日焼け止め

脱毛前に日焼けをすることでの影響と注意点、いつまでならOKなのか

夏場の暑い時期に海や海水浴に行って日焼けをすることは多いとされており、中には冬場でも肌を綺麗に見せようとサロンなどに通ってわざわざ肌を焼く人は少なくないとされています。

小麦色の肌は健康的に見えるためにわざわざ焼く人もいれば、遊びに夢中になって日焼け土留めをしていたけれど取れてしまってつい肌を焼いてしまったという人もいるかもしれません。

何も予定がないのであれば肌を焼くことは別に問題ないと言えますが、それが脱毛前であるなら少し注意が必要と言えます。

脱毛施術を受ける前には、事前に様々な注意点について脱毛サロンのスタッフなどから詳しく説明されることがあるとされていますが、その際には日焼けについても注意されることがあるのです。

脱毛前に日焼けをすることは問題ないのか、あるいはダメなのかご存知でしょうか。

これから脱毛をしようか検討している人、あるいはエステサロンなどで肌を焼こうと思っている人、今年の夏は脱毛でしっかりとムダ毛を処理して肌を焼きたいと考えている人など様々だと思われますが、脱毛を考えているのであれば脱毛前、あるいは施術中に肌を焼いてよいのかについても注意深く考えていく必要があると言えます。

では、実際には脱毛前の日焼けはOKなのか果たしてNGなのかについてしっかりと考えていきましょう。

何も知らずに脱毛前に肌を焼いたり施術を受けるのではなくある程度知識を入れてから施術を受けるのが良いと言えますので、実際に脱毛を考えている人はしっかりとこの機会に理解しておくことをおすすめします。

脱毛前の日焼けはOK?NG?

では、実際のところ脱毛前に肌を焼くのはOKなのかNGなのかはっきりさせたいところと言えます。

どこで脱毛をするのかにもよりますが、脱毛サロンや脱毛専門クリニックなどでは必ず脱毛前にカウンセリングを受けることが多いとされています。

脱毛を受けるのあたっての細かい説明や注意点などについて話し合った後、脱毛前のことについて様々なことで注意を受けると思われますが、その際に「脱毛前に日焼けをしないようにしてください」と注意されることが多いとされているのです。

脱毛サロンやクリニックによって違いはありますが、絶対に受けないでくださいと言われる場合やもし万が一肌を焼いてしまった場合には予約をキャンセルして肌状態が落ち着いてからまた予約を取り直すように言われることがあります。

いけないからと言って、紫外線の強い夏場の時期は自分にはそんなつもりはなくてもつい肌を焼いてしまうことはあると言えますが、通常脱毛前に日焼けをしてしまうと事前に脱毛施術自体を断られる可能性が高いと言えます。

そのことから考えると、脱毛前に日焼けをすることはいけないということがわかります。

では、脱毛前に日焼けをしてしまった場合、肌や体調にはどんな影響があらわれるのか気になるところと言えます。

そこで、今度は脱毛前に肌を焼いたことによる肌や体調への影響についてしっかりと考えていきましょう。

なぜ脱毛前に焼いてはいけないのかを理解すれば、焼かないように注意することができると言えますのでここでしっかりと学んでおくことをおすすめします。

脱毛前の日焼けによる肌や体調への影響とは

脱毛前に肌を焼くのはNGということはわかりましたが、実際に肌や体調への影響としてはどんなことが考えられるのでしょうか。

人によっては、脱毛の施術を受けている期間中についうっかり肌を焼いてしまうこともあると言えますが、脱毛前に肌を焼いてしまうとどのような影響があるのか気になるところと言えるでしょう。

そもそも、日焼けをすると肌はその刺激から守ろうとメラニンをたくさん生成することで肌が黒くなるのですが、特に肌を焼いた後というのは通常の状態よりも肌にメラニンが多い状態となっているのです。

脱毛サロンや美容クリニックなどで使用される脱毛機器は、フラッシュ脱毛や医療脱毛などレーザー光線を毛に含まれているメラニン色素に反応させて毛根組織を破壊していく方法が主流とされています。

つまり、メラニン色素に反応させるということは日焼けをしたことで通常よりもメラニンが多い状態の肌に照射するとどうなるのか考えてみてください。

本来であれば毛のメラニン色素にしか反応しないはずのレーザー光が肌にも影響するわけですから、通常よりも施術中の痛みが強くなったり最悪の場合火傷をしてしまう恐れがあります。

火傷までいかないにしても、肌トラブルを起こす可能性も非常に高くなると言えますので、脱毛前に肌を焼くことでの肌や体調に影響するは非常に大きいことが考えられるのです。

加えて、脱毛施術を受けた後は通常よりも肌が敏感になっていることから紫外線に負けてシミや色素沈着を起こす可能性も大きくなるとされています。

脱毛前に日焼けした時の注意点や対処法とは

脱毛前に肌を焼くことは、こんなにまで影響してしまうことは十分に理解できたと思われますが、実は影響はそれだけではなく脱毛効果が低くなることもあるためにやはり脱毛前に肌を焼くのはNGとされているのです。

ただ、どんなに気を付けていてもうっかり肌を焼いてしまうことは誰にでもあることでしょう。

キチンと紫外線対策をしても、プールや海の水で流れ落ちてしまい結果的に脱毛前に肌を焼いてしまうことになったと焦ってしまう人もいるかもしれません。

今度は、脱毛前に日焼けをしてしまった際の注意点や対処法について詳しく考えてみましょう。

もし、脱毛前につい遊んでしまいうっかり日焼けをしてしまった場合には、肌を保冷剤や冷たいタオルなどで冷やしてその後しっかりと保湿ケアをしておきましょう。

そして、脱毛サロンや美容クリニックには脱毛前に肌を焼いてしてしまったことをしっかりと伝えておくようにしましょう。

バレなければいいかと伝えないままで施術を受けてしまうと後で大変なことにもなりかねませんしつらい思いをするのは自分自身ですので、肌への影響のことも考えてきちんと伝えておくようにするのが望ましいと言えます。

キャンセル料が発生するかもしれないからと無理をして施術を受けると、肌トラブルに発展したり痛い思いをするのは自分ですので、素直に肌を焼いてしまったことを伝えるように心がけましょう。

サロンやクリニックによって対応は異なりますが、キャンセルするように指示されるかあるいは出力を下げて施術を行うか分かれますので、その時のサロンやクリニックの指示に従うようにしましょう。

肌トラブルを起こすので日焼けはNG

このように、基本的に脱毛前には肌を焼くのはNGということが分かり、もし仮に肌を焼いてしまった後で施術を受けたらどんな影響があるかなどについて詳しく考えてみましたが、初めて知る事実に驚かれた人も多いのではないでしょうか。

近年、脱毛の技術も進み肌に負担をかけないで施術を行うこともできるようになってきたとされていますが、それでも脱毛をした後の肌というのは大きな負担がかかっていることは事実です。

そして脱毛をしたことでのダメージが回復する度合いも人によって異なりますので、安易に考えずに肌や体に負担がかかるというリスクを十分に理解した上で施術を受けるのが望ましいと言えます。

また、余分に日焼けをしてしまうことでキャンセル料が発生したり脱毛期間が延びてしまうなど金銭的負担や時間の無駄になることも考えられますので、脱毛施術を控えている場合にはなるべく肌を焼かないように注意しながら過ごしていくのが良いと言えるでしょう。

どうしても、膿やプールに行きたくて肌を焼いてしまう可能性があるという場合には、何時間かごとに日焼け止めを塗り直すようにしたり肌に炎症を越さないようにするために弱めのタイプを使用するなどしっかりと万全な対策をとった上で遊びに行くのが良いと言えるでしょう。

脱毛前に肌を焼いてしまうことで苦労するのも痛い目を見るのも自分ですので、そのことも十分に考えた上で脱毛を優先するか肌を焼かないように注意して過ごすのかよく考えていくのが良いと言えます。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン