女性2人

脱毛と除毛の特徴や違いと毛に合った対処方法の選び方

脱毛は、毛を取り除く意味があるのは文字から分かりますが、似たような言葉に除毛が存在するので混乱させます。
脱毛の2文字を良く見ると、毛が何かから脱すると意味することに気が付けますし、そこにヒントがあるといえます。
除毛の方は、文字通り毛を取り除くと理解出来ますし、この違いに脱毛との差があります。
脱毛は難しく考えなくても、毛穴から毛が脱するとイメージすれば、除毛との違いが少しずつ分かり始めます。
毛が根こそぎ毛根から取り除かれるのが脱毛で、それ以外を除毛と想像することが、理解を早める第一歩となります。
除毛の方が脱毛より負担が少ないかといえば、必ずしもそうではないのが悩ましい所です。
脱毛とそれ以外を知るだけでは、選び方の理解を深めるのは難しいものですから、もっと押し進めて詳細に把握することが必要です。
ムダ毛を取り除く効果であったり、肌に対するリスクをランクで評価すると、肌の強さや状態に合った選択肢の中から絞り込むことが出来ます。
仮に、詳しく知らない状態で、何となくイメージでムダ毛の処理方法を選んでしまえば、希望とは異なる結果が表れかねません。
後悔しないことに加え、満足を実感する為にも、違いの把握と選び方の理解を深める二つが肝心となります。
これは、施設で施術を受ける場合に限らず、セルフケアで肌のお手入れをする時も当てはまります。
正しい知識は良い結果に結び付きますから、トラブルやリスクを避ける意味でも、違いが分かるようになることがポイントです。

ムダ毛に対処するのは脱毛と除毛の共通点

脱毛、あるいは除毛と耳にした時、誰でも思い浮かべるのはムダ毛を取り除く状況です。
ただ、具体的にどう取り除くかまでは分かりにくいものなので、違いを踏まえ理解を深めることをおすすめします。
一方で、もう一つの共通点としては、脱毛と除毛にはそれぞれ複数の選択肢が存在する利点が挙げられます。
つまり、脱毛と除毛の選び方の先にも、更に効果の違いが現れる対処法があることを意味します。
また、リスクやデメリットの側面にも、選び方を考えさせる違いが存在するので、脱毛と除毛の差を良く知ることが重要です。
場合によっては、脱毛と除毛のどちらを選んでも、肌の状態次第で痛みや違和感が生じることがあります。
脱毛はムダ毛の毛根にダメージを与えますが、除毛は肌の表面に影響を生じるので、違いはあるとしても、少なからず体に負担が掛かることが共通点です。
選び方でやり方、効果に違いのあるいずれの方法でも、ムダ毛がスッキリするという共通点が存在します。
脱毛と除毛に選び方の違いはあっても、トラブルが発生するリスクと、程度に差はあれ効果があることを意味します。
大切なのは脱毛と除毛の理解を深め、違いを把握してから選び方を考えることです。
脱毛は特に、除毛に比べ体の負担がやや高めですから、その違いも選び方の基準を身に付ける切っ掛けになるでしょう。
既に施術を経験している人や、これから受けようと考えている人も、改めて認識を確認すると選び方が分かりやすくなります。

印象に惑わされない二つの言葉の違い

脱毛は毛を抜く、この理解は間違っていませんが、同時に完璧な答えともいえないでしょう。
正確には、毛根を物理的に毛穴から引き抜くか、毛が成長しないように毛根の機能を止めるやり方が含まれます。
例えば、医療脱毛のレーザーは毛根にダメージを与えますし、最終的に毛が毛穴から抜け落ちるので、広義の脱毛と考えることが出来ます。
言葉の意味として、直接的に脱毛は毛を抜くことを現しますが、間接的にも毛が抜ければ脱毛に該当します。
逆に除毛は、毛を短くカットしたり、剃刀で肌の表面からムダ毛を取り除く時に使う言葉です。
クリームでムダ毛を溶かす場合も、脱毛ではなくこちらの言葉に当てはまりますから、正しい選び方を身に付ける意味を含め、間違いなく使い分ける必要があります。
反対に、毛を吸着して引き抜くワックスは毛根から取り去る施術を指すので、分類的には脱毛です。
二つの言葉の違いには、ムダ毛処理の仕上がりも関係しているので、その理解は難しいものですが面白いものにもなります。
脱毛は他にも、ピンセットや手抜きを使った施術、脱毛機器を用いるやり方も含みます。
肌に対する影響で考えると、脱毛は毛穴の内部に炎症を引き起こしたり、痛みを生じさせることに気が付けます。
除毛は毛穴に影響することがあまりないので、痛みが生じても肌の表面に留まりますし、トラブルが生じても、比較的軽度のダメージで済みます。
それでも、脱毛で肌表面に影響が生じることもありますから、どちらが安全と選び方を断言するのは困難です。

肌の強さと求める効果で選ぶのが賢い選び方

ムダ毛処理の手間を減らしたり、少ない回数で持続させたい時は、強力な脱毛が理想的な選択肢となります。
ピンセットや毛抜き程度でも、物理的に引き抜かれた毛根は、細胞分裂や毛の成長機能を失います。
毛根が再生するまでは、毛が再び毛穴から飛び出す心配がなくなりますから、部分的に脱毛したい時に適しているでしょう。
広範囲を脱毛したい、そういった場合はワックスや脱毛機器がおすすめで、肌に合わせて選び方を決めることが出来ます。
ワックスは肌に吸着するので、毛を引き抜く脱毛効果は優れますが、肌の表面も剥がそうとしますから、肌が弱い人は控えた方が無難です。
勿論、選ぶ製品によって強さは異なりますから、弱めな脱毛力で選ぶのも一つの方法です。
所が、期待する脱毛効果が得られなければ本末転倒なので、あまりに肌が弱いなら他の選択肢を検討した方が良いでしょう。
脱毛機器は、毛を優しく掴みながら抜き取る機械で、肌が弱くても使えるメリットがあります。
脱毛力は中程度といった所で、剛毛でなければ問題なくムダ毛が抜けますから、悩みを抱える多くの人の選択にマッチします。
効果は短期間でも、肌に対するリスクを最小化したい場合は、ダメージや負担がマイルドな除毛が最適です。
剃刀は手軽ですし、電動のシェーバーならムダ毛を処理したい時に、短時間から好きなだけ使えるので便利です。
少し伸び始めた、といった場合の対処も簡単ですから、肌を傷めにくいことが前提で、手間を惜しまない人に合っているやり方です。

効果の違いと選び方の把握は試して理解

脱毛方法の選び方に悩む、しかもそれ以外の方法との違いも良く分からない、そのような時は試してみるのが一番です。
試すといっても、いきなり強力な方法を選んだり施術を受けるのではなく、手軽かつマイルドな方法から試すのが安全です。
それに、最初から広範囲にムダ毛処理をするよりも、部分的に行って効果や肌の影響をテストするのが理想的です。
施術の効果の違いは方法によりますが、実は施術を行う肌によっても、最終的な結果が大きく左右されます。
初めての施術におすすめなのは、肌の負担の割には効果が実感しやすい、剃刀を使った処理です。
剃刀は、古くなった角質も一緒に落としてくれるので、施術後はツルツルとした肌触りが得られます。
肌に問題が出なければ、クリームで溶かす方法に進み、効果や肌の状態、手間を踏まえて次からの選び方を検討しましょう。
剃刀で肌が負けたり、炎症や痛みが強く出る場合は、影響が控えめな電気シェーバーが安心です。
深剃りは難しいものの、ムダ毛を目立たせず、限りなく短く保ちたい時に重宝します。
これで肌に影響があるなら脱毛すら難しくなるので、重大なトラブルが生じる前に、肌の弱さやリスクを理解することとなります。
どの方法でも問題なく、むしろ施術の効果に不満がある場合は、脱毛を選択して一つずつ試すのが最善です。
毛抜きは手軽なので、気になる部分のムダ毛を数本抜いてみて、痛くなければ広範囲に適用可能です。
当然ながら、毛は数本ずつ抜くことになりますから、手間と時間が掛かるのは必然的です。
面倒と感じたらワックスを試し、肌に炎症が出たら脱毛機器に切り替え、問題なければワックスが最適な方法と結論付けられます。
段階的に試しても、最適な選び方の理解や満足が得られない時は、プロに施術方法を相談するのが安全で、効果的な選択の決め手になるでしょう。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン