顔の脱毛をする女性

効果の高さナンバーワンの医療レーザー脱毛 でも顔脱毛の回数は多い?

医療レーザー脱毛とは、美容皮膚科や美容外科といった医療機関で施術を行う脱毛方法のことです。
エステ脱毛との違いは医療行為であるか、そうでないかという点。
医療レーザー脱毛はその名に医療とつくことからもわかるように、医療行為として分類される脱毛です。
具体的な施術の方法としては、ムダ毛が気になる部分にレーザーを照射する、ただこれだけです。
非常にシンプルな方法で、施術時間も大変スピーディーなことも人気の理由のひとつとなっています。
エステで行われている脱毛は主にフラッシュ脱毛と呼ばれるものが主流になっており、実は脱毛方法やメカニズムとしてはレーザー脱毛とフラッシュ脱毛は非常に似ている部分が多いです。
しかしレーザー脱毛は医療用のレーザーを用いて強力にムダ毛に脱毛作用を与えますので、一般的にエステのフラッシュ脱毛よりも効果が高く、スピーディーに効果を実感しやすいという特徴があります。
ムダ毛が完全に生えないようになるまでにはいずれの方法でも複数回の施術を行わなければならないのですが、レーザー脱毛はフラッシュ脱毛よりも少ない回数で、短期間のうちに脱毛が完了する場合が多いです。
何度も脱毛に通うのが面倒という人や、できるだけ短期間でツルツルの肌を手に入れたいと考える人にとってはレーザー脱毛は大変利用価値の高い脱毛方法であると言うことができます。
威力が高い分施術時の肌への刺激がやや強いというデメリットもありますが、そうした部分を含めてもレーザー脱毛を選びたいという人は増えてきています。

顔脱毛は効果が出にくい?

そんな効果の高さが魅力の医療レーザー脱毛ですが、実は脱毛する部位によっては思うように効果が出ないことがあります。
特に顔は他の部位に比べると効果が出るまでに施術回数が多くなりやすく、時間がかかる傾向があります。
その理由は顔に生えるムダ毛の色素の薄さにあります。
多少の個人差はあるのですが、顔に生えているムダ毛はいわゆる産毛と呼ばれる細くて柔らかく、色素が薄いムダ毛である場合が多いでしょう。
医療レーザー脱毛で使用されるレーザーはムダ毛に含まれているメラニン色素という黒色の色素を感知し、熱のダメージを発生させることで毛根の細胞を破壊し、脱毛効果を発揮するという働きをします。
レーザーで脱毛する上で肝心なのがメラニン色素の量で、もし体毛にメラニン色素がまったく存在しない、あるいは量が少ないのであればレーザーの作用がちゃんと出ず、脱毛効果を得ることができなくなってしまいます。
その為生まれつき体毛が金色の欧米人などは医療レーザー脱毛は不適合であり、そのため欧米ではいまだワックス脱毛などの原始的な脱毛方法が広く利用されています。
日本人の体毛はほとんどの人は生まれつき黒色であり、レーザーが作用するに十分な量のメラニンが存在しています。
ただし顔や背中に生える産毛は普通のムダ毛と比べると細さや色素に明らかに違いがあり、含まれているメラニンの量はかなり少ないです。
その為レーザーによる脱毛効果が発揮されにくく、通常のムダ毛を処理する場合よりも多くの施術回数が必要となることが多いのです。

顔のムダ毛がなくなるまでに必要な施術回数

では、顔の産毛が完全になくなるまでには一体どれくらいの回数の施術が必要になるのでしょうか。
通常のムダ毛の場合は目安としては5~8回と言われています。
3回目くらいからはっきりとムダ毛が減ってきたと感じるようになり、5、6回目になるとほぼムダ毛が生えてこない状態になるというケースが多いとされています。
顔脱毛はメラニン色素の少なさからレーザーの効果が出るスピードが緩やかになりますので、5、6回ではまだ満足できる状態には仕上がらないことも少なくありません。
はっきりとどれくらいの回数で完全に産毛が生えてこなくなるかというのは定義しにくい部分がありますが、顔脱毛を体験した人の中には10回以内でほとんど生えてこなくなったという声もあれば、10回以上繰り返しても今ひとつ効果が出なかったという声もあります。
もともと持っている毛量の多さの違いによっても必要になる回数は変わってきますが、一つ言えることは顔脱毛の場合も、エステ脱毛と医療レーザー脱毛では後者の方が効果の高さは優れているということです。
エステ脱毛で顔脱毛を受けたところ全然効果が実感できなかったという人も、医療レーザーによる脱毛に乗り換えると目に見える効果を実感できたというケースも多く、やはり医療用レーザーの脱毛効果の高さは飛び抜けて優れていることに違いはありません。
回数はかかりますが、根気強く脱毛に通えば効果を実感できる可能性は高いですので、顔脱毛は焦らず根気強く続けることがポイントとなります。

回数をこなしても効果が出ない場合には

しかし、どれだけ回数をこなしたとしても満足できる効果を得られないという場合もゼロではありません。
産毛は人によってはほとんど目で確認できないレベルに色素が薄いということもあり、そうした場合にはいくら威力の強い医療用レーザーとはいえなかなか力を発揮できなくなってしまいます。
もし10回以上の回数をこなしてもほとんど産毛が減らないというようなことがあれば、どれだけ施術を受けても完全に脱毛することはできない可能性があります。
医療レーザー脱毛はメラニン色素の存在するムダ毛にしか効果を与えられないということが大原則としてありますので、顔脱毛はできる範囲まで脱毛できればよいという程度に考えるようにしましょう。
ただし産毛を完全に処理できれば化粧ノリが良くなったり顔色が明るくなったりと肌の印象を改善する効果がありますので、やはり完全に産毛がない状態に仕上げたいという人も多いでしょう。
そうした人は、顔専用のシェーバーなどでこまめに処理をするのが最もベストな方法でしょう。
ある程度の回数レーザー脱毛で処理をしてもらい、大まかに産毛が処理できれば家庭での自己処理もぐっと楽になるはずです。
顔専用のシェーバーであれば頻繁に処理しても肌を傷つけにくいですので、数日おきにこまめに使用すれば完全に脱毛完了したのと同じくらいのツルツルの肌をキープすることができます。
回数をどれだけこなしても完全にムダ毛がなくならないのであれば、顔脱毛は他の部位の脱毛とは違い、自己処理の補助的な役割をするものというように割り切って考えることも大切です。

顔脱毛の特徴を知った上で納得のいく施術を

このように、顔の脱毛はワキや脚などの脱毛とは違った特徴を持っています。
医療レーザー脱毛ならば少ない回数で必ず全身ツルツルになる、というイメージは顔脱毛に関しては例外的に当てはまらないというのが実際のところですので、顔脱毛を受ける前にはこうした事実をしっかりと受け止め、納得した上で通院することが重要となります。
もともと顔の産毛が濃くてコンプレックスとなっているといった人であれば施術を受けることで大きな変化を実感できることも少なくありませんが、じっくり見ると産毛が気になる、といった人ではそこまでの効果を感じることができないという場合もあります。
自分の顔の産毛の状態をじっくり観察し、どれくらいの効果が期待できるかをあらかじめ予想しながら、実際の変化を見極めるようにしましょう。
多くのクリニックでは施術開始前に詳しくカウンセリングを行いますので、その際にも医師や看護師にどの程度まで産毛をなくすことができそうか、意見を聞いてみるのもよいでしょう。
レーザーによる脱毛は決してリーズナブルなものではありません。
ましてや回数のかかる顔脱毛では費用がかさみがちですので、実際に施術を受けてみて期待していた効果がなかったと後悔することのないように、施術を受ける前に顔脱毛の特性をしっかりと理解しておくことは不可欠です。
ある程度までは根気強く施術を受け、最終的に仕上がりの状態を納得の上で受け入れる姿勢を持てるようにしましょう。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン