ワインを飲む女性

脱毛前に飲酒をすることでの肌や体調への影響と注意点について

新年会の時期を過ぎ、これからお花見の季節や納涼としてお酒を飲む機会が増える人も多いと思われます。

あるいは、毎日晩酌をしていてお酒を飲まないと寝られないという人まで人によって毎日の過ごし方は様々だと言えますが、もし翌日に脱毛サロンに予約をしていて脱毛前であるなら注意した方が良いと言えるでしょう。

実は、脱毛前の飲酒は基本的に避けた方が良いとされているのをご存知でしょうか。

脱毛施術は肌へ行うわけですし、お酒を少しくらい飲んでいたからと言って問題ないのではと考える人もいるかもしれません。

これから、薄着になる季節の前にしっかりと脱毛をしたいと考えている人はきっと多いことかと思われます。

なぜなら、脱毛サロンなどで施術を受ける場合完全につるつるの状態にして暑い夏をムダ毛を気にすることなく過ごしたいのであればまだ肌寒い時期にしっかりと施術を受けておく必要があるからです。

今現在脱毛サロンに通っているけれど飲酒する場合には注意点があるなんて知らなかったという人は、ぜひこの機会脱毛前の飲酒はOKなのかダメなのか、そのことについてしっかりと学んでいくことをおすすめします。

脱毛なんて考えてないしお酒なんか飲まないという人でも、万が一脱毛前に飲酒をしてしまうという場面に陥った時にしっかりと理解していれば慌てる必要もないと言えます。

酒は百薬の長と言われ、少し量なら良薬とも言われていますが飲みすぎてしまったり脱毛前に飲酒をした場合にはどんなことが起こるのかここでしっかりと学んで万全の状態で脱毛施術を受けられるように準備しておくことをおすすめします。

脱毛前の飲酒はOKか?ダメなのか?

脱毛前の飲酒はOKなのかあるいはダメなのかと言ったらなるべく飲まないようにするのが望ましいと言えます。

少しの油断が大きな後悔につながることもありますので注意が必要と言えるでしょう。

まず、脱毛サロンや美容クリニックでは施術を受ける前に事前に施術日の予約をした後に脱毛における注意点をスタッフなどに説明されると思われます。

その際に、必ず「脱毛前や施術の当日には飲酒を控えてください」と言われることが多いとされていますが、なぜなのか考えたことがあるでしょうか。

普段からほとんどお酒を飲まない、もしくは飲めないという人はあまり気にしなくても良いと言えますが、お酒が大好きでやめられないという人は注意が必要です。

脱毛前に飲酒をしたいのであれば、いつから何時までがダメなのでしょうか。

アルコールの分解速度やアルコールが完全に体内から抜けるまでの時間には個人差があり、はっきりと何時から何時までというのは難しいところもありますが、大手脱毛サロンではそれぞれ飲酒における定義を定めているとされています。

脱毛前後12時間以内の飲酒はNGというところもあれば、脱毛前日、当日の飲酒は控えるというところ、当日だけの飲酒は控えてくださいというところまで様々だとされています。

そのため、自分が脱毛施術を受けるサロンでいつまでなら脱毛前の飲酒が可能なのかについて確認しておくのが良いと言えるでしょう。

次は、脱毛前の飲酒における肌への影響や体調への影響としてはどんなことが考えられるのか、注意点などについても学んでいきましょう。

脱毛前の飲酒による肌や体調への影響とは

しかし、中にはお店の人にバレなければいいかという感覚で少しだけ飲酒をしてしまう人もいるかもしれませんが、脱毛前に飲酒をしてしまうことで肌や体調にはどのような影響があるのか気になると言えます。

まず、肌への影響を考えてみましょう。

アルコールが体内に入ると利尿作用が進むことから体内の水分は徐々に失われていき、脱水状態に陥ることがあります。

かと言っても夏場の暑い時期に起こすような脱水症状ではないために自分では気づきにくいですが、体内に入ったアルコールを無害なものに変えようと分解する過程でも水分は失われていくために、肌に乾燥という状態で影響が出るのです。

乾燥は、肌にとってバリア機能を失った状態と同じですからそんな状態で脱毛施術を受けたらどのような影響が肌に出るのかすぐにわかると言えるでしょう。

そして、体調における影響を考えますとアルコールが体内に入ると体温が上昇していきます。

体温が上昇すると体は当然体温を下げるために発汗していきますがこの状況によっても肌が乾燥していく影響があるとされていますので注意が必要なのです。

また、そもそも脱毛施術を受けること自体が肌に良くない影響を与えてしまうことにつながるのですが、それが体温が上昇した状態で受けるとなるとさらに肌や体調への影響は大きくなると考えて良いでしょう。

お酒を飲んだことで体温が上昇してしまうと、いつもと変わらない施術のはずなのに痛みを強く感じる、あるいは炎症や肌トラブルを起こしたり痒みがひどくなることが考えられますので注意が必要と言えるのです。

脱毛前に飲酒をした時の注意点や対処法とは

嫌なことがあったり懐かしい友人との再会でついつい飲みすぎてしまった、なんてことは長い人生であればあると言えますが、翌日に脱毛施術を控えているのにお酒を飲んでしまった場合にはどうすれば良いのでしょうか。

その時の注意点や対処法などについて考えてみましょう。

もし、脱毛前についお酒を飲んでしまったことがありそれが施術を受ける前であれば、施術の予約をキャンセルするのが良いと言えます。

脱毛サロンによっては、飲酒していると気づいた時点で施術を行ってくれない可能性もありますが、肌トラブルをひどくしないためにも肌や体調のことを考えて施術をキャンセルするのが良いと言えるでしょう。

逆に、飲酒をしていることをお店の人に内緒で施術を受けてしまったというの場合には、施術部位が後で腫れたりかゆみがひどくなる可能性がありますので注意が必要と言えます。

特にアルコールの影響によって体温が上昇して痒みが出やすくなっていますので施術を受けた部分を保冷剤や冷たいタオルなどで冷やすようにするのが良いでしょう。

どうしてもかゆくてどうしようもないという場合には、施術を受けたサロンに連絡して提携している医療機関にかゆみ止めを処方してもらうようにしましょう。

飲酒をしてしまったことは自分の自己責任になりますので、この場合の治療費は自分の負担となることがありますが、治療費がもったいないからと言って我慢するのではなく自分の肌や体調への影響を考えてクリニックで適切な治療を受けた方が良いと言えるでしょう。

肌や体調の影響を考えて飲酒を控えよう

このように、脱毛前に飲酒をすることで肌や体調に様々な影響を与えるだけでなく施術後の肌への影
響も大きくなるとされています。

実際に、「少しくらい大丈夫だろう」という気持ちでお酒を飲んでしまったことでひどい目に遭ったという人は多くいるとされています。

痛くないことで有名なエステに通っていた筈が脱毛前に飲酒をしたことでいつもは耐えられる痛みが耐えられなくなったり施術後に飲酒をしたことでかゆみに耐えられなくなり飲み会を抜けてかゆみ止めを処方してもらったという人もいますので、施術後の飲酒にも注意が必要と言えます。

脱毛サロンによってこれくらい経てばお酒を飲んで大丈夫という定義があったとしても、脱毛施術を受けたことでの肌負担やそれから回復する度合いも人によって異なりますので、あまりアルコールが強くないという人や肌荒れを起こしたくないという人は脱毛前はもちろん、施術を受けた後しばらく飲酒をしないようにするのが良いかもしれません。

少しの油断が大きなトラブルに発展することも十分に考えられますので、田かが脱毛だと軽んじることなく細心の注意を払って施術を受けるのが望ましいと言えます。

自分の肌質を知り、また飲酒によってつらい思いをしなければならなくなるのもあなた自身ですので、十分に気を付けて注意をした上で脱毛に臨むのが良いと言えるでしょう。

脱毛サロンやクリニックによっては、飲酒をしたことで当日施術をキャンセルした場合にはキャンセル料が発生する可能性もありますが、自分の注意が足らなかったと反省する意味も込めて勉強代だと思うようにしましょう。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン