胸筋

ブラジリアンワックスを使用する男性は脱毛クリームやサロンの効果も比較

自宅でムダ毛処理を考えている男性は、カミソリを使用することが多いようです。
手軽に処理できる方法として最も普及していますが、全身の処理をすれば数箇所は傷をつけてしまうことが少なくありません。
カミソリを滑らせることで角質を薄くしたり、皮脂を完全に除去してしまうなどの欠点もあります。
皮脂不足になった肌は乾燥を招くことで、かゆみ・痛み・炎症などを引き起こすこともあるのです。
カミソリによるシェービングは正確には除毛に分類されており、毛根から処理する脱毛とは区別されています。
男性が安全にムダ毛処理をするなら、ブラジリアンワックスと脱毛クリームの使用がおすすめです。
ブラジリアンワックス脱毛は水飴のように粘度のあるワックスを肌に塗って、ワックスと一緒にムダ毛を引き剥がすというものです。
毛根から抜くことができるのでツルツルになりますし、ツルツル効果は数週間も続いてくれます。
脱毛クリームによる方法は、脱毛とは言いますが実際には除毛に分類され、特殊な液剤でムダ毛を溶かしていきます。
処理後はツルツルになりますが毛根から処理するわけではないので、ワックスほど効果は長持ちしません。
数日後にはザラザラしてくることが多く、言い換えればシェービングより安全な除毛と言えるでしょう。
処理速度に関してはシェービングのほうが早いですが、安全性を考えれば脱毛クリームのほうが適しているので、肌へのダメージを抑えながら除毛したい男性におすすめです。

サロンとセルフケアによる施術の違いとは

ブラジリアンワックスによる施術は一部サロンで受けられますし、市販商品を使ってセルフケアとして行うこともできます。
ワキ脱毛などの狭い範囲の処理をする場合はセルフケアで問題ありませんが、処理範囲が広いならサロンを利用するのが好ましいでしょう。
そもそもセルフケアの場合だと、手の届かない部分が出てくるはずです。
首の後ろ、背中、お尻などは特に処理が難しく、例えば首の処理をするときに髪の毛まで抜いてしまうこともあるのです。
全身処理をしたいという方はサロンを利用するのがベストですが、料金を抑えたい場合は手の届く部分だけセルフケアをしておくといいでしょう。
サロンでは鼻毛脱毛に対応しているところもあり、鼻毛のないツルツルの鼻腔が実現します。
鼻毛が多くて困っている方は、持続時間の長いワックス脱毛で処理を受けてみるといいでしょう。
男性も30代になると肌老化が始まってきますし、これは自分でも自覚することができます。
セルフケアによる処理で肌を傷めるようになった方も、サロン脱毛に乗り換える時期にあります。
プロの脱毛は施術後のアフターケアも徹底しており、脱毛によって敏感になった肌を鎮めてくれるのです。
翌日にダメージを残さないようにし、また脱毛によって乾燥肌に傾いていくのも防ぐことができます。
同じ方法で脱毛をしても、セルフケアの場合だと翌日まで肌ダメージが残っていることが少なくありません。
鳥肌や炎症、乾燥といった症状を防ぐならプロの脱毛をおすすめします。

脱毛は持続効果を知ってから選ぼう

持続効果で比較をした場合、脱毛クリームよりもブラジリアンワックス脱毛のほうが圧倒的に勝っています。
毛抜きでヒゲを抜いたことのある男性ならわかりますが、肌表面に1mm程度しか顔を出していないようなヒゲでも、実際に抜いてみると埋まっている部分が長いことを実感するはずです。
クリームの場合だと頭を出している部分しか処理できませんが、ワックスだと毛根から処理できます。
そのため持続効果はワックスのほうが圧倒的に長く、2~3週間以上はツルツルを維持できるでしょう。
これに対してクリームは数日でジョリジョリしてくる場合もあるため、ムダ毛の伸びが早いという方はワックス脱毛がおすすめです。
肌への刺激を考えた場合は、ムダ毛を溶かしていくクリームよりワックスのほうが優しいです。
水飴をベースにして作られたものが多く、粘度を利用して引き剥がしていきます。
痛みはクリームよりも間違いなく強いですが、引き剥がし方によってかなり変わってきます。
躊躇して引き剥がすほど痛みが強くなるので、思い切って瞬間的に引き剥がしてください。
途中で力を弱めてしまうほど痛いため、カウントダウンを利用して一気に剥がすとよいでしょう。
いずれの脱毛方法の場合も、処理後から体臭予防が軽減するのを実感できるはずです。
ムダ毛は蒸れを引き起こすので、通気性・速乾性をよくするためにも処理しておくべきなのです。
最近は夏場に備えて脱毛する男性が増えており、特にワキガ・スソワキガ対策としておすすめします。

脱毛をすると肌にダメージを与える

ダメージ0の脱毛があれば理想ですが、現在においてはどのような方法であってもノーダメージではありません。
ブラジリアンワックスと脱毛クリームの負担比較をした場合、ワックスは痛みが強いけど炎症は起こりにくいです。
毛根から引っ張るので一時的に鳥肌になることはありますが、しっかりと保湿して肌を休ませれば長引くことはないでしょう。
脱毛クリームは痛みはほとんどありませんが、敏感肌の方だとヒリヒリした感覚を覚えることがあります。
ワックスよりは乾燥肌を招きやすい傾向がありますが、保湿をすれば乗り切ることができます。
いずれの方法も少なからず肌に負担を与えますが、大切なのは処理後のケアなのです。
適切なケアをすればダメージを最小限に抑えられますから、肌がそれほど強くない男性でも問題ありません。
女性と比べて男性は肌が丈夫な傾向があるので、脱毛による肌トラブルは起こりにくいと言えるでしょう。
注意したいのは肌が敏感になっている場合の脱毛であり、過度の乾燥や日焼けがある場合は避けたほうがいいです。
非常に肌が敏感でダメージを受けやすい状況になっていますから、正常肌になるのを待ってから処理を受けるのがよいでしょう。
敏感肌の方には脱毛クリームよりブラジリアンワックスを推奨されることが多いですが、これには処理頻度を減らせるという意味もあります。
脱毛によって肌ダメージを受けても、次回の脱毛までには回復してくれるからです。

脱毛の方法による特徴を知っておこう

最近は脱毛と言えば光やレーザーを使用した方法が中心となっていますが、ブラジリアンワックスと脱毛クリームによる方法も根強い人気があります。
サロンで提供する店は少なくなりましたが、その場でツルツルを実感できる魅力は大きなものです。
光やレーザーも毛根から処理できますが、抜けてくるのは1週間程度経ってからなのです。
今すぐにツルツルにしたい方にとって、ワックスやクリーム脱毛は最適でしょう。
安全・確実に処理をするならサロン施術がおすすめであり、自分では手の届きにくい部位もツルツルにしてくれます。
ツルツルになれば体臭が減りますし、通気性がよくなって汗はすぐに乾いてくれます。
エチケットとしてもムダ毛処理は必須であり、特に女性よりムダ毛が濃い男性にとって必要なものです。
サロンはアフターも念入りに行っており、脱毛による肌への負担を短時間で解消することができます。
肌があまり強くないという方は、セルフケアよりサロン施術のほうが適しているでしょう。
セルフケアはワキ脱毛などのスポット的な処理をしたい方、脱毛コストを抑えたい方などに適しています。
ただし肌への負担はサロンより大きくなりやすいので、施術後のケアは念入りに行っていきましょう。
肌トラブルの多くは保湿不足によって引き起こされるので、脱毛後は保湿をして肌をゆっくりと休ませてください。
軽いヤケドのような状態になっているので、保湿液で保湿して早めに眠って肌を落ち着かせてください。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン