短パン女子

電気と光を使った脱毛の特徴と違い、施術を受ける事が出来る施設について

両脇や腕、脚と言った部分のムダ毛は自分で処理をしていると肌トラブルが起きてしまう事もあります。
また、最近はアンダーヘアのムダ毛処理を行う女性も多くなっていますが、アンダーヘアは足や腕などとは異なり、人目に付く場所ではないので本来ならばムダ毛処理は要らないと言ったイメージを持つ人も多いようです。
しかし、水着に着替えた時、その水着がビキニなどの場合にはビキニラインからムダ毛が見えてしまう事もありますし、お尻の部分がTの字型をしているTバックスタイルの水着などの場合、お尻のムダ毛が水着から出て来るなど、ムダ毛がある事で大胆な水着を着る事が出来なくなってしまいます。
これは水着だけではなく見えないお洒落をしたい女性の場合も同じで、下着から見えてしまうムダ毛を許せないと感じる女性が多くなっているため、アンダーヘアもムダ毛処理をしたいと思う人が多くなっているのです。
自分で行うムダ毛処理は脱毛しているわけではないので、時間が経過すると伸びて来ますし、ムダ毛の毛質は個人差があり、ムダ毛が濃い場合には頻繁にお手入れが必要になって来るのです。
脱毛は、ムダ毛のお手入れを楽にしてくれる光を使った方法と永久性を得る事が出来る電気やレーザーを使った方法に分ける事が出来ます。
光を使った脱毛は、エステサロンなどのお店で施術を受ける事が出来ますが、電気を使った脱毛の場合は、一部のサロンとクリニックが主流で、レーザーについては医療行為を可能にしているクリニックのみで行う事が出来ます。

電気脱毛と光脱毛の違いについて

ムダ毛処理を自分で行う場合は処理をしても時間が経過するとムダ毛は伸びて来る事になりますが、サロンやクリニックで施術を受けた場合、光を使えばムダ毛の毛量は減り、ムダ毛が生え難い状態になるので、ムダ毛のお手入れが格段に減ると言うメリットを持ちます。
一方、クリニックで行われているレーザーは永久性を得る事が出来るため、ムダ毛のお手入れから解放されると言ったメリットがあります。
光はサロン、レーザーはクリニックと言う位置づけが行われているのですが、電気を使った脱毛は医療行為であるため本来はサロンでは施術を受ける事は出来ません。
サロンとクリニックの大きな違いは、医療行為が可能になるのか否かであり、この違いにより施術方法が異なると言う事です。
但し、サロンの中には認定電気脱毛士と言われている技術資格を持つスタッフがいる場合、電気を使って脱毛施術を受ける事が出来るようになっています。
光と電気の大きな違いは永久性を得る事が出来るか否かである事、永久性と言うのはムダ毛が生えて来なくなる状態の事を意味しており、電気を使って施術を受けた場合はムダ毛処理から解放されると言った光との違いが存在しています。
尚、光と言うのは色々な脱毛器あり、フラッシュ脱毛器、IPL脱毛器、S.S.C.脱毛器などの種類がありますが、サロンで行われている光脱毛は全て同じ原理であり、電気を使った方法とは永久性と言う点においての違いがあります。

電気は終わりがあるが光は半永久と言う効果

電気を使った脱毛は永久性を得る事が出来ると言ったサロンとの大きな違いがあります。
永久性があるので、脱毛には終わりがある事になるわけで、光を使うサロンの場合には永久保証を付けて貰えるお店や脱毛し放題と言うプランを選ぶ事で、再契約を交わす事なく繰り返し施術を受けられます。
しかし、繰り返し施術を受けると言う事は、永久性を得ていないわけで、これが電気と光の大きな違いと言えましょう。
また、この違いは効果の違いでもあり、永久性を望む場合には電気やレーザーを利用する、永久性は得られなくても良いので、ムダ毛のお手入れを楽にしたい場合にはサロンと言った選択肢があります。
施術法による違いは、光脱毛の場合は肌に特殊な光を照射し、光を毛穴に集めて発毛組織部分で熱エネルギーに変換させてから、組織の機能を停止させたり、機能を弱める効果を得る事が出来ます。
熱エネルギーにより、組織機能が弱くなるため、ムダ毛が一定期間の中で生えて来なくなる、ムダ毛が細くなるのでお手入れが楽になると言うメリットがあります。
電気脱毛の場合は、毛穴に特殊な電気針を挿入し、針に電流を流す事で針先にある発毛組織を破壊する事が出来るようになります。
発毛組織を破壊すると言う行為は医療行為であり、本来はクリニックなどの病院でなければ施術を受ける事が出来ないのですが、CPEと言われている認定電気脱毛士がいるサロンであれば永久脱毛が出来るようになっているのです。

電気脱毛が可能になっているサロンは?

電気脱毛の場合は、医療レーザーを使う場合と同じく永久性を得られると言うメリットがありますが、電気を使う脱毛は本来ならば、医療行為が可能な病院のみとなります。
これは脱毛を行う事で発毛組織を破壊する行為が含まれるからなのです。
しかし、全国に多数の店舗を持つ有名なサロンの一つでもある「エステティックTBC」や「MEN’S TBC」と言ったサロンの場合、それぞれのお店には技術を持つ認定電気脱毛士が在籍をしているので電気脱毛が可能になっています。
尚、「エステティックTBC」は女性専用のサロンで、「MEN’S TBC」は男性専用のサロンと言った違いがあるので、利用する時には注意が必要です。
サロンの多くは女性専用にしている所が多くありますが、東京豊島区にある「HIRAMORI E.T.S」と言うお店の場合は男女兼用のサロンですし、東京の多摩市にある「ビューティーリバース」や目黒区にある「シンシアリー」などの場合も男女兼用のサロンになっています。
また、これらのサロンの多くは脱毛以外の施術を行っているお店も多くあり、「エステティックTBC」などの場合はフェイシャルケア―やボディーシェイプなど幅広い施術を行っています。
更に、脱毛サロンと言うお店の種類は、電気脱毛だけではなく、特殊な光を照射する光脱毛の施術も可能になっており、光脱毛では効果が現れにくいと言われているうぶ毛、金髪、白髪、色素のある部分などで効果を期待出来るのです。

電気脱毛と光脱毛の大きな違いは永久性

電気を使う脱毛施術は電気針やニードル針と言われている針を毛穴に挿入する方法です。
挿入した針に電流を流す事で、針先部分の発毛組織は熱エネルギーが加わり、発毛機能を停止させる事が出来ます。
組織が破壊されるので発毛が停止して永久性を得る事が出来るのですが、組織を破壊する事や針を挿入すると言う行為は医療行為に相当するため、通常のサロンでは施術を行う事が禁じられています。
しかし、認定電気脱毛士の資格を取得している技術を持つスタッフがいるサロンの場合は、取り扱いが認められているため、サロンでは永久性を得られないと言われている中で、資格を持つスタッフがいるお店で在れば永久脱毛を受ける事も出来ます。
また、クリニックなどの場合は医療レーザーと電気針を併用する事が出来ると同時に、認定電気脱毛士の資格を持つスタッフがいるお店は光脱毛との併用が出来るようになっています。
これは一般的な脱毛サロンとの大きな違いと言えるのです。
光を使った脱毛は、黒いメラニンに強く反応を示す性質があるため、うぶ毛や白髪と言ったメラニン色素が薄い毛に対する効果が弱くなります。
これはレーザーを使った場合も同じなのですが、電気針は毛穴に直接挿入するため、毛質に関係なく効果を得られると言うメリットを持っており、一般的なサロンでの脱毛効果に違いがあるのです。
更に、光脱毛だけでは効果が得られない時など、毛質や毛量に応じて使い分けて貰えますし、毛穴に1本ずつ針を挿入するため、眉毛や髭などの施術の場合、好きなデザインに仕上げられると言うメリットもあります。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン