肌荒れを気にする女性

顔の脱毛後に起こりやすい肌荒れを防ぐために気をつけること

顔にムダ毛が生えていると汗をかいても乾きにくくなりますし、メイクが崩れる原因にもなります。メイクが崩れるのは皮脂が多く分泌されるためですが、皮脂は皮脂腺の活動が活発な時に分泌量が増えます。そうなると、いくらメイクを厚く塗ってもすぐに浮き出てくるようになりますので、頻繁に塗り直す必要が出てきます。そもそも厚塗りをすれば皮膚呼吸が妨げられて余計に崩れやすい状態になりますので、厚塗り自体が良い解決法とはいえません。皮脂が浮き出た後にいくら上から塗ってもサラッとした印象にはなりませんし、雑菌の繁殖も進んで衛生的とは程遠い状態です。
メイクが崩れる要因は他にもあります。ムダ毛が生えているとファンデーションが定着しにくいので、しっかりと押さえているつもりでも浮いてしまいます。これが短時間で崩れる大きな原因になっており、ムダ毛を剃った後は改善されるようです。
顔にムダ毛が生えていると野暮ったい印象を与えることにもつながりますので、できればきちんと処理を行っておきたいところです。剃ると簡単にムダ毛は無くせますが、すぐにまた生えてきてしまいますし、肌表面の細胞を削り取ってしまうことでバリア機能が損なわれてしまいますので、皮膚の弱い人にはおすすめできません。肌トラブルを抱えている時には剃ることで傷をつけてしまう恐れもありますので、更なるトラブルを防ぐためには脱毛をしてしまった方が安心です。

顔の脱毛後に肌荒れが発生する要因

顔の脱毛後に肌荒れが発生するのは、脱毛によって強い刺激を受けてしまうからです。元々皮膚の薄い部分ですので、他のパーツよりも刺激に弱くなっています。ですから、一度脱毛を行っただけでもトラブルが引き起こされる可能性があり、何度も繰り返しているうちに治りにくくなる可能性もあります。
脱毛の中でも一時しのぎの方法はお勧めできません。ダメージが蓄積されてしまえば、回復が難しくなるからです。蓄積されたダメージによる症状は脱毛後にすぐに現れるとは限らず、かなり時間が経過してから急に現れることもありますので、いつ現れるか分からないという心配もあります。問題がないと思い込んで処理を続けてしまうと、ある日急に深刻なトラブルが発生することもありますので、脱毛後は注意して肌の様子を観察しなければなりません。
脱毛後には皮膚が乾燥することも肌荒れの要因になっています。乾燥するといつもよりバリア機能が低下して、普段何気なく触れているような刺激にも過敏に反応するようになります。脱毛後は毛穴からムダ毛が無くなってぽっかりと穴が開いたような状態になりますので、そこから水分が蒸発して乾燥が進みます。毛穴がきちんと閉じるまではしばらくその状態が続きますので、乾燥による肌トラブルにも十分に注意しなければなりません。
脱毛後に刺激を与え続けると、シミや色素沈着のような治りにくい肌トラブルに発展する可能性もあります。

脱毛後に必要なアフターケア

脱毛後にしっかりとアフターケアを行えばリスクを軽減することができます。顔は特にデリケートな場所ですので、他のパーツよりも念入りなアフターケアが必要です。
脱毛後にまず最初にやらなければならないのが、熱を帯びた場所がないかをチェックすることです。熱を持っていると肌荒れが引き起こされやすいので、まずは熱を鎮めることが肌荒れを防ぐためのポイントとなります。熱を鎮めるには、よく冷やしたタオルや保冷剤で冷却を行うことが重要です。もう十分だと感じるくらいまで冷やしたら、次のケアに移ります。
脱毛後の肌荒れとして多いのが毛穴の開きなのですが、それを防ぐためには収れん化粧水が必要です。収れん化粧水で毛穴を引き締めることで肌中の水分が蒸発するのを防ぐことができます。肌中に十分な水分が保たれていると潤い成分の生成もスムーズに促されるようになりますので、肌荒れを予防しながら早期の回復も期待できます。
脱毛後には保湿も重要です。乾燥した肌に外側から水分を補うことで肌中の水分と油分のバランスがちょうど良くなります。バランスが改善されるとターンオーバーの働きが活性化されますので、古い細胞の排出が早まってトラブルを含む肌細胞もどんどんはがれ落ちるようになります。
これらのケアを脱毛後に徹底して行うようにすれば、肌荒れをある程度は防ぐことができます。あとは、脱毛後だけでなく普段からコンディションを整えておくこともトラブルを防ぐことにつながります。

肌荒れが起こってしまった場合の注意点

どんなに気をつけていても脱毛後には思わぬトラブルが起こることがあります。特に顔は皮膚が薄いので、刺激に耐えきれなくてトラブルに発展する可能性が高いパーツですので、注意をしていても肌荒れは起こり得ます。
万が一脱毛後に肌荒れを起こしてしまったら、まずは酷い炎症を起こしていないかを確かめます。酷い炎症時にはセルフケアでは対応できませんので、早急に皮膚科を受診するべきです。皮膚科で診てもらえば適切な治療を受けられますので、症状の悪化を防ぐことができます。
酷い炎症時に、効きそうな成分を含む化粧品で念入りなケアを行うとかえって悪化することがあります。そのような時には気になって何度も肌に触れてしまうことが多いのですが、触れるたびに刺激を与えることになり、かえって肌荒れを酷くすることがあります。あまり触れないようにすることが症状の悪化を防ぐためのポイントですんで、必要最低限のケアに留めることが大切です。
また、脱毛後に色素沈着が起こってしまった場合でも、顔の場合には刺激に弱いパーツということもありますので、焦って高濃度の成分でケアを行わない方が無難です。色素沈着を改善するためには数カ月が必要ですので、じっくりとケアを行わなければなりません。焦って高濃度の成分を取り入れると肌に負担をかけてしまって新たな肌荒れが引き起こされることもありますので、優しい成分を利用しながらゆっくりとケアを行うことが重要です。

脱毛後の肌トラブルを防ぐために

顔の脱毛後の肌トラブルを防ぐためには、肌に優しい方法で脱毛を行い、乾燥を防ぐことが大切です。一時しのぎの方法は短期間のうちの何度も処理を繰り返すことになり、ダメージが蓄積されてしまいます。ムダ毛が再生してこない方法なら一度きちんと処理を行ってしまえばその後は負担をかけることがありませんので、顔のようにデリケートなパーツでも良いコンディションを保てます。また、乾燥はバリア機能の低下につながりますので、早急に対処すべきです。シミや色素沈着の原因にもなります。
脱毛後にきちんとアフターケアを行えば肌荒れを防ぐことができます。必要なアフターケアとしては、熱を帯びている時にはしっかりと冷却し、毛穴の開きを防ぐために収れん化粧水を利用します。保湿も重要であり、肌中の水分と油分のバランスを整えることで回復が早まります。
脱毛後に酷い炎症を起こした時はセルフケアに頼らずに皮膚科を受診するべきです。効きそうな成分を取り入れても、触れ過ぎてかえって悪化させる恐れがありますので自分で行うのは最低限のケアに留めるべきです。色素沈着が起こってしまった時でも顔のように皮膚の薄いパーツに対するケアを行う時には高濃度の成分を取り入れて焦って結果を求めるのではなく、優しい成分でじっくりとケアを行っていくべきです。
顔はとてもデリケートな部分ですので、他のパーツよりも慎重にケアを行わなければなりません。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン