プールマットに寝転んで浮かぶ男性

男性の陰部をレーザー脱毛で永久脱毛する場合に注意すべき事

男性の陰部を永久脱毛する前に、知っておくべき事は、どのような脱毛方法があるかという事、事前に何をしておいたら良いかと言う事の2つです。永久脱毛の方法には、基本的にレーザー脱毛と光脱毛、ニードル脱毛があります。これは髭などの脱毛と同じ方法ですが、陰部の方がより敏感ですので、基本的にはレーザー脱毛か光脱毛をお勧めします。というのも、ニードル脱毛は細い針を毛穴に入れて電気を通す事で、毛母細胞を破壊する為、他の2つの永久脱毛の方法に比べて痛みが強いからです。光脱毛とレーザー脱毛に関しては、施術自体は同じような方法ですが、レーザー脱毛の方がより永久脱毛しやすい事が利点に挙げられます。その為、レーザー脱毛はニードル脱毛の次に痛みが出やすい事を気をつけておくべきでしょう。どうしても痛みに耐えられない人は光脱毛を選択する事になるでしょう。そして、髭などより陰部は負けにくい部分ですが、敏感な人は強い刺激によって赤みが出たりする場合もありますので、パッチテストをする事を忘れないようにしてください。いざ永久脱毛を始めたら、赤みが強く炎症が起きて施術できなくなってしまうというような事がないようにしたいものです。そして、陰部の永久脱毛で大切なのは事前にどんなデザインにするのかを決めておく事です。濃さについては誰しもある程度イメージできると思いますが、髭と違いデザインを考えておくと後悔しにくいからです。

陰部の永久脱毛の施術回数や時間について

陰部の永久脱毛の場合も、もみあげや頬の永久脱毛と同じような施術回数と時間でできます。つまり、ツルツルにしたいのか、薄くしたいのか、むだ毛だと思っている部分の処理だけなのかで施術回数と時間が変わります。ツルツルにしたい場合が一番時間も施術回数もかかります。施術回数はレーザー脱毛で、大体6回〜10回程度、時間は1〜2年です。薄くしたい場合は、4回〜6回で半年〜10ヶ月ほどです。むだ毛だと思っている部分だけの処理であれば2回〜4回で半年程度あれば終わるでしょう。しかしながら、これはあくまでも一般的な基準です。再び毛が生えてくる割合が多い方であれば、もっとかかりますし、元々陰部に毛が少ない人であればもっと少ない時間と回数で終わります。そして、陰部に特徴的なのが、肌が黒いほど毛が抜けにくい為時間や回数がかかり、陰茎や陰嚢に毛が多いほど時間や回数がかかります。なぜなら、敏感な部分は刺激が強すぎる為、1回でできる割合が極端に減ってしまうからです。その為、一般的な施術回数と時間を書きましたが、実際にはかなりの個人差がある部分でもある為、この通りに行く可能性は少なく、あくまでも、目安として考えておかれると良いでしょう。その点についても、事前にスタッフに相談したり、質問して確認しておく事が重要です。言い換えると、事前に調べる事が大切です。予想外に施術回数や時間がかかると、当然費用も高くなってきますので。

男性の陰部の永久脱毛にかかる費用

髭やもみあげとは異なり、陰部は様々な部分に分かれます。ビキニライン、股、陰嚢、肛門周囲、陰茎周りと区別しているのが一般的でしょう。当然、痛みが比較的出にくい部分はレーザー脱毛しやすいので、その分価格は下がり、ビキニラインや股周囲については1万3000円〜2万円弱を考えておくと良いでしょう。しかし、敏感でデリケートな部分である、陰嚢、肛門周囲、陰茎周囲などは慎重にレーザー脱毛する必要がありますので、その分価格は上がります。陰嚢や肛門周りは大体2万円程度ですが、陰茎周囲に関してはデリケートな上に形状が様々ですので、2万5000円前後は考えておいた方が良いです。これも1回にかかる費用ですので、部分別にレーザー脱毛をする場合は、ビキニラインで15万程度、股の間で10万程度、肛門周りは15万程度、陰嚢も15万程度、陰茎周りが20万程度と考えておくと目安となります。これも、部分だけ行うのか、全部行うのかによってセット料金として割り引かれたり、個人差によって施術回数が異なれば、当然価格も上下しますので、あくまでも大まかな基準と捉えておくと参考の価値はあります。そして、男性の陰部の脱毛自体まだあまり行われていませんので、店舗によって価格はかなり変動する可能性があります。できるだけ安価に抑える為には、レーザー脱毛を行って、どうしても脱毛しにくい部分を最後にニードル脱毛で行うのが一般的です。

男性の陰部の永久脱毛のリスクと注意点

男性に限らず、脱毛の際にはデリケートな肌の人はパッチテストをお勧めします。炎症を起こしてしまっては元も子もありません。もう一つは、事前に店舗に問い合わせる事。男性の陰部の永久脱毛を行っている店舗はまだ少ない為、施術をしているかどうかの確認は大切です。もし施術をしている店舗であってもほとんどが男性スタッフによる脱毛となりますので、どうしても嫌な場合は事前に問い合わせ、相談する必要があります。基本的に来店ペースは2ヶ月周期の毛根再生周期に合わせる事が多いのですが、脱毛が中々うまくいかない場合は1ヶ月に1回と言う場合もありますので、この点も事前に問い合わせておく必要がありますし、個人差によって時間と回数が増える場合もありますので、その都度店舗へ問い合わせたり、スタッフに相談する必要があります。男性の陰部の永久脱毛に関しては、まだまだ普及していない為、店舗やスタッフ自身も経験不足が否めません。しかしながら、基本的には他の部位と同じ事をしている為、基準となる一般的な回数や時間は決まっていますので、店舗毎の基準をしっかりと尋ねておく事が大切です。最後の注意点としては、その店舗がどのようなアフターフォローをしてくれるかということです。敏感でデリケートな部分の為、万が一炎症が起こったり、火傷をしたりした場合、また施術が全て完了した後にどのようなアフターフォローがあるのかを確認しておきましょう。

レーザー脱毛による永久脱毛

陰部であっても、他の脱毛と基本は変わりません。比較的丈夫な部分と敏感な部分に関するものは施術回数、時間など大まかな部分で一致してますし、個人差によってその辺りは随時変動しますが、しっかりと店舗やスタッフと相談する事で満足した脱毛を受けられる事でしょう。しかしながら、特徴的なのは、皮膚の色素沈着が起こっている場所と白くなった毛です。レーザー脱毛や光脱毛の場合は黒い毛に光を当てる事で脱毛しますので、白くなっていると効果がありません。白くなる前に脱毛してもらうのが一番ですし、白い部分があれば残ってしまう為、それを加味した上で、デザインを考えておくというのも、個人の楽しみの内に入ります。大切な事は、リスクを最小限にして、後の生活を充分に楽しめる為の知識と問い合わせや相談を小まめにする事です。デリケートな部分は、痛めてしまうと長期間悩まされます。特に中々言い出しにくい部分でありますが、施術してもらう店舗やスタッフには恥ずかしがらずにしっかりと相談や問い合わせをしていくことが、後の生活を充足させる最低条件となります。後は、経済的な状況によって、店舗や施術の回数などを決めていく事ができれば充分に満足した施術を受けられる事は間違いありませんし、一度経験してしまえば、半分くらい薄くした状態をツルツルにする場合等は安心して一度受けた店舗へ行く事もできますので、しっかりと調べてから施術を受けてください。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン