や銭湯など多くの人が入る公衆浴場の文化がありますので、アンダーヘアが全て無いつるつるの状態になっていると恥ずかしいと感じる方も多く、美容皮膚科クリニックなどの医療機関でアンダーヘアの永久脱毛を行い、あとで恥ずかしい思いをしてしまったと後悔する方も多いので、注意が必要になってきます。
医療クリニックで行うムダ毛処理は毛根をレーザーを利用して完全にムダ毛が生えてこない状態にしてしまいますが、サロンでの処理の場合は一度処理をしても毛周期がくれば再度ムダ毛は生えてきます。ただムダ毛が伸びてくるまで時間がかかるのでアンダーヘアの処理を行う場合はヘアを残すか、全て処理してしまうのか事前にサロンスタッフとよく話し合ってから施術を受けることで、お手入れをしたことで後悔してしまう事を未然に防ぐことが出来ます。

日本の脱毛方法や特徴、違いについて

海外ではシュガーワックスやハニーワックスなどのブラジリアンワックスなどを利用して処理を行う事が多いのとは違い、日本では市販されているワックスシートを利用したお手入れは行うことは多くても、ブラジリアンワックスは一部のサロンで使用されている程度でまだまだ一般的ではないといわれています。またワックス脱毛は短時間でケアが行えるメリットがある反面、ムダ毛を抜く際にかなり強い痛みを感じてしまう恐れがありますので、苦手に感じている方も少なくありません。そのため、大手のエステサロンや脱毛サロンの多くはフラッシュ脱毛と呼ばれる施術を採用している場合が大半です。このお手入れはムダ毛に含まれているメラニンと呼ばれる黒い色素に特殊な光が反応する特徴を利用しており、過度に日焼けをしていなければ皮膚にはダメージを与えること無くムダ毛の毛根に直接照射し、ピンポイントでダメージを与えムダ毛が抜けるように促すことが出来るようになります。
肌への負担が少ないことからデリケートゾーンであるVIOラインの処理や顔のお手入れに向いており、一気に全身の処理を済ませたい方などは全身処理コースを利用する方法や、気になる部位だけケアを行う部分処理コースを上手く利用して約二年ほどでケアが完了するといわれています。
ただ医療脱毛と違い、永久脱毛効果はないので再度ムダ毛が生えてくればお手入れを再開する必要があると言われています。

海外と日本の脱毛に対する意識の違い

海外と日本の脱毛に対する意識の違いとして挙げられるのが、日本で一般的に多くの女性が処理を行っている部位といえば、薄着をする際に目立ちやすい腕や足、ワキの部位だと言われています。季節によっては処理をしないという方も多いですが、やはり肌の露出が目立つ夏場に、この基本的な部位のお手入れをしていないと、身だしなみをきちんと整えずにだらしないと周りに見られてしまう恐れがありますので、方法は違えど除毛や脱毛のお手入れをしっかり済ませる必要があると考えられています。これはアジア人の体毛が黒いことにも影響されており、色素が薄くムダ毛が目立ちにくい海外とは違い、ムダ毛が濃い事で肌を綺麗に見せることが出来ないことにコンプレックスを感じている日本人が多いという特徴も表しています。
しかし足や腕、ワキなどの基本的なお手入れを行う方法は世界共通かというとそうではなく、国によっては処理を一切しないという女性も少なくありません。アメリカではボディーケアの一環としてムダ毛のシェービングや脱毛を行うことも多いと言われていますが、中東やヨーロッパでは日本とは違い、処理を行わない場合も普通なのです。これも肌色や毛質、毛色の違いによってお手入れの考えが違う事がわかります。
反対にアンダーヘアの処理は欧米でも清潔感を維持する為にもしっかり処理をする場合が多く、成人女性であればワックス脱毛などの方法を利用して必ず脱毛を行っている特徴がありますが、日本はアンダーヘアの処理をしっかり行う方はまだまだ少ない傾向があります。

自分の肌質に合わせた脱毛ケアを受ける

日本と海外との脱毛方法による違いや、日本と海外の脱毛に関する考え方には人種によって異なる肌質や毛質、毛の色の違いによって起こっていることがわかっていますが、やはり色素が濃くムダ毛が目立ちやすい日本人は、海外の女性に比べてこまめに除毛や脱毛を行うことで、肌色を綺麗に見せることが出来るようになります。ただ安全な脱毛ケアを行うためには、自分の肌質や毛のボリュームなどをきちんと把握しておく必要があり、急いで脱毛を完了したい場合には海外でも人気のワックス脱毛や、家庭用脱毛器の利用が必要になってきますし、敏感肌で少しでも肌に負担をかけずに脱毛を行いたいという場合には、肌に優しいフラッシュ脱毛をエステサロンで利用するなど、肌の状態や生活スタイルに合わせて脱毛方法を使い分けることが大切になってくるのです。
ただ、頻繁にサロンにかようことが出来ないという方におすすめなのが、自宅でフラッシュ脱毛が行える家庭用脱毛器の仕様です。
近年になって海外メーカーの製品でエステサロン並のお手入れが行える家庭用脱毛器が簡単に手に入るようになり、従来の脱毛方法に比べて安全に全身のお手入れを行えるようになっています。海外製品を取り扱っている通販サイトを利用することで簡単に購入することが出来ますし、アンダーヘアなどデリケートゾーンは他人に任せるのは少し抵抗があるという方にも、自分のペースでお手入れが行える方法になっています。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン