パーティ

脱毛後に飲酒をする影響と気を付けなければいけない注意点

脱毛というのは、施術を受けさえすればいいと多くの人が考えています。受け身の姿勢でいれば、すべてスタッフが行ってくれると考えている人もいますが、この考えは間違いです。脱毛というのは、レーザーやフラッシュと呼ばれる特殊な光をお肌の上から照射することで行います。この光は黒い色に反応するように設計されていて、皮膚よりも黒い毛に集まっていき、毛根を破壊することで毛が生えてこない状態にします。人間の毛は、毛周期というサイクルで生え変わりを繰り返しているので、どのような方法でも1回の施術では毛をなくすことはできません。周期に合わせて平均で6回ほど施術をすることで、少しずつ毛の量を減らしていきます。
脱毛後のお肌というのは、いつもは当たることのないレーザーなどの特殊な光を受けて、とてもデリケートな状態になっています。痛みなどの自覚症状がなくても、お肌が刺激を受けていることには変わりありません。刺激の影響は強いので、生活をする上ではいくつかの注意事項があります。脱毛後のお肌に赤みやかゆみ、ヒリヒリした感覚がある場合は、施術の影響であることが考えられます。冷やすと落ち着きますが、冷やし過ぎるとかえって刺激になってしまうので、保冷剤を直接お肌に当てるのではなく、冷やしたタオルを当てるようにしましょう。こうすることで、適度のお肌を冷やすことが出来、冷たい影響を最低限度に抑えることができます。

脱毛後の飲酒は可能なのか

脱毛後のお肌は、自分が思っている以上に施術の影響を受けてデリケートになっています。初めての施術のときは緊張したけど、何もトラブルがなかったから2回目以降はいつも通りの生活をして、特に注意していないという人もいますが、これはよくありません。
脱毛後の注意事項として、脱毛後の飲酒や運動は避けるように言われるでしょう。これは安全に脱毛をするために欠かせないことだからです。できれば、脱毛後だけでなく、脱毛前の飲酒も避けた方が体には良い影響があります。お酒に強くて、少し飲んだくらいでは顔色も変わらないから平気だと思い込んでいる人もいますが、よくないことなので辞めましょう。
脱毛後の飲酒が禁止されているのは、血行が良くなるという体の働きによるものです。脱毛の施術の前後12時間の飲酒は避けるようにしましょう。急な飲み会などが入ってしまったら、脱毛の予約を変更するなどして、体の安全を第一に考えます。飲酒の影響は自分が考えている以上にあります。ですから、注意点として、どこのサロンでもお客さんに対して伝えられています。注意を守らずに飲酒をしてしまい、お肌にトラブルが出てしまったという人は意外と多くいます。少しだけなら大丈夫といった気休めや、付き合いだから仕方がないといった言葉に惑わされないようにして、自分の体を大切にしながら脱毛を行うようにしましょう。施術を受けた脱毛後は、気が緩んでしまうこともありますが、必要な注意は怠らないようにしましょう。

脱毛後の飲酒による影響

脱毛後のお肌は、特殊な光に当たってほてりやすい状態になっています。お肌が弱い人は、何もしていないのに赤くなってしまうこともあります。そのような状態のときに飲酒をすると、血液の流れが良くなり、ほてりがひどくなったり、赤みやかゆみといった症状が出てしまいます。かゆいと無意識のうちにかいてしまって、お肌に傷がつき、腫れたような状態になってしまうこともあります。中には、水泡ができてしまい、皮膚科を受診しなければいけない状態になってしまうこともあるので注意が必要です。
デリケートな脱毛後のお肌に、傷や水泡ができると、治るまでに時間がかかってしまいます。施術後のお肌は乾燥しがちなので、かゆみも感じやすいです。自分では少しかいただけなのに、ただれたような状態になって驚いたという人もいます。肌トラブルが治っても、色素沈着というように後まで残ってしまうなどの影響もあるので注意しましょう。これらの影響は、1度試しに飲酒をしてみたら大丈夫だったから、2度め以降も大丈夫というわけではありません。女性の場合は生理のサイクルによってもお肌の状態が変わってくるので、日によって影響を受けやすくなるということを覚えておきましょう。

毎日お酒を飲んでいる人も、脱毛後の飲酒はしないように注意しましょう。飲酒というのは、思っている以上のスピードで体の中をまわっていきます。全身脱毛はもちろん、部分脱毛でも少量の飲酒なら安心ということはありません。

脱毛後に飲酒をする際の注意点

脱毛後に、どうしても飲酒をしなければいけないということもあるでしょう。そのような場合は、できるだけ脱毛の予約を変更して、施術当日にお酒を飲まないようにします。飲み会の日にちが選べるようであれば、脱毛の予約の入っていない日にしましょう。
急な飲み会の誘いがあって、断れない場合は、乾杯の一口だけで済ませるようにして、アルコールが入っていない飲料で場をつなぎましょう。烏龍茶だけでは難しい場合は、ノンアルコールビールやノンアルコールのカクテルなどがおすすめです。脱毛後なのでお酒が飲めないということが言える場であれば、正直に伝えれば無理に進めてくる人はいないでしょう。脱毛経験者がいれば、飲酒の影響のことは知っていますし、話も盛り上がります。脱毛したことが言えない場であれば、体調不良などを理由にしても構いません。
脱毛後に何のトラブルもでていないからといって、飲み過ぎてしまうのが1番よくありません。脱毛後には注意しなければいけないことがたくさんあることを覚えておきましょう。脱毛の施術は全身脱毛でも1カ月に1回程度なので、そこまでお酒の席とかぶることはないでしょう。予定を入れるときに注意すれば、それほど困ることはありません。脱毛期間は1~3年ほどかかるので、その間は特に注意するようにしましょう。施術が終わってしまえば、飲酒の影響を気にすることなく飲むことが出来るので、一時の我慢です。

脱毛後の飲酒の影響と注意点
脱毛後というのは、施術の影響でお肌がデリケートになっています。刺激を受けやすい状態なので、入浴や運動など血行がよくなることを、脱毛後は避けなければいけません。血行が良くなる影響で、お肌にかゆみなどの肌トラブルを避けることができ、安全な脱毛につながります。飲酒を毎日していて、少しの量では酔わないから大丈夫と自分を納得させてしまう人もいますが、これもよくないことです。注意というのは、自分自身を守るためにあるものです。
もし、脱毛後にお酒を飲んで水泡などができてしまい、治っても色素沈着が残ってしまったら、せっかくの脱毛が残念な結果になってしまいます。脱毛というのは、ムダ毛を生えてこないようにして、お肌をきれいにするために行うものです。飲酒という一時的なもののために、色素沈着が残ってしまうというのはうれしい結果ではありません。飲み会があるときなどは注意点を守るのが大変に感じることもあるでしょうが、その結果、ムダ毛のないツルツルのきれいなお肌を手に入れることができます。脱毛の施術が終われば、ムダ毛のことを気にせずに好きなファッションを楽しんだり、お酒も飲むことができます。一時の我慢が、その後のお肌の状態や脱毛の仕上がりを大きく左右することになります。お酒が好きな人にはつらいことかもしれませんが、施術後12時間たてばお酒を飲むことができます。きれいなお肌のために、一晩我慢してみましょう。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン