あざを隠す

あざがある時はレーザー脱毛ができないって本当ですか

最近は、ムダ毛を自己処理する女性が徐々に減っています。医療施設へ行って、施術する人がそれだけ増えています。特に、医療機関で行われているレーザー脱毛は、永久脱毛と呼ばれていますので、施術してしまえば、もうムダ毛のことで悩まなくて済むでしょう。だから、ムダ毛を特に気にしている女性を中心に人気が高いです。
しかも、敏感肌でも医療施設で施術してもらえますし、照射レベルをコントロールすれば全身脱毛できます。ただ、問題が一つあります。とても便利な光であるレーザーは、メラニン色素に反応します。この特徴を生かして肌に照射をしていくと、肌には特に何も反応しませんが、ムダ毛には反応します。毛母細胞に反応して熱を発生して脱毛しています。だから、日焼けしてしまい、肌が黒くなっている人は危険です。ほくろがある部位も危険が伴います。あざも気を付けなくてはなりません。
このように、万能な脱毛方法に見えますが、欠点もあります。多くの女性、最近では男性も施術している方法です。ただし、以上のことに気を付けないと大変なことになります。もちろん、医療施設で日に焼けていないか、ほくろやあざがないかをチェックしますので、大事になることはまずありません。心配にはなるかもしれませんが、安全に気を配って施術してもらえますから、医療施設に行ってみてください。今では、美容クリニックの数が増え、施術できる場所が各段に増えています。

あざがある部分も施術できるのか

医療脱毛したいと思っているけれど、あざがあるために施術が難しいのではないかと不安に思っていませんか。実は、あざがあると基本的には脱毛できない施設がほとんどです。メラニン色素が多い場所は、基本的には脱毛できないのでほくろも同様です。
レーザーを照射してしまうと、やけどしてしまう可能性があるために、ニードル脱毛など他の方法で脱毛したほうが良いでしょう。こちらも永久脱毛できます。
ただし、絶対に脱毛できないとは言い切れません。どの程度の色なのかによって決まります。レーザーは、メラニン色素に反応する光ですから、あまり色が濃くない場合は、受けられることもあります。だから、濃い色の場合は断られてしまうかもしれませんが、薄い色の場合は施術可能かもしれません。
医師が直接あざを見て判断します。実は、意外とよほど濃い色でなければ大丈夫だと判断されることがあります。ただ、かなり濃い色の場合は、色が薄くなってきてからレーザー脱毛を考えたほうが良さそうです。
ムダ毛は全身に生えますから、どうしてもこのような事態が起こることがあります。これは、家庭用脱毛器を使うときも同じことが言えます。特殊な光を照射して、脱毛する場合はすべてに当てはまることです。無理してやけどするよりも脱毛できな状態ですから、自己判断で使わないほうが良いです。美容クリニックなどの医療施設なら医師が判断するので、安心して診断してもらえます。

あざの部分も脱毛してもらいたい

あざの部分だけムダ毛があるのは嫌でしょう。何とか脱毛してもらえないだろうかと思ってしまいます。レーザーは濃い色になると脱毛できないので、他の方法でもいいからムダ毛を処理してもらいましょう。
レーザー脱毛の際は、白い保護シールを貼られます。そこだけはレーザーの光が当たらないようにするので、やけどをする恐れがありません。安全に脱毛してもらえますが、保護シールの下はムダ毛がしっかりと残っています。
ニードル脱毛なら問題ないので、やってみてください。かなり手間がかかる方法で、ムダ毛を1本1本丁寧に抜いていきます。だから、その分料金も高くはなります。
針を毛穴に刺して、ムダ毛の毛乳頭を破壊します。この時、電気を流しますが、この方法ならば、安全にあざがある部分も脱毛できます。レーザーでは脱毛できない場所でも施術できるので、抜き残しだけではなく、ほくろなどにも施術できます。
全く施術できないから、ムダ毛を部分的に残さなくてはならないというわけではありません。ニードル脱毛を選択しませんか。あまりにも広範囲だと料金が不安になるかもしれません。医療施設によっても料金に違いがありますので、比較してから決めたほうが良いでしょう。より確実にムダ毛を丁寧に抜いてもらえる方法です。医療行為ですから、美容クリニックであれば実施されているでしょう。麻酔薬もあるので、痛みがあるのはちょっとと思う人も施術できます。

あざの部分の脱毛は気を付けて

絶対に脱毛できないことはないですから、まずは、美容クリニックへ行ってみてください。本当は、あざがないほうが良いのですが、あるからと言って、美容クリニックで施術することをあきらめる必要はありません。これが最初の注意点です。もしかしたら、薄い色であればレーザーで施術してもらえるかもしれないので、まずは医師に診てもらってください。医師が最終判断をします。医師が直接見たときに、これくらいの色なら大丈夫だろうと思えば他の部分と同じように施術してもらえます。
もちろん、あまりにも濃い色の場合は医師が厳しいことを告げるでしょう。この時に、無理してレーザーにしてもらわないことです。医師の言葉を受け入れて、ニードルなど別の方法で脱毛すればいいだけです。
もしくは、事前に治療しておくという方法もあります。そうすれば、心配することは何もありません。跡になってしまい、取れないと言う場合もあるので、治療して取り除くことも考えてみてください。
人一倍、脱毛に気を使う必要はありますが、脱毛はできます。どうするべきかをじっくりと考えてみませんか。ニードルなどでも構いませんし、治療しても構いません。最善の方法は、一体どれなのかです。自分が後悔しない方法を選びましょう。選択肢が大きく二つに分かれています。どちらの方法であっても、ムダ毛は綺麗に施術することができるので、今の自分の気持ちを第一に考えてみてください。

医師に相談してみましょう

自己判断は、難しいこともありますから、医師とよく相談してみましょう。まずは、カウンセリングで正直にあざのことを伝えてみてください。そこで、丁寧な回答があり、じっくりと相談してどうするのかを決めていきましょう。
もしも、あまり良い雰囲気ではなく、不安が残るような対応を医師にされることがあれば、他の美容クリニックへ行って、カウンセリングを受けてみてください。医師の態度もそうですし、スタッフの態度が良いところで施術したほうが安心できます。信頼できる人ばかりで施術できる美容クリニックなら対応も万全なはずです。
見た目にかかわることですから、医師やスタッフの対応も含めて本当にここで良いのかを考えてください。それから、ニードル脱毛を選ぶのか、そのままにしておくのか、あざの治療をするのかなどを医師と相談して、最終的には自分で決断してください。
どこにあるのかによっても決断が変わるかもしれません。医師は、同じような患者をたくさん診ているので、的確な診断をするでしょうし、アドバイスもしてもらえます。
人一倍、レーザー脱毛を気を付けなくてならないとはいえ、まったく施術できないわけではありません。たいていの人は薄い色なのでそのままレーザー脱毛しています。絶対にできないというよりは、多くの人がレーザーで脱毛していますから、あまり濃い色でないのならば、気にしすぎる必要はありません。美容クリニックへ行ってみましょう。

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

すべての利用前ガイドを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン