桟橋に寝そべる

脱毛後の日焼けのお肌と施術に対する影響と注意点について

ムダ毛というのは、剃っても抜いても自己処理を続ける限り生え続けます。そのため、何度も繰り返さなければいけなくなり、カミソリ負けなどのトラブルにつながります。そもそも、毛というのは毛穴の奥に毛乳頭という毛の生える元になる細胞があり、この細胞がある限り再生し続けます。抜いてもこの細胞はそのままの状態なので、しばらくすると毛が生えてきます。
脱毛の施術では、毛乳頭を破壊することで、毛が作られないようにします。施術には、レーザー脱毛機やフラッシュ脱毛機といった機械が使用されていて、毛乳頭にダメージを与えます。一度破壊された毛乳頭は再生されることはないので、施術した毛穴からは毛が生えてこなくなります。
確実な脱毛ができますが、人間の毛というのは生え変わっているので、最低でも5~6回は施術を受ける必要があります。そのため、一度施術を受ければすぐにすべての毛がなくなるということはなく、脱毛後しばらくは毛が生えてくるので自己処理をすることになります。脱毛後にはムダ毛がなくなり、ツルツルの状態になりますが、数カ月で毛が生えてきて、以前と同じような状態になります。自分のお肌ですから、様子を見ているだけで施術を受けるタイミングが分かります。毛の生え変わりの周期は部位によっても異なりますが、2~4カ月ほどになります。脱毛後のお肌は刺激を受けやすく、影響されやすい状態なのでいくつかの注意点があります。

脱毛後の日焼けによる作用

脱毛の施術では、レーザーやフラッシュという特殊な光をお肌の上から照射させます。これらの光は、黒い色に反応するように作られていて、お肌の上から照射すると皮膚よりも毛に集中的に向って行きます。毛に到達した光は、毛の根元にある毛乳頭を破壊します。
お肌への影響を少なくした施術方法ですが、お肌に光がまったく当たらないわけではないので、影響を受けている状態です。脱毛後のお肌というのは、刺激を受けやすく、日頃なら何も起こらない状態にも反応してしまい、肌トラブルを起こしてしまうことがあります。
その1つに、紫外線の脱毛後のお肌への影響があります。紫外線というのはとても強力な光です。半袖で外にいるだけで、お肌の色が変わってしまうほどの強力な光なので、脱毛後のお肌にとって日焼けというのはよくないことです。日焼けしてしまうと、その影響でお肌に赤みやかゆみといった症状が出てきてしまいます。紫外線の量が強いと、水泡のような状態になることもあります。
長袖を着ている季節というのは、服がお肌をカバーしてくれますが、夏など半袖を着ている時期は注意が必要です。脱毛後、帰宅する際には施術した部位が隠れるような服装を選ぶと安心です。脱毛後すぐに日焼け止めを塗ると、過剰に反応してしまうこともあるので、日傘や紫外線をカットする効果の服などがおすすめです。注意点として、紫外線は1年のうちに5月が1番強く降り注いでいます。

脱毛後の日焼けがもたらす影響

脱毛後、うっかり日焼けしてしまったということがあります。日傘を忘れてしまったり、施術後に買い物に出かけて紫外線を多く浴びてしまったという場合です。中には、脱毛した日から何日かたっていたので、もう大丈夫と考えていた人もいるでしょう。
脱毛後のお肌に日焼けがもたらす影響は多くあります。脱毛後のお肌は、刺激からお肌を守るためにメラニン色素を生成しやすくなっています。メラニン色素はシミの原因でもありますが、お肌を茶色くすることで、紫外線などの刺激がお肌の奥にまで入ってこないようにする作用があります。本来は身を守るためにあるメラニン色素ですが、脱毛後という特殊な状態で日焼けしてしまうと過剰に反応してしまい、色素沈着になることがあるので注意しましょう。
そのほかにも影響として、ヒリヒリした状態が長く続いてしまったり、お肌が軽いヤケドになってしまうこともあります。ワキなどの部分脱毛であれば、比較的紫外線対策はしやすいですが、全身脱毛の場合は施術範囲が広いので特に注意が必要です。最近人気のある顔脱毛をする場合は、大きな帽子やマスク、サングラスといったアイテムを使って、できるだけお肌に紫外線が当たらないようにしましょう。うなじや背中の脱毛など、自分では見ることのできない部位も、しっかりとした対策が必要です。注意をしてしすぎるということはありません。夏でも長袖を着てお肌を隠す気持ちが大切です。

脱毛後に日焼けをする場合の注意点

脱毛というのは、毛の生え変わりにしたがって行います。そのため、スムーズに施術を受けて行っても1年、平均で2~3年という期間が必要になります。この期間の間は、できる限り日焼け対策をして、お肌が焼けないようにしなければいけません。なぜなら、黒い色に反応するレーザーやフラッシュの光が、焼けたお肌に反応するとヤケドになってしまうので、施術が出来なくなるからです。脱毛期間中、何年も完全に日焼けをしないというのは難しいです。日常生活レベルであれば、日焼け止めを使用していれば、それほど気にしなくてもいいというサロンもあります。
それでも、真夏に膿やプールで1日過ごすようなことは避けた方がいいでしょう。どうしても行きたい場合は、紫外線をカットするラッシュガードを着用して、日陰を探すようにします。脱毛後に、海に行くというのは、刺激が強すぎるので避けた方がいいでしょう。では、脱毛後どの程度たてば日焼けができるのでしょうか。お肌の状態は個人差がありますが、1週間ほどで通常のお肌に戻ると言われています。敏感肌の場合は、戻るまでに時間がかかるので2週間はあけるよう注意しましょう。脱毛後の紫外線の影響を極力低くするためにも、注意事項を守るようにします。こうすることで、脱毛後のお肌の仕上がりにもいい影響が出ます。脱毛期間中は気を付けなければいけないことが多くありますが、施術が終わればムダ毛を気にせずにプールを楽しむことができます。

脱毛後のお肌と日焼け

脱毛後のお肌が刺激を受けやすく、日焼けには注意が必要であることがよく分かりました。日焼けしたお肌というのは、ヒリヒリして痛みをともなうこともあります。実は、軽いヤケドをしている状態なので、お肌にとってはあまりよくない状態です。お肌には本来水分と油分がバランスを保って存在しています。刺激を守る上でも大切なバリア機能を果たしていますが、日に焼けることでお肌は極度の乾燥状態になってしまいます。
脱毛の施術を受ける際に、お肌の色はそこまで黒くなっていなくても、うるおいがない乾燥したお肌に施術をしても脱毛効果が弱まってしまいます。乾燥していることで、脱毛機から照射された光がお肌の奥まで届かなくなってしまうことが原因です。乾燥がひどい状態になると、施術を断られてしまうケースもあります。
脱毛後のお肌をきちんとケアしてあげることで、日焼けや乾燥から守ることができます。脱毛することが決まったら、いつもより保湿ケアに力を入れましょう。特別なクリームを買ってしまうと、デリケートなお肌が反応してしまうかもしれません。いつも使っているボディクリームなどで、脱毛期間中はスキンケアを行いましょう。日焼けも避けるようにして、日焼け止めや日傘、紫外線が直接お肌に当たらないように長袖やストールを着用しましょう。こうすることで、脱毛後のお肌が仕上がりがきれいで、色素沈着などがないきれいなお肌になります。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン